ワイクラ

統計学の勉強!この本が面白いからおすすめ

スポンサーリンク

投資から統計学に興味を持ち、興味があるってだけで勉強してたら、最近目指している「証券アナリスト」の勉強でも何気に役に立っている。

どうも、ケントマンです。

ここで紹介する本は、「統計学の勉強ができる本」ですが、本格的な資格の勉強になるような本じゃないかもしれません。どちらかというと、僕みたいに「統計学に興味がある!」という方向け。

おすすめの統計学の本をまとめてみる

初心者向けのテキスト系の本

完全独習 統計学入門完全独習 統計学入門

僕が買った本の中で、唯一「統計学のテキスト」っぽい本。というか、完全なる教科書です。学校の教科書みたいなものです。

よっぽど興味を持ってないと、途中で挫折するであろう、なかなかしっかり勉強できる本。統計学って、突っ込むとなかなか難しい。

統計学の概念が学べる読み物系の本

競争優位で勝つ統計学 —わずかな差を大きな勝利に変える方法競争優位で勝つ統計学 ---わずかな差を大きな勝利に変える方法

ブログを通じて知り合った人に教えてもらった本。統計学の概念というか、「どうやったら統計学を実用的に使えるか?」が分かる本。

現実の世界では、統計学が役に立たない分野もある。そういう大切なことも教えてくれる。「統計学は最強の学問」じゃないのかもしれません。

統計学は面白い!と教えてくれる本「競争優位で勝つ統計学」

ヤバい統計学ヤバい統計学

今の社会で、統計学がどのように活用されているのか。そういう事例をひたすら紹介している本。外国(多分アメリカ)の本なので、日本には当てはまらない例もあったかも。

ディズニーランドの行列の長さとか、医療にどういうふうに活用されているとか、そういう話は面白いです。

使える!確率的思考 (ちくま新書)使える!確率的思考 (ちくま新書)

数字の話、統計学の話、確率の話を学べる。なぜか、投資の話がかなり多く出てくるので、投資の指南書としても役に立つであろう一冊。実際、確率的に投資を考えているこの本は、個人投資家の僕にとってかなり勉強になってます。

運は数学にまかせなさい――確率・統計に学ぶ処世術 ((ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ))運は数学にまかせなさい――確率・統計に学ぶ処世術 ((ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ))

統計とか確率についてかなりいろいろ書いてあります。なかなか面白い読み物。ただし、内容はあまり覚えていない・・・。ギャンブルのネタはよく覚えてますけど。

統計学は面白いものです

統計学は、面白い。これを現実に活かせれば、もっと面白いかも。統計学は、概念を知るだけでも、物の見方を変える効果があるので、勉強好きなら学んでみるといいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 仕事

  関連記事

仕事をする理由なんてこれだけで十分なんじゃないか

何の為に仕事をしているのだろうか・・・。ふとしたときにそんな思いに浸ってしまうのは、恐らく誰でもあること。本当は別の生き方をしたいのに、できない。 やりたくもな …

正社員は安定しているのか?僕にはそうは思えない

日本人には「正社員こそ安定している!正社員じゃなきゃダメだ!」という不思議な偏向志向がありますけど、あれってどうなんですかね? 中には、「個人事業よりも正社員! …

ブラック企業対策!労働法の正しい使い方を学ぶ

最近流行のブラック企業。ルールを無視し、時には暴利を貪り、ルールに乗っ取って企業運営をしている真っ当な企業よりも優位に立ってしまうブラック企業。 正に、社会悪。 …