ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

スマホの通信速度制限がうざい!回避する方法と解除方法

更新日:

スマホの通信速度制限がうざいときの基本的な回避方法

「スマホの通信速度制限がうざい!」を回避する為には、とにかくデータ通信を使わないようにすること。通信速度制限がかかる容量は決まっているわけですから、そこまで使わないようにすること。

その基本的な回避方法としては、「スマホ自体をそんなに使わないようにする」。やはりこれ。

YouTubeなどの動画が一番重いので、そこまで観ないようにする。データ通信を多く使うゲームを控える。アプリのアップデートを控える。無駄にネットを見ないようにする。

「スマホの通信速度制限がうざい!」はWi-Fiで回避する

スマホの機能、スマホで使えるサービスをフルに楽しむには、Wi-Fiは必須。Wi-Fiがないと、通信速度制限がうざすぎてYouTubeなんてじっくり観れないし、Huluのような動画配信サービスなんてちゃんと使うことができない。

iPhoneの場合、OSアップデートはWi-Fiがないと不便。

スマホをWi-Fiに繋いでいるときは、スマホ自体のデータ通信は使わないので、「データ量の上限」を気にしないで通信を使うことが可能。スマホは、完全に自立した存在ではないようだ。残念ながら。

Wi-Fi環境を整備してうざい通信制限にさよならを

Wi-Fiは、簡単に言うと無線LAN。自宅でも普通にWi-Fi環境を整備することはできる。

有線ネット回線は使っているけど、Wi-Fiを飛ばせるタイプのルーターを借りていない場合は、無線ルーターを買えばWi-Fiを飛ばせる。使い方は簡だすし、値段もそんなに高くないので、これが手っ取り早い。

もしくは、契約を変更して、Wi-Fi内蔵のモデムを貸してくれるプランに変更するという手も。どちらかというとそっちの方が簡単かも。

自宅でネット回線を契約していない場合は、ネット契約しないと、うざい通信制限を回避するのは難しい。有線のネット回線でもいいし、モバイルWi-Fiルーターでもいい。固定回線を選ぶときは、とりあえずスマホと同じ会社が提供している回線を選んだほうが、セット割が使えるので安くなる傾向が強い。

ただし、光回線なんかは工事が面倒だったりする。最近、工事なしで通信制限なしの回線が使える「ソフトバンクAir」なる物も出ている。なんと、コンセントに挿すだけでWi-Fi使い放題だそうな。これは便利だ。

モバイルWi-Fiルーターを使えば外でも「通信制限うざい対策」ができる

小型の機械でWi-Fi環境を整えることが可能。それが「モバイルWi-Fiルーター」というもの。月額料金は4000円いかないくらいが主流。

モバイルWi-Fiルーターのいいところは、外でもスマホをWi-Fiに繋げるところ。通信制限がほぼ無制限なモバイルWi-Fiとして有名な「WiMAX2+」を使えば、外でも「うざいスマホの通信速度制限」の対策をすることが可能に。

ちなみに、WiMAXはKDDI系列のサービスなので、auスマホとのセット割である「auスマートバリュー」が適用される。

固定回線とは違い、モバイルWi-Fiルーターは引越しするときも便利。フレッツ光のような固定回線のような工事は不要なので。

Wi-Fiスポットを使ってうざいスマホの通信速度制限対策をする方法も

いろんなお店や商業施設なんかに設置されているWi-Fiスポットを利用するというのもあり。無料で使えるし、通信制限がかかった状態のスマホの通信速度が、そこにいるときだけ復活する。

ただし、Wi-Fiスポットがない場所に行く習慣がないと意味がないので、「使えたらラッキー」くらいの回避方法。

うざいスマホの通信速度制限を解除する方法

こればっかりは、「データ購入」か「来月まで待つ」しかない。残念ながら。あとは、できるだけWi-Fiに頼るとかしかできないのが現状。

各キャリアごとに用意されている「データ購入(容量購入)」なるもの。これは、月々の上限(7GB)にプラスして、「500MBが500円」などで購入できるサービス。

あとは、あなたが、「一か月3GB」のような契約をしているなら、プランを変更すればデータの上限を増やすこともできる。ただ、その分月額料金が高くなるのが普通なので、悩ましいところだが。

スマホのうざい通信速度制限を回避するにはお金が掛かる

自宅にネット環境が整備されていれば話は別だが、そうじゃない場合は、お金を掛けてWi-Fiを完備しないとスマホを快適に使うことは難しいというわけだ。スマホの機能をフルに使おうと思ったら、お金が掛かる。スマホの本体自体高いものだし、厄介な代物である。

スマホの通信速度制限ごときでお金を掛けるのは気が引けるかもしれないが、スマホは格安SIMか格安スマホに乗り換えてスマホ代を節約し、浮いたお金でネット回線を契約するというような方法も考えられなくもない。現在のキャリアでのスマホ本体の分割代金が残っていたりすると、すぐに踏み切れない手法だが。MNPを使えば電話番号は引き継げるので、やれるならやるのも悪くないはず。

通信費を節約したい人向けにスマホ代やネット代を安くする方法を紹介

スマホのお悩みシリーズ

スマホの画面割れを防止する方法まとめ
スマホは電話がしづらい!イヤホンマイクがおすすめ

■この記事が気に入ったらシェアして下さい!■

-スマホ

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.