ワイクラ

バリュー投資が学べる本5選!株で勝ちたいなら

株価とは違う「企業価値」を見付け出し、適正価値と株価の離れ具合を見て利益を得ようとするバリュー投資。株は、空売りを除けば「安く買って、高く売る」というシンプルなことをやるのが利益を出すポイント。

問題になるのは、何をもって「安い」と判断するのかというところ。バリュー投資は、株価以外にも、企業を見る。決算書を見る、ビジネスを見る、経営者を見る、競合力を見る。

株価とは違う「企業価値」。例えば、企業価値が一株あたり千円で、今の株価が600円だとすると、十分に買う価値があると判断できるってこと。

そんなバリュー投資のやり方を学ぶのにおすすめの本を紹介。

バリュー投資のやり方を学ぶのにおすすめ!

賢明なる投資家

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

バリュー投資家なら誰もが読んでいるであろう、バリュー投資のバイブル。「ファンダメンタルズの父」とも言われるベンジャミン・グレアムの本です。何でも、彼が最初にファンダメンタルズ分析を重視した人なんだとか。

株価を追い掛ける投機と、バリュー投資は何が違うのか。企業のどこを見ればいいのか。この考え方をまずは身に付けたい。

株で富を築くバフェットの法則

株で富を築くバフェットの法則[最新版]---不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

世界最高の投資家として名高いウォーレン・バフェットの投資手法について書かれた本。彼も、バリュー投資家の一人。世界最高の投資家として高いリターンを出し続ける為に、バフェットはどんな戦略を取ってきたのか、どんな株を買ってきたのか。読みやすいし、かなり勉強になる。

フィッシャーの超成長株投資

フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために

バフェットに多大な影響を与えたと言われるフィリップ・フィッシャーの本。バフェットの師匠は「賢明なる投資家」のグレアムと言われていますが、グレアムは「成長」を意識しなかった。企業の成長を意識していたフィッシャーがいなければ、今のバフェットもいなかったとも言われています。

株式投資の未来

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

ファンダメンタルズ重視の、バリュー投資家向けの名著。株式投資の未来は、「実際にどんな株が投資家に利益をもたらしてきたのか」というのをさかのぼって研究している本。これを読めば、「企業のここを見ればいいんだ!」というの知ることができる。

ピーター・リンチの株式投資の法則

ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学

「マゼランファンド」の伝説的ファンドマネージャーであるピーター・リンチの株式投資を学べる本。リンチも、バリュー投資家として知られています。でも、その手法はバフェットとは異なる部分も多いので、バリュー投資を多角的に見る為にも読んでおきたい。

バリュー投資をするには決算書を読めることが必須

バリュー投資って、企業を見ます。企業は数字が全てじゃないんですけど、決算書の数字読めないと始まりません。それに、バリュー投資の本の中には、財務系の用語がわからないと意味不明になりそうなものも多いです。

株で儲けを出すには、努力も必要ってことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 株式

  関連記事

株の買い時!利益を得る為のタイミングを語る

株式投資が大好き。20歳の頃から始めた。リーマンショックの後なんかは、それなりの利益を叩き出した。今でも、いい感じにお金を増やしてくれている気がする。悪い時もあ …

株をやるメリットとデメリットは意外と単純なのかも

株には、メリットもあればデメリットもある。メリットを強調すれば「やりたい!」って人が増える一方、デメリットを強調すれば「株ってやっぱりやらないほうがいい」って人 …

株を買うことの意味とは?株式投資と企業買収の話

そもそも株式とは何か。 株式とは、簡単に説明すれば「会社のオーナー権」です。つまり、株式を買うということは、会社(の一部)を買うということ。 普通、僕たちが買え …