ワイクラ

お金の勉強方法!リアルに役立つ知識の付け方

本やセミナーなんかでお金の勉強をするのは悪くないと思うけど、大半がノウハウなんだよね。「こうすればもっとお金に強くなれる!」みたいな。

しかも、そういうノウハウって、再現性があるかどうかイマイチわかりにくい。「成功者の多くはたくさん本を読んでるから、あなたも読もう!」とか言われて読んでも、みんなが成功者になれるわけではない感じ。

僕も一時期はノウハウコレクターで、「オレ、こんなにいろんなノウハウだけ持ってるぜ!」というなんとも寂しい感じだったので、そんなノウハウ達がいかに役に立たないかはわかるつもり。

お金の勉強するなら、現実的に役に立つ勉強しようよ。「収入の20%は自己投資に回そう!」みたいな、根拠の乏しいノウハウを知るんじゃなくて。

リアルに役に立つと思ったお金の勉強方法

お金の仕組みを勉強してみる

例えば、「一方的に借金すると、利息の支払いで貧乏になる」みたいな、お金の基本的な仕組みの勉強。「自分が支払うと別の誰かが儲かる」とか。

悲しいかな、世の中のお金の本は、「ノウハウまとめ」みたいな本は非常に多いんだが、「お金っていうのはこういう性質があるんだぜ!」という知識だけをひたすらまとめた本が少ない。というか、知らない。知ってる人いたら教えて。

ノウハウ本の中でも、こういう「お金の仕組み」はちょいちょいちりばめられてるんだけど、いかんせん雑音が多い。仕組みだけを見付けて吸収するのは、困難なんだ。

再現性があるかわからないノウハウよりも、「お金はこういうものだ!」というのを知っておくほうがいいと思う。いい判断材料になるから。

お金のまつわる世の中の仕組みを勉強する

ルールを知ると言うか。例えば、「クレジットカードは、2回払いまでなら分割手数料が掛からない」のような、超基本的なルールをひたすら知っていくこと。

「クレジットカードで簡単家計簿!」みたいな、よくわからんノウハウよりも、ルールを知っておいたほうがいい。ノウハウは、使い人を選ぶ。誰かが上手くいった方法でも、自分の環境や性格では役に立たない場合だってあるんだ。

しかし、ルールは不変だ。まあ、たまに変わることもあるんだけれども。

ルールを知っておけば、「あ、自分はこういう工夫しよう」とかの、自分にあったノウハウを構築できる。

前述のクレジットカードの2回払いのルールを知っているだけで、無駄なリボ払い手数料を減らせたかもしれない。ルールを知らないと、ノウハウにカモにされるかもしれないし。

「何の意味があるかわからないのに保険に入る」じゃなくて、ちゃんと効果とリスクを理解しようぜって話。

世の中にはどんな道具があり、どんなルールで運余殃されていて、自分はどう使うことができるのか。お金にまつわるこれらの知識は、基本的に教えて貰えない。「金持ち父さん」読むのもいいけど、こっちも大事。

本屋とか行けば、これ系のルール集みたいなのあるのかな?やっぱ、知ってる人いたら教えて欲しい。

役に立つ情報を仕入れる

例えば、「新生銀行の口座なら、主要なコンビニのATMで手数料無料で引き出せる」みたいな。

新生銀行

「SBI証券よりも、ライブスター証券のほうが株式取引の手数料が安い」みたいな。

ライブスター証券

情報を知るのも大事だ。知っているだけで、無駄にお金を使う必要がなくなったり、効率的にお金を増やせたりする。「あっちの銀行のほうが定期預金の金利が高いぞ!」というのもそれ。

リクルートカードのポイント還元率が高いと言っても、ポンタポイントやリクルートポイントのユーザーじゃないと意味がないとか、外貨建ての保険は手数料がバカ高いから良くないぞ、とか。

ノウハウよりも、現実的な情報のほうが生活にダイレクトに活かすことができる。再現性の部分では、確実性は高い。仕組み的な部分だし。普遍的な情報なのか。再現性に乏しいノウハウなのか。

僕は、ノウハウコレクターよりも情報コレクターのほうが現実的だと思う。

統計的なお金の情報を勉強する

「投資の素人でもまぐれで勝つことはできる」みたいなやつ。これについては、統計の読み方とか、確率論とか知っておいたほうがいいかもしれない。

要は、「現実を勉強しよう」ということだ。「FXで月収100万円?何言ってんだよ?」という判断をするには、現実を知っていなければならない。

現実を知っていれば、統計的に危ないもの判別できる。誰かを儲けさせるためだけに無駄なお金を使う必要がなくなるかもしれない。

この辺の勉強は、「まぐれ」や「ブラックスワン」がいい。「もっと、現実を見ようぜ」って本だ。

お金の勉強するなら、無駄なものを排除しよう

情報過多な時代だ。Google検索を使えば、たくさんの胡散臭い情報や知識にも出会うことができる。お金の勉強をしようにもノイズが多すぎる。ノイズをいかに減らし、大事な知識や情報だけ吸収できるのか。

お金の本を多読するのもいいけれど、その中に活きた知識や情報はどれだけ書かれているだろうか?どうでもいいこと勉強しても、時間とお金が無駄なだけだ。

とか言いつつ、こんな記事も書いている。あしからず。

おすすめのお金の勉強方法!「お金の本を読む」以外で紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - お金

  関連記事

おすすめの貯金本はこれ!「年収200万円からの貯金生活宣言」【Kindle】

僕が「貯金したい!」と思ったときに買った本の中で、実用的で勉強になったのは「年収200万円からの貯金生活」という本。「年収200万円」なんて、フリーターレベル。 …

財形貯蓄とは何か?種類についてもザックリ

財形貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから天引きで貯金できる制度。 ただし、財形貯蓄は、会社勤めの人にしか関係ありません。財形貯蓄は、銀行などの金融機関が法人向けに …

お金の増やし方を学べるセミナーと本をおすすめしてみる

お金というのは、「稼いだら、使うか、貯める」という選択肢以外にも、「お金を使ってお金を増やす」という選択肢もあります。 ただ、巷で紹介されている情報にはリスクの …