ワイクラ

おすすめのお金の勉強方法!「お金の本を読む」以外で紹介します

実際に勉強をしてみて思ったけど、お金の知識は、かなり実用的。お金を勉強すれば、お金に強くなれる。お金に強くなれば、未来が開けるかも。と思えてきた部分もある。

ここでは、お金の勉強をしたい人向けに、お金を学ぶ方法を紹介。基本的に、僕がお金の勉強をするためにやったことのまとめ。本を読むのは一般的な勉強方法なので除外してみた。僕がおすすめするお金の本は、こっちの記事にまとめてあるので、興味があったらどうぞ。

お金の本はこれ!本当におすすめしたい良書を紹介

無料のお金のセミナーで勉強する

人気の無料マネーセミナー「お金の教養講座」

ファイナンシャルアカデミーが開催している人気のお金のセミナー。しかも、無料。頻繁に開催されているので日程を合わせやすい。

開催地は、東京、大阪、神奈川、愛知。1.5時間のベーシックコースと、4時間たっぷりのPlusコースが用意されている。

ベーシックコースの内容は、「効果的なお金の使い方、簡単にできる家計管理術、お金を使った効果的な自己投資のやり方、投資の基礎知識」あたり。Plusコースでは、これに加えて株式投資・FXの基礎的な話と、不動産投資の基礎的な話を4時間掛けてガッツリ聞くことができる。

お金の基礎的な勉強だけじゃなく、投資の基礎的な勉強もできるので、「何となくお金の勉強がしたい」という人だけじゃなく、「投資に興味があるけどよくわからない」という人にもおすすめ。

パソコンサイトで予約しようとすると、「あれ?Plusしかないのか?」と勘違いしそうになるが、「Basic」のほうをクリックしてから開催地を選択すれば、ちゃんとベーシックコースに出会える。スマホサイトのほうがシンプルでわかりやすいかな。

女性限定、講師も女性という、「お金の教養講座 for Woman」もたまに開催されているので、女性の方は要チェック。内容も女性向けになっている。

意外と早く日程が埋まってしまう回も多いので、予約はお早めに。

お金の教養講座 – ファイナンシャルアカデミー

女性向けのお金のワークショップ「マネテリ」

「お金の教養講座」と同じファイナンシャルアカデミーが運営している。セミナーというか、ワークショップ。男性でも参加できるそうだが、どうしても女性向けにしか見えない。

月に3900円で参加できる「マネテリ」。無料体験レッスンが頻繁に開催されている(東京限定だが)ので、普通のお金のセミナーとは違うものに行ってみたい場合はいいかも。

マネテリ – ファイナンシャルアカデミー

家計簿をつけてお金の流れを追ってみる

家計簿をつけると何気にお金のトレーニングになる

家計簿の何がお金の勉強になるのかと言うと、まず、「お金の流れを目で確認できるようになる」というところ。

頭の中でお金の流れを整理しようとしても、なかなか上手くできないもの。お金を視覚的に捉えられるようになると、自分の家計でのお金の流れもしっかり把握できる。

すると、お金の使い方をより意識するようになるので、結果、お金のトレーニングになる。お金の勉強では、知識を蓄積するだけじゃなく、実生活に役立つトレーニングも大事。

家計管理と勉強の一石二鳥

やっぱり、家計簿をつけた方が、家計管理がやりやすい。お金のトレーニングもできて、一石二鳥だ。

ただ家計簿をつけるだけじゃなく、確認・反省・試行錯誤・改善というプロセスも大事のするようにすれば、もっとお金の使い方が上手になる。

お金の使い方を実践しながら学ぶのは大切だ。だって、自分が一生の内に稼げる金額なんて、そう多くはないんだから。

ちなみに、家計簿のつけ方は自分で工夫してみると意外と楽になる。

簡単な家計簿のつけ方!やりくり上手を目指して

簿記を勉強してバランスシートとか書いてみる

家計簿は収支の記録しかしないのが普通

よく聞く「簿記」というものは、「帳簿記入」の略。つまり、簿記を勉強すると帳簿の書き方がわかる。

で、何がいいのか?

