ワイクラ

SEO対策のやり方、間違ってない?検索順位云々の前に

スポンサーリンク

「自社サイトのコンテンツをGoogleの検索結果上位に表示させたい」「ブログのアクセス数を伸ばしたい」

サイトやブログを運営しているなら、誰もが行き着くであろう領域。確かに、Google検索したときに、最初のほうに自分のサイトやブログのコンテンツが表示される。この恩恵は大きいです。

でも、「どんなコンテンツを、どのキーワードで上位表示させたらいいのかわからない!」という人も少なくないんじゃないでしょうか?SEO対策は、本でも読んで学べばいい。コンテンツ作り、キーワード選定は、あなたのセンスが問われるのだ!

あなたはこれらの質問にちゃんと答えられますか?

どうしてSEO対策をしたいんですか

SEO対策が功を奏し、無事に検索結果の上位にあなたのコンテンツが上位表示されるようになった。すると、どうなるか?もちろん、「サイトへの流入が増える」という恩恵がありますよね。

検索数の多い人気のキーワードなら、かなりのアクセスの伸びを経験することもできるってわけです。

ここで問題。「ところで、あなたはサイトやブログのアクセスを増加させて何がしたいんですか?」ってところ。要は、SEO対策をする目的ですよね。

あなたが攻略したいキーワードは何ですか

人気のキーワード、旬なキーワード、検索数の多いキーワード、人が集まるキーワード。SEO対策を考えるとき、どうしてもこういう「目立つキーワード」を探してしまいがちになってませんか?

「どうしてこのキーワードを選んだのか?」というのを、忘れているときがありませんか。

検索数が多いから。アクセス数が増えそうだから。そんな理由だけでSEOキーワードを選んでいるのなら、大切な時間、時には費用までも無駄にしているかもしれません。

あなたが読んでほしいコンテンツは何ですか

ただ単に「旬だから」という理由で書いているコンテンツと、ランディングページ、もしくはランディングページへの流入を促すために書いているコンテンツとでは、目的意識に大きな違いがあるのは一目瞭然ですよね。

もちろん、旬な情報を取り扱うニュースサイト、メディア系のブログだったら、それでも問題はないはず。

もしも、「ビジネスへの集客のため」とか「仕事の獲得のため」とかだったら、「とにかく人が集まればいい」という単純な理由でコンテンツを作るのは非効率的だと思いませんか?

あなたがコンテンツへのアクセスを増やしたい理由は何ですか

アクセス数が増えてくれば、サイトやブログの「広告媒体」としての価値が高まってきますよね。人が増えれば、広告を見る人が増える。そこに広告を掲載したい企業も増える。Googleアドセンス収入やアフィリエイト収入も得られるでしょうね。

ここでも、問題。何もしないで待っていれば広告掲載の依頼が来るか?いや、多分あんまり来ないでしょうね。広告主を募集したいなら、お問い合わせフォームや広告募集のページなどをしっかり作りこみ、そこへ誘導することも必要でしょう。

こんな感じで、「アクセスを増やしたら、どうしたいか?」「アクセスを増やす目的は何か?」を明確にしておいたほうが、目的も達成しやすいでしょうし、お金も稼ぎやすくなるはずです。

どんなコンテンツなら目的を達成できますか

化粧品を売りたいのに、経済のニュース記事を書いていて目的が達成できるでしょうか?どうせなら、お肌のお手入れ方法とか、正しいメイクの仕方の記事とか書いたほうが、「化粧品を売りたい」という目的は達成できそうですよね。

ぶっちゃけ、「あれも、これも」とSEO対策をして上位表示させるのはしんどいし、時間も掛かる。だったら、一つの「目的」を明確にして、その関連キーワード(「コンサルティングの依頼を受けたい」なら、「マーケティングのコツ」みたいな)をひたすら攻略するコンテンツを作ったほうが、「短い時間で成果を出す」に近づけると考えられるわけで。

