ワイクラ

Ponta(ポンタ)ポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカード

スポンサーリンク

ローソンやゲオ、ケンタッキーなどで使えるPonta(ポンタ)ポイント。その他にも提携店がかなりあるので、実は汎用性が高い。僕も、クレジットカードのポイントはPontaポイントに交換するようにしている。

いろいろ調べてみたら、そんなPonta(ポンタ)ポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカードは、リクルートグループの「リクルートカード」だった。

Ponta(ポンタ)ポイントを貯めたいならリクルートカード

リクルートカードのメリットとは

リクルートカードは、年会費が無料。そして、ポイント還元率が1.2%(一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%)と、かなり高い。

その他、国内外の旅行傷害保険が付いてり(利用付帯だが)、ショッピング保険も付帯している。ブランドも3ブランド(VISA、マスター、JCB)から選べる。こんな感じで、普通に良心的なクレジットカード。

リクルートカードはここが残念

ポイント還元率が高いんだけど、ポイント交換先が乏しかった。リクルートポイントとしてしか貰えないんだもの。還元率が高くても、ポイントの使い道が少ないと、イマイチメリットを感じないのが普通。

キャッシュバックとかには使えません。その点は、楽天カードに近しいものがある。

リクルートポイントはPonta(ポンタ)ポイントに移行できる

しかも、「リクルートポイント1P=Pontaポイント1P」で。なので、「Pontaポイントを貯めたい!」という人にはリクルートカードがおすすめというわけ。

当初はリクルートポイントとしてしか使えなったので、いまいち魅力のないクレジットカードだったが、Pontaポイントとの連携によってかなり使いやすくなった。

普段のクレジットカードの利用で、Pontaポイントをリクルートカードの高還元率を駆使して貯めていくことができる。

JMBローソンPontaカードのほうがいいんじゃない?

ローソンのクレジットカードである「JMBローソンPontaカード」なら、年会費無料なのに、ローソンでの買い物では2%の還元率を誇る。もちろん、貰えるのはPontaポイント。

しかしながら、ローソン以外だと還元率が0.5%とかなり普通になってしまうのが残念。それに、僕が「コンビニでクレジットカード使う人は少ないんじゃないか?」という偏見を持っているので、いまいちおすすめする気持ちになれないのである。

リクルートカードプラスもいいよ

年会費が2000円(税別)の「リクルートカードプラス」なら、ポイント還元率が2%になる。消費税で8%計算すると、実質年会費は2160円。これをポイントで回収するには、108000円のカード利用が必要になる。

しかし、年会費無料のリクルートカードなら、108000円使うと、1296円分のPontaポイントが貰えている計算になる。

ちなみに、この差が埋まるのは丁度27万円利用した時点。

270000円 × 1.2% = 3240P
270000円 × 2.0% – 2160円(年会費)=3240P(年会費相殺を無視すると5400P)

つまり、年間で27万円を超えたリクルートカードの利用があるのなら、リクルートカードプラスのほうがお得。月に換算すると、22500円を超える利用があれば、年会費を払ってでもリクルートカードプラスを使ったほうがお得という計算になる。

リクルートカードの申込方法

リクルートカード

まずはリクルートIDが必要になるので、まずはそれを発行。その後、リクルートカードのサイトにリクルートIDでログインして申込という手順。リクルートカードのサイトに飛べば、とりあえず全部できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - クレジットカード

  関連記事

クレジットカードを使いすぎてしまう!そんな時の改善策

「今月、カードの支払いがヤバイ!」が当たり前になっている気がしてません?クレジットカードで支払った分は、借金。返済しないとマズイことになりますよね。 クレカを使 …

クレジットカードのポイント還元率と貯め方の豆知識

クレジットカードの大きなメリットの一つとして挙げられるのが「ポイントが貯まる」ということ。 クレジットカードのメリットとデメリット!ポイント以外に付帯保険や優待 …

クレジットカードの危険性!本当は怖いクレジットカード

まず、クレジットカードの仕組みについて カード会社は、金貸し。クレジットカードを使うということは、借金をするということ。短く、わかりやすく説明すると、クレジット …