ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

年上女性の落とし方!落とす為のアプローチ、告白の方法など

更新日:


年上女性を好きになってしまったら

年上の女性を好きになってしまう男性は意外と多いもの。年上女性って、憧れるんだもの。なんだか不思議な魅力があるんだもの。

是非とも射止めて、付き合ってみたくなるような魔力があるんだもの。この記事は、「年上キラー」と呼ばれた管理人から、年上女性を好きになってしまった男子達に捧ぐ。

年上女性の落とし方~アプローチ~

まずは複数人で会うことから

年上だからって身構えない。まずはこれが大切。だから、アプローチも基本的に普通の恋愛と一緒。いきなりデートをするのは敬遠されがち。

最初は、みんなで飲み会とか、みんなでカラオケとかでもいい。同じ職場なら、休憩時間とかでもいい。まずは、普通にコミュニケーションを取ること。これができなきゃ、次に進まない。

デートのキッカケを見付ける

デートしないで告白するのはナンセンス。デートできるくらいまで仲良くならないと、告白してオッケーを貰うことなんて滅多にできない。

年上女性をデートに誘うコツは、「キッカケ」を見付けること。みんなで飲み会しているとき、遊んでいるとき、または、どこかでたまたま会っているとき。とにかく喋る。ちゃんと喋っていれば、「~するのが好き」とか「~の映画観たい」とか「~してみたい」って話題が出てくるはず。

デートのチャンスを逃さない

そういうのが来たら、チャンス。「じゃあ、一緒に行きましょうよ!」って軽く誘えばいい。身構えないで。僕は、主にこういうやり方で年上女性をデートに誘ってきた。

共通の趣味がなくても、「ダーツやってみたくないですか?」みたいに、無理矢理作ればいい。キッカケは、見付かることもあるし、作ることもできるわけ。ただ、あんまり焦ってデートに誘っても断られる可能性もあるので、タイミングは大事。できるだけ自然にデートに誘えるシチュエーションを待つ。

「じゃあ、みんなで」と軽くかわされても、みんなで行ったときに仲良くなればいい。デートのキッカケは、いつも「自然なコミュニケーション」から。

メール、LINEは多用しない

メールとかLINEは気軽にコミュニケーション取れて楽だけど、デートの約束をゲットした後の詳細の連絡とか、デート後の「楽しかったですよLINE」くらいにしか使わない感じでいい。あんまり多用すると面倒がられるかもしれないし、会ったときの「プレミア感」が薄くなる可能性もある。

デートをする前に、LINEとかでコミュニケーション取りたいなら、「今日の飲み会楽しかったですね」とかテキトーに送って、話が広がるなら広げればいい。個人的には、デートの約束は会ってるときにしたいかな。

年上女性の落とし方~コツ~

最低限の身だしなみチェック

できることはやっておいたほうがいい。男としての最低限の身だしなみはもちろんのこと、ダイエットなんかもやっておくと自信になる。自信があるかどうかは、恋愛において、かなり大切。

ファッションセンスに自信がない場合は、「マネキン買い」ができる通販サイトのメンズファッションプラスなんかを使うといいかも。

メンズファッションプラス

ファッションセンスについては、こっちの記事もどうぞ。

※関連記事
ファッションセンスを磨く方法!自信がない男から脱出

頼りがいを感じさせる

これは、アプローチでも、デート中でも同じ。「年下だけど、頼れるじゃない」みたいな印象を与えるのって、「ギャップ」を生むので効果的。悩みを聞いてあげるみたいなオーソドックスなものから、デート中に「車来てますよ」って言って腕を引っ張るようなシンプルなものまで、何でもいい。

年下だろうが、年上だろうが、同じ人間。「この人、意外と頼りになる」っていうのは、距離が縮まる一つのキッカケになる。

年下ならではの可愛さを感じさせる

女性は、年下男性に対して「可愛いじゃん」って思うことがよくあるよう。個人差はあるけど。だから、「いつも頼りがいを見せなくちゃ!」って身構えすぎないで、普通に接することも大切。

