ワイクラ

ニートは暇すぎる!3ヶ月のニート経験で感じたこと

スポンサーリンク

社会人になって最初の仕事が辛すぎてすぐにやめて、3ヶ月くらいニート経験のあるケントマンです。

このとき、物凄く暇だった。やることも特になかったし、やりたいことも特になかったので、ウイイレ(サッカーゲーム)をしまくる毎日。ずっとニートを続けられるのって、凄いことなのかもしれない。

でも、今になって思う。勉強とか、ビジネスとか、やりたいことがあれば、ニートほど良い環境はないと。ニートでも、自分で稼げれば「ネオニート」なんて呼ばれる存在になれるし。

今ではやりたいことがたくさんあるけど、僕がニートをやってた頃は、ウイイレくらいしかやりたいことがなかった。後は、株くらいかな。本当、仕事が嫌で嫌で仕方なかったんだと思う。

ニート期間の生活費はどうしていたのか

学生時代から独り暮らしだったので、ニートになると、生活費なんかが死活問題になってくる。実場この時期、リーマンショックのショックがなくなりつつある時期だったので、株でかなり儲かっていた。

なので、その時期は「株で生活していた」と言うようにしている。一時的な、経済的自由な状態だった。まあ、ただのニートだったけど。

株価が10倍以上になった銘柄を保有したときの体験談

ニートの時間をもっと大事にすればよかった

当時は株以外に特にやりたいことがなかったので、株の勉強をするか、ゲームするかっていう生活。あとは、友達と遊んだり。

今思うと、もったいない時間の使い方だった。今なら、勉強したいことは山ほどあるし、ブログだってもっと書けるし、なんかビジネスを始めたりもできるだろうしと、夢は尽きない。時間の自由って本当に素晴らしいと思う。

時間さえあれば、もっと自由にあろう、人間たち。

会社に入らなくても生活することはできる

「プロブロガー」という人達も何人かいるし、自分でビジネスを立ち上げて生活している人もいる。お金をそれなりに稼げれば、「会社に就職することが全て」じゃないってこと。

僕は、できればそっちに入りたいタイプ。「社蓄」になんか、なりたくないし。

ただ、株で生活するのは難しい。何億円も元手があれば、配当金だけで生活することもできるけど、そこまでできる個人投資家なんて、滅多にいないはず。

僕が生活できたのは、たまたまタイミングが良かったから。運が良かったから。それだけ。

時間という人生最大の資産

時間は、「人生最大の資産」と言われている。ニートでも、その時間を最大限に活用できれば、他の人にはできない特別なことができるんじゃないか。

ニートだったときのことを思い返すと、そんなことを考えてしまうわけ。今の僕からすると、ニートほど羨ましい生き方はない。時間を最大限に活用すれば、その辺の会社員よりももっと稼げるだろうし。

僕はニートからフリーターになった

フリーターになってから、数年間いろんなバイトをしてきた。そのアルバイト経験を活かして、こんな記事も書いてみた。アルバイトを考えている暇人ニートなら、読んでくれてもいいよ。

きついバイトと楽なバイトまとめ!フリーター時代の経験から

派遣もやったことがある

その経験から感じたのは、「バイトよりも派遣のほうが稼げる」ということ。派遣のほうがバイトよりもきつい場合が多いけど、それなりの収入を求めていて、かつ、正社員にはなりたくないのなら、おすすめ。

比較的辞めやすいしね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - フリーター

  関連記事

フリーターでも有給はもらえるのか?バイトでも大丈夫

「フリーターだと有給なんてもらえない」と思っている人もいるようだけど、そんなことはない。労働基準法で決められた条件を満たせば、もらえる。 僕もフリーターだけど、 …

フリーター(アルバイト、パート)でも副業が禁止される不思議

正社員ならともかく、フリーター(アルバイトやパート)の副業も禁止する会社があるのだから驚き。 正社員よりも給料が少ないアルバイトやパートの副業が禁止されたら、生 …

きついバイトと楽なバイトまとめ!フリーター時代の経験から

学生時代とフリーター時代を合わせると、普通の人よりもバイト経験が豊富だと自負している僕。それでも、個人の人生で経験できるバイトは限られているのが現実。 「僕の経 …