ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

長期投資に向いている銘柄はどんな株?を解説

更新日:

長期投資に向いている銘柄とは

ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャー。こういった「賢明な投資家」と呼ばれる偉大な投資家は、基本的に長期投資。卓越した銘柄選びのセンスで、偉大な投資家になった人たち。

だから、こういう人たちの銘柄選びの基準を学んでしまえば、「長期投資に向いている銘柄はどんなのか」というのはわかってくるわけです。

まずは、割安であること

長期投資にしろ短期投資にしろ、「安く買う」というのはやるべき。安く買って、高く売る。そうやってこそ利益が出るというもの。これは、「バリュー投資」と呼ばれる手法ですよね。

「高く買って、安く売る」じゃ資産が減る一方。だから、できるだけ安く買う。安く買うには、銘柄選びのコツなんかもあるけど、「どんな市場のときに買うか」というタイミングも大事だったり。

割安株の見つけ方!株式投資で勝つための銘柄選び

配当をしっかり受け取れること

これは、「株式投資の未来」という本に書いてあったこと。配当は、投資の利回りを押し上げる。株価が下がっても、配当利回りが全体の利回りをある程度はカバーしてくれるし、株価が上がったときには、ついでに配当ももらえるので、利回りが改善する、という感じ。

配当を無視しろ!みたいなことを書いてある本もあるけど、統計データ上は、大事みたいですよ、配当。

株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

成長株であること

バフェットさんの今の成功は、グレアム流に「成長」の概念を取り入れたからだとも言われています。グレアムさんは、「安全分析」という手法だったので、価値が株価よりも高ければ何でもいいって感じだった。

成長の概念を無視し、グレアム流を貫き通していたら、今のバフェットさんの成功はなかっただろうってわけです。どうせ投資するなら、横ばいの会社よりも、成長企業のほうが投資価値ありそうですもんね。

でも、期待されていてはいけない

ただ、異常に期待されているのはダメ。「株式投資の未来」という本によれば、期待値は株価に反映され、結局「割高株」になっているので、買ってもたいした利益をもたらしてくれないんだとか。

成長株であるのもいいけれど、できれば「目立っていない成長株」というのも大事なんだと思います。この辺は、ピーター・リンチに近い考え方。

成長株の概念をもたらした投資家

バフェットさんの第二の師匠と言われているのが、フィリップ・フィッシャーという投資家。バフェットに成長株の概念をもたらしたとされています。この人の本も、なかなか面白い。

永遠に持っていたくなるような株であること

バフェットさん曰く、「理想的な投資期間は、永遠」ということ。人気とかに惑わされないで、「この株ならずっと持っていたい」と思えるような株を見つけることでしょうね。

配当利回りが高かったり、競合よりも強かったり、成長がこれからも続きそうだったり、ずっとキャッシュフローを生み出してそうだったり、選ぶ基準はいろいろ考えられます。

魚の釣り方を学ぼう

雑誌やネットの「おすすめ銘柄」とか見てないで、魚の釣り方を学びましょう。そっちのほうが投資が面白くなると思います。あ、本当の魚の釣り方じゃなくて、「長期投資に最適な銘柄の見つけ方」ってところ。

株式投資も、長期的な視点を持った資産運用の手段としては、なかなかの利回りをもたらしてくれることもある代物。他人に振り回されるようじゃ、変化の激しい投資の世界じゃ生き残れないかもしれませんよ。

長期投資に最適な銘柄とか考えるのが嫌なら

自分で銘柄選びをするのは、やっぱり無理!そういう人は、バフェットさんのアドバイス通り「インデックスファンド」を買うといいんでしょうね。なんでも、インデックスファンドを買って長期保有すれば、同じ時期に投資を始めたほとんどの人を出し抜けるんだとか。

「敗者のゲーム」でもインデックスファンドを勧めているし、「株式投資の未来」でもそう。「平均に負けないこと」が大事。そして、「高いときに買わないこと」も大事になるそうです。高いときに買わないっていうのは、割安株投資の概念に似ている部分。

■この記事が気に入ったらシェアして下さい!■

-株式投資

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.