普通にしてれば、年下は可愛く見えるそうな。無理に可愛く見せなくても、普通にしてれば年下男性は可愛く見えるらしい。なので、「普通でいること」と「たまに頼りになること」のバランスが大事。

デート代をどうするのか

年上女性って、奢ってくれる人も結構いる。でも、「年上だから、奢ってもらって当然」みたいに思うのはよくない。金銭感覚とか価値観は人それぞれ。「年上だから、年下だから」っていう固定概念はどうでもよくて、「この人はどうしたいのか、されたいのか」っていうのが大切。

場合によっては、年下の自分が奢ることも充分に有り得る。

デートは途切れ途切れじゃなく

一回デートしたら、そのデート中に「次回予告」を何とかこぎつけること。ダーツみたいな「ハマる遊び」だったら、「来週もやりません?」って言えばいいし、とにかく、デート中に「次のデート」にこぎつけることが大切。

普通に何回かデートしたら、LINEで誘ってもオッケーしてくれる可能性は高い。自然にデートに行ける関係を作ること。これ、本当に大切。

デートはバリエーション豊かに

毎回「飲みに行きませんか」とか「食事行きませんか?」っていうのは辛い。ナンセンス。何より、会話が続かなかったときが厳しい。どちらかというと、「遊びメイン」にしたほうが、デートは上手くいきやすいような。経験上。

また、食事に行くにしても、いつも同じお店じゃなく、いろいろ二人で開拓していったほうが、「冒険」みたいな感覚を共有できるので、いいかも。「ぐるなび」なんかもフル活用してみるのもあり。

自信を持つことが大事

「どうせ、オレなんて・・・。」と思って奥手になってしまう男性は多い。でも、自信を持つ。自信なんて勘違いなんだし。

やってみれば何とかなることも結構あるのが世の中。見た目に自信がないのなら、服装に気を遣うとか、メンズエステで自分磨きとか、努力する方法はある。

とにかく会う!

恋愛の一番のコツはこれだけだと思ってる。「とにかく会う」ってこと。デートに普通に行けるようになったら、一時間でも、30分しかなくても、「じゃあ、ご飯行きませんか?」って感じで会う。がっつり会えるに越したことはないけど、少しの時間でも「会いたい!」ってアプローチをさりげなくする。

心の距離を縮めるには、実際に会ってコミュニケーションを取るしかない。会いたかったら、会う努力をすればいい。

告白のタイミングって?

告白のタイミングは、感じるもの。「いけそうだ!」って感じたら、いい感じのシチュエーションでも作って、思い切って告白してみること。普通にデートに行ける関係なら、オッケーの可能性も高いというもの。

告白の仕方は、おまかせ。普通に、「好きです!付き合って下さい!」でいいと思う。僕はそれしか使ったことない。告白のセリフなんかよりも、その前の仮定のほうが重要なのは明らか。まあ、思い出に残るような告白をするのも、今後の為にいいかもしれないけど。

年上だからって身構えないことが大切

長く付き合っていると、「年上だから、年下だから」っていうのがなくなってくる。マジで。その人は、その人。年齢なんてステータスでしかない。

最初は気になるもの。最初だけ。「年下男性である」っていうのは、不利なんじゃなくて、ときには武器になる。年上だからって、身構えない。そして、恋愛は若干の頭脳戦。デートのキッカケを見付けるのも、作るのも、告白してオッケー貰うのも、「ここでこうすればいける!」っていう戦術的感覚が必要なときもある。

好きになったら仕方ない。恐れずに向かっていって、幸せを掴めばいい。ダメだったら、次に行けばいい。いつも上手くいくとは限らないんだから。

意外と勉強になる本

実際に読んだけど、普通に勉強になった。面白い。女性が書いているから、「女性ってこういう考え方なんだな~」というのがよくわかる。3回のデートでベッドインを目指さなくても、読んでおくといい。本当に。



年上女性シリーズ

逆年の差カップルの悩みを解決!女性が年上でも大丈夫
実証済み!年上の彼女の作り方を書き綴る
年上女性との出会いを探す方法!効率的に出会うには
年上女性の5つの魅力!なぜだか惹かれる不思議

-恋愛と結婚

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.