ちなみに、「このコンテンツを読みに来た人はどんな人か?」と考えると、いろいろアイディアも浮かびます。

検索ユーザーの特徴を理解してますか

Google検索で上位表示したとしても、サイトにアクセスしてきた半数以上は「あ、いーや」とすぐに離脱してしまうのが現実ですよね。そこから「目的」に結び付けるのは、結構大変だったりします。

目的のページ(ランディングページとか)が上位表示されるのが理想ですが、なかなかそうもいかないことも多いでしょう。検索ユーザーは、直帰率は高いですが、「目的意識」が高い傾向にあるので、検索して訪れた最初のページから申し込みなどのアクションを起こす確率は高いです。

検索ユーザーはかなりシビアなのだ

しかし、検索ユーザーが2ページ以上読んでくれることは、そんなに多くないんです。専門性の高いサイトだと、平均PVが多くなる傾向にありますが。

目的のページ(お問い合わせページとか)までのクリック数が多くなるような構造になっていたり、目立たない場所に置いていたりすると、そこにたどり着いてくれるユーザーはかなり少ないと考えておいたほうがいいです。

ファンが増える仕組みを用意してますか

離脱しやすい検索ユーザーを、いかにサイトのファンにするか。これって結構難しい。新規ユーザーばっかりじゃなかなか成長しないのに。

Facebookページを作って、「Page Plugin」なんかでファンを獲得するみたいなシンプルな方法もいいですよね。ツイッターでも同じようなことができます。

もしくは、一つのジャンルのコンテンツをひたすら作りこんで、ファンが付きやすいサイトにする、みたいな。「お金のセミナー」に集客したいなら、お金とか貯金とか投資とかのコンテンツをひたすら作って、「ここならいい情報を得られるじゃん!」と感じてもらうとか。

ブラウザのブックマークから来るファンって、意外と多いんですよ!

今までのSEO対策は正しかったと言い切れますか

メンタリストのDaiGoさんは著書で、「したくなる文章を書きましょう」って言ってました。文章には、文章にしかない「人を動かす力」があるんです。

人を操る禁断の文章術人を操る禁断の文章術

「人が集まるから」という理由だけでSEO対策してませんでしたか?あなたは、サイトやブログに来てくれた人たちに何をしてほしいんですか?

購買?申し込み?シェア?ブックマーク?メルマガの購読?問い合わせ?

検索して訪れてくれた人に「何をしてほしいか?」を考えて、キーワードを選び、コンテンツを作る。そうすることによって、サイトの価値も上がるだろうし、アフィリエイトなんかも広告収入も得やすくなる!と思ったわけです。

結論:目的次第でやり方も費用も費やす時間も変わる

目的を明確にしてSEO対策をしたほうが効率いいんじゃね?と感じた弱小ブロガーの僕(ケントマン)です。弱小ブロガーでも、「アフィリエイトで稼ぐには?」とか「仕事の依頼を受けるには?」と考え、勉強していると、こういう結論に行き着くわけです。

そんな僕よりも才能も能力もあるはずのあなたなら、もっと効率的なSEO対策ができているはず!もしも、この記事が、ちょっとでもあなたのお役に立てればば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - ブログ

  関連記事

無料写真素材サイトは「足成」がおすすめ!人物写真素材もあるぞ

もはやブログを書くときに欠かせないものになっている「写真素材」。いつもお世話になっているので、僕が利用している「足成」という無料写真素材サイトを紹介。 無料写真 …

オリジナルコンテンツの作り方!文章を使ったSEO対策

最近のSEO対策事情では、被リンクなんかよりも、「価値のあるオリジナルコンテンツが大事!」とよく言われてます。 これ聞いたとき、「価値のあるオリジナルコンテンツ …

ブログをやるメリットをいくつか考えてみた

ブログを始めて4年くらい。やってて良かったなーと思うことも結構あったので、これからブログを始めようかと迷っている人向けに、「ブログをやるメリット」というのを書い …