ワイクラ

お金持ちと貧乏人の違いはここに!「金持ち父さん貧乏父さん」

スポンサーリンク

お金持ちになりたくて仕方がない。

そんな僕が本気でお金に興味を持つキッカケになったのが「金持ち父さん貧乏父さん」という本。これ、読んだほうがいいと思う。いや、早い段階で読んでおくことをおすすめする。

だって、「金持ち父さん」の理論は独特で、かつ、わかりやすいんだもの。「お金持ちのお金の使い方」とか、知っておいたほうがいいじゃない。

「金持ち父さん貧乏父さん」は強烈だった

たまたまネットで知った本だったけど

本を読み漁っていた僕は、ネットで「金持ち父さん」という本を知った。タイトル聞くと、惹かれるじゃない。ついつい買ってしまった。

お金のことをじっくり教えてくれる良書だった

「金持ち父さん貧乏父さん」は、分厚いけど内容はかなりわかりやすい。お金の初心者だった僕ですが、普通に理解できた。そんで、猛烈にお金に興味を持つようになった。

経済的に自由になる方法が書いてある

この本、著者のロバート・キヨサキさんが「どうやって金持ちになったのか」を書いている本。図面とかも使って解説してくれている。「ただの自慢本だ!」と評する人もいるけど、僕は大好き。

考え方が変わった

この本を読んでから、お金に対する考え方が変わった。「お金は、働いて稼ぐだけじゃない!」というのを知れたのは、かなりの収穫でだったと思う。

お金持ちと貧乏人には根本的な違いがあるそうな

そもそも、お金に対する理解が違う

お金のことは、学校じゃ教えてくれない。大抵の親も、素人的な知識しか持っていない。「金持ち父さん貧乏父さん」でしきりに語っているのは、「お金を理解しよう!」という気持ちの大切さ。ルールを知らないと、ゲームもできないってこと。

お金の扱い方が違いすぎる

この本で語られている「お金持ちと貧乏人の違い」がわかりやすいので、紹介しておく。

貧乏人はお金のために働くが、金持ちはお金を自分のために働かせる

金持ちは、仕組みを作るってこと。仕組みをいっぱい持っていれば、その分、経済的にも時間的にも自由になれると。

お金の流れを作り出す

この本を読んで、目指したくなるのはここ。「自動的にお金が入ってくる仕組み」を作ること。自分に流れるお金を多くすること。この辺の解説もわかりやすい。

考え方が違う

貧乏人は、貧乏人の考え方をしてしまっている。お金持ちは、お金持ちの考え方をしている。貧乏な考え方のままだと、貧乏なお金の使い方を自然にしてしまうので、お金持ちにはなれないそうな。

「金持ち父さん貧乏父さん」は、テンション上げてくれる。そういう自己啓発本みたいな側面も持ってるんです。

「金持ち父さん貧乏父さん」の欠点

大抵の人は、「で、どうすればいいの!?」ってなる。僕の場合、とりあえず株を始めるところからスタートしたけど。

金持ち父さんは、「不動産投資」と「ビジネスを興せ」の主張が強く、それは、なかなか手が出せるものじゃない。だから、「結局、どうすればいいの!?」ってなるらしい。

具体的な方法なんかは、自分で調べる必要があるのが、この本の欠点かも。考え方が変われば、今後の選択も変わるので、その先は自分次第ってところかな。

行動しないと金持ちにはなれない

行動しないと何も変わらないというのは、いつも痛感していること。何でも他人任せじゃ何も変えられないのは、いつも一緒だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - お金

  関連記事

財形貯蓄とは何か?種類についてもザックリ

財形貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから天引きで貯金できる制度。 ただし、財形貯蓄は、会社勤めの人にしか関係ありません。財形貯蓄は、銀行などの金融機関が法人向けに …

入院保険に入るなら、通院保障も付けたほうがいいらしいぞ

入院保障制度がある保険に加入しようとすると、「通院保障はどうしますか?」と聞かれることはが多い。 これは、「入院だけじゃなく、その後の通院でも保険金が出ますよ」 …

貯金がない人におすすめしたい貯金術を紹介

貯金にはコツがあります。それなりの収入があれば何もしなくても貯金が増えていく人もいますけど、大抵の人は「お金があるなら、使っちゃおう!」ってなる。 「貯金がない …