前述の家計簿では「収入と支出」しか基本的に把握できないようになっている。しかし、帳簿には「資産と負債」という項目もあるのだ。

つまり、簿記を学べば資産と負債の状況も把握できるようになるなるわけだ。

簿記を自分の家計に応用すれば、「現金や預金などの資産に対して、借金はどれくらいあるのか?」が表にできるようになる。

バランスシートで家計の安全度を知る

資産と負債の状況をわかりやく表にしたものが、「バランスシート」と呼ばれるもの。「貸借対照表」という呼び方もある。

簿記を勉強するとバランスシートの書き方がわかるのだ。しかも、そんなに難しくない。会社のバランスシートを作るのは意外と大変だが、一般家庭のバランスシートなんて、勘定科目が少ないのですぐに作れる。

バランスシートは、会社経営には欠かせないものだ。だからと言って、同じようにお金を扱う一般家庭が無視していいということにはならない。

むしろ、会社経営者が気にしているようなことは、家計の経営しているあなた自身もしっかり気にするべきなのだ。

簿記を勉強して資産と負債のバランスを知る

「資産に対して負債はどれくらいあるのか?うちの家計はやばいのか?」を知ろう。収入がそれなりにあるように見えても、借金が資産よりも多いとかなり危険な状態だ。

簿記の概念がないと、資産と負債のバランスをないがしろにした家計管理をしがちだ。

簿記の概念を勉強しておくことは、今後の生活にもかなり役に立つ。表面的なお金の勉強だけじゃなく、お金のルールも知っておくべきだ。

簿記は、簡単なようで、大事な大事な「お金のルール」をしっかり勉強させてくれる。

少額投資でお金の勉強

投資では今まで見たことないようなお金の動きが見れる

投資をしていると、自分のお金が動き回って増えたり減ったりするのを目の当たりにできる。お金は、銀行口座で眠っているだけの存在ではないってことに気が付く。

投資をすると、「お金の可能性」を勉強することができるわけだ。

「お金を増やす力」を身に付ければ、それができない他の人よりも、あなたのほうがお金の面で有利になることができる。

失くしても大丈夫なくらいの金額でやることが大事

しかしながら、投資はなかなか上手くいかないもの。だから、失くしてもいいくらいの少ない金額で始めることが大事になる。

株でも、投資信託でも、国債投資でもいい。金融商品によって、特徴はかなり異なる。

何があなたに合っているのか探してもいいし、「投資をやってみる」ということだけでも勉強になるかもしれない。

投資をやってみると、「あ、これは面白い!」とか「これは上手くいかない」とか、「投資は自分に合っていない」とかを知ることができる。

「合っていない」と知ることが重要だ。今の世の中、投資を人におすすめして、「自分が儲けよう」という輩が多数存在する。

少額投資をやって、「自分は投資に向いていない」と知っておけば、そういう連中のカモになることも少なくなる可能性がある。

投資には、お金を増やす可能性がある。同時に、失う可能性もある。どうせ失うなら、やらないほうがいい。金利の高い定期預金を探したほうがずっといいかもしれない。

良くも悪くも、「お金の可能性」を勉強しておくことは、必ず役に立つ。

ちなみに・・・僕が手を出した金融商品

  • 株式
  • FX
  • インデックス投資信託
  • eワラント

この中で、今でもやっているのは株式投資のみ。世界一の投資家なんかはインデックス投資信託を勧めているが、個人的には退屈だったから辞めた。

株の手数料を節約したい人におすすめのネット証券会社

漫画を読んでお金の勉強

楽しく読みながら、自然にお金の知識や金融用語などを勉強できる漫画もある。そういう漫画を読むのは、お金の本を読むのとは一味も二味も違うお金の勉強方法になると感じている。

