ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

各ソーシャルレンディングの利回りや特徴を比較できるようにまとめる

更新日:

そもそもソーシャルレンディングとは何か

インターネットの普及で登場した新しい投資(融資)の形と言えるのがソーシャルレンディングなるもの。

これは、インターネットを利用して、お金を借りたい人(企業)お金を貸したい人(企業)を結び付けようというサービス。

基本、代表して投資家からお金を集めたり、融資先にお金を貸したりする会社が存在し、そこに口座開設してお金の貸し借りの仲介をしてもらうことになる。

「ソーシャルレンディング」なんてカッコいい名前が付いているけど、やることとしては投資信託(ファンド)と大差がなかったり。

「出資」じゃなくて「融資(お金を貸す)」という部分が大きく違うんだけれども。

ソーシャルレンディングのメリットとは?

融資案件の内容を見る限り、国債や社債を買うよりも利回りは圧倒的に高い。年の利回りが5%を超える案件も少なくないから。

銀行預金とは比べ物にならないほどの利回りをゲットできる可能性もある。

投資信託などとは違い、あくまでも融資なので、市場の価格変動を受けないというのもメリットかも。案件にもよるけど、少額でも参加可能だったりも。

ソーシャルレンディングの会社について

大手のSBI系列の会社の参入してたり、いろいろ。

仲介会社は、投資家に支払うよりも少し高い金利で融資先にお金を貸して、手数料とか取って儲けている。

もし、年利5%の案件に参加したとしても、融資先に貸しているお金はそれ以上の金利で融資されている。その差額が手数料になる、的な。

ソーシャルレンディングのデメリット、リスク

どこにお金を貸しているのかわからない

これ、貸金業法の都合で仕方ないそうなんだけど、これは大きな不安要素。何やら、具体的な融資先がわかってしまうと、許可取ってない一般ピーポーが参加していることが問題になるらしい。

案件の募集内容の詳細にも「こんな感じの会社に融資します」って書いてあるだけで、具体名はわからないようになっている。

貸し倒れリスクがある

「貸したお金が返ってこない!」というあれ。そうなれば、大きな損失。融資先がわからない以上、この不安は付きまとう気がしてならない。

ただ、不動産を担保(返済が滞ったら没収するやつ)に設定してある案件も多いので、その辺はある程度安心なのかな?

それでも、やっぱ不安だ。株式投資家からすると。

どう考えても、無担保は辞めたほうがいい気がする。ソーシャルレンディングに融資を申し込むような企業がどんなもんかもわからないし。

基本的に途中解約ができない

株式や投資信託は「あ、お金が必要だから売ろ!」という選択がある程度好きなタイミングでできるんだけど、ソーシャルレンディングはそれができないのが基本。

お金を貸しているわけだから。契約を無視していきなり「金返せや!」なんてできないじゃん。

やるなら、余裕資金で。流動性を確保したいのなら、期間の短い案件を選ぶべきかと。

予定利回りを下回る可能性

ソーシャルレンディングは、融資なので、融資先に途中で一括返済されてしまうと、金利収入が少なくなり、予定利回りを下回る可能性があります。

人気のファンドはすぐに売り切れる

ファンドごとに予算というものがあるので、利用者の多い会社でソーシャルレンディングをやると、人気のファンドがなかなか買えないということになることも。

お金を貸したい!を叶えてくれる?

「誰かにお金を貸して、金利収入が手に入ったらどんなにいいだろう!」と考えた事ありません?

ソーシャルレンディングは、それを叶えてくれる手段かもしれない。ただ、完全に人任せだから、そこが何ともなぁ。法律の壁があるから仕方ないか。

ソーシャルレンディングのやり方

ソーシャルレンディングをやっている会社に口座開設して口座に入金する

株買ったり、FXしたりするときと同じような流れ。ちなみに、案件を選んでから指定口座に入金するケースもある。

融資(投資)する案件を選ぶ

案件を選んで、金額を決めて、融資(投資)する。申込する。それだけ。

融資が終わるまで待つ

この間に分配金が貰える案件もあったり。前の記事でも書いたけど、ソーシャルレンディングの仕組み上、基本的に途中解約ができないので注意。

また、融資が終わる前に貸し倒れがあったりと、いろいろなドラマが起こる可能性も十分にある。いわゆる貸し倒れリスク

無事に終われば、金利分が上乗せされて返ってくるはず。

分散してもいいし、何でもいい

他の案件に資金を分散させることもできるし、別にソーシャルレンディング以外に手を出してもいい。

「自己責任で、余裕資金でやる」ってことだけ肝に銘じておけば、好きにやればいいんじゃないかなっていうのがソーシャルレンディング。

そんなソーシャルレンディングの口座開設ができる会社を比較できるようにまとめてみることに。しかしながら、各社それほどの違いがないので、「どこでもいいんじゃないか」と思ってしまっても仕方ないかも。

全体的に共通しているのは、口座手数料や取引手数料が無料なことと、何かしらの担保を設定しているというところ。

ソーシャルレンディング会社の比較

SBIソーシャルレンディング

公表している利回り

年率2%~7%の利回り。SBIは大手だが、ソーシャルレンディング会社の中では利回りはそんなに高くない模様。

どんな案件があるのか

事業者への融資案件がメイン。

担保について

定番の不動産担保や、SBI系列ならではの株式担保なんていう案件もある。

その他の特徴

不定期だが、半年以内の短期で満期になる案件もたまにある。貸し倒れは今のところゼロ(2016年12月12日現在)。登録でSBIポイントが貰えるキャンペーンも実施中。

SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク

公表している利回り

目標利回りは年率5%~7.5%。そこそこ。

どんな案件があるのか

中小企業や不動産事業者、海外ローン債権や再生可能エネルギー事業。

担保について

案件により、不動産を担保にしたり、融資先の代表者を連帯保証人にしたり。

その他の特徴

貸し倒れは今のところゼロ。一万円の少額から始められる。原則、分配金を毎月出すようにしている。

クラウドバンク

ラッキーバンク(Lucky Bank)

公表している利回り

年率6%~10%

どんな案件があるのか

不動産事業への融資がメイン。

担保について

全案件に不動産担保を設定。

その他の特徴

貸し倒れ実績がよくわからない。一万円の少額から始められる。

ラッキーバンク

OwnersBook(オーナーズブック)

公表している利回り

年率4.8%~14.5%

どんな案件があるのか

不動産事業への融資がメイン。

担保について

全案件に不動産担保を設定。

その他の特徴

貸し倒れは今のところゼロ。一万円の少額から始められる。SNSでOwnersBook(オーナーズブック)を利用している個人投資家と交流することが可能。

OwnersBook

-証券会社

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.