ワイクラ

セゾン投信の特徴とメリット【投資信託】

スポンサーリンク

独立系の投資信託としてなかなかの人気を誇るのがセゾン投信。運用成績もなかなかよく、少額から始められるのも強み。しかし、証券会社に口座を持っていれば買えるわけではなく、セゾン投信の専用口座を開設しないと買えません。

セゾン投信はどんな投資信託か

二種類のファンドから選べる

セゾン投信では、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン資産形成の達人ファンドの二種類のファンドが用意されています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、簡単に言えば、世界中のインデックスファンドに分散投資するファンド。実質的には、世界中の株式にかなりの分散投資をすることが可能。

※インデックスファンドとアクティブファンドについてはこちら
インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の違い

セゾン資産形成の達人ファンドは、主に世界中のアクティブ運用ファンドに投資しているファンド。債券ファンドにも必要に応じて投資するそう。

セゾン投信を買えば、気軽に世界中に分散投資ができてしまうという、なかなか安定志向の強い投資信託。構造的には、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのほうが安定志向が強いです。

自動積立することもできる

毎月5000円から、積立投資(自動買付)をすることも可能。積立金額はもちろん変更可能。

積立じゃなく、自分が好きな時に買付をすることも可能。ドルコスト平均法的な買い方をしたいなら、自動積立が楽チン。

ちなみに、ドルコスト平均法とは、定期的に同じ金額で買っていく手法。価格が高い時には少なく、価格が安い時には多く買っていくことができる。取得価格のばらつきをなるだけ少なくしたいときなどに使います。

運用成績が安定している

あくまでも「これまでは」という話なので、今後どうなるかは、神のみぞ知る領域。投資信託を買うことは、リスクと隣り合わせ。

セゾン投信を買って、損をすることもある。投資は自己責任で。

販売手数料などは無料

別に珍しくもないんですが、口座開設手数料と販売手数料は無料。ただし、信託手数料は当然ながら掛かる。どっかしらで手数料を貰わないと、投資信託をやる意味ないですからね。

NISAにも対応

少額投資非課税制度を使いたい場合は、覚えておくといいです。セゾン投信に限った話じゃないけど、投資信託に投資するのなら、しっかりと目論見書などを読むことをおすすめします。

セゾン投信に興味があるのなら、まずは資料請求からどうぞ。

月々5,000円から始める長期投資。セゾン投信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 投資

  関連記事

投資信託(投信、ファンド)とは何か

投資信託(ファンド)とは、簡単に言うと、「いろんな投資家からお金を集めて、代表者がそのお金を運用するもの」という感じ。投信なんて言葉もありますが、投資信託を略し …

FXは難しい!個人的には絶対におすすめはできない

今の株式投資のスタイルを確立する前は、FXにも手を出したことがある。儲かるときもあったけど、通算ではマイナス。「難しい!」と思ったので一か月くらいやって撤退した …

クラウドバンクの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

クラウドバンク(日本クラウド証券)がやっているソーシャルレンディングの特徴とメリットについてまとめてみました。クラウドバンクは、一万円からソーシャルレンディング …