詐欺師を騙す詐欺師の漫画「クロサギ」

クロサギ(1) (ヤングサンデーコミックス)

騙し合いがかなり面白すぎる名作詐欺漫画。ドラマ化も漫画化もされた人気作。そんなクロサギだけど、金融用語とか社会の仕組みを学ぶのに適している。

もちろん、詐欺にかなり詳しくもなるので、現代社会で騙されないための指南書にもなるという、かなりおすすめのマンガ。

「トイチ」で融資する金貸しの漫画「ミナミの帝王」

ミナミの帝王 1

「これを読んでいると、金融に詳しくなる!」と感じている。内容もかなり面白い。

お金の勉強ができるゲームもある

金持ち父さんのロバート・キヨサキが作った「キャッシュフローゲーム」

キャッシュフロー 101 (日本語版)

「金持ち父さん」シリーズの著者であるロバート・キヨサキさんが作ったゲームだ。お金の教育の為に作られたもので、大人でもしっかり楽しみながらお金の勉強ができるようになっている。

ゲームを攻略しているうちに「お金持ち流」のお金の勉強ができるという、何とも不思議なゲーム。それがキャッシュフローゲームだ。

僕はやったことないが、かなり難しいという話も。

しかし、人数がいないとでいない上に、このゲーム自体それなりのお値段がするので、積極的に手に入れる必要はないだろう。

たまに「キャッシュフローゲーム会」なんてものもやっているが、ネットワークビジネス(マルチ商法)への勧誘があるケースもあるので注意が必要。

お金の勉強ができる資格もある

お金を知りたいのならファイナンシャルプランナーで一石二鳥

>保険の勧誘員などが持っている資格「ファイナンシャルプランナー(FP)」という資格は、お金のエキスパートを目指すような資格。

保険だけじゃなく、資産運用などの「お金全般」の勉強をするもの。その他、社会制度などもいろいろ勉強できるので、実用的っちゃ実用的。

お金の勉強にもなって、新しい仕事にも繋がるかもしれない。とりあえず、お金の勉強になることは間違いなさそうだが、新しい仕事に繋がるのかはあんまり期待しない方がいいかも。

ファイナンシャルプランナー(FP)の一級の資格を持っている人でも、なかなか仕事にありつけなかったり、全然稼げなかったりするという話を聞いたことがある。

人気の資格っぽくて、今の時代にマッチしてそうだが、仕事に繋がるかどうかはあんまり期待しないほうがいい。資格の勉強をすれば、専門的なお金の勉強ができるので、その点だけはいいと思っている。

お金の勉強方法まとめ

長くなったので、ここまで書いたお金の勉強方法をザックリまとめます。

  • お金のセミナーで勉強する
  • 家計簿をつけてお金の流れを追ってみる
  • 簿記を勉強してバランスシートとか書いてみる
  • 少額投資でお金の勉強
  • 漫画を読んでお金の勉強
  • お金の勉強ができるゲームをする
  • お金の勉強になる資格の勉強

お金は奥が深い。ただし、勉強して満足してるだけじゃ、あなたの生活が改善されるわけじゃないので、積極的に実践していこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - お金

  関連記事

賢い貯金方法!お金を貯められる貯金の仕方

「収入-支出」の金額。これが貯金の金額になるわけです。貯金上手になるには、この金額をコントロールすることが大事になるわけです。 選択肢は、2つしかない。収入を増 …

お金儲けは悪い事じゃないのに汚い事として見られる問題

芸能人がテレビでお金儲けの話をすると「汚~い」と言われてしまう。日本はそんな世の中。 どうしてだろう?僕なんて、「そんなにお金儲けできんの?カッケーじゃん!」と …

確実にお金を増やす方法!無リスクで安全なお金の増やし方とは

行動経済学によると、人は、お金を手に入れる喜びよりも、お金を失う痛みに強く反応するということらしい。しかも、少しじゃなくて、かなり強くなんだと。 だから、僕たち …