ワイクラ

失敗しない給料日までの過ごし方!計画性を大事に

スポンサーリンク

給料が入ると、気が大きくなって「どーん!」とお金を使ってしまい、しばらくすると「次の給料日まであとどれくらいだろうか・・・」なんて考え始める。

これを繰り返していると、結構なストレスになりませんか?僕も前まではそんなことを繰り返していました。

どうも、ケントマンです。

そんな僕がとった対策「失敗しない給料日までの過ごし方」をどどーんと公開。何かのお役に立てばいいかなーって感じで書いていきますよ!

次の給料日まではこういう過ごし方をする

給料が入ったらやること

ここがポイントです。スタートで躓いてしまうと、そのままズルズルいってしまう可能性が大です。

給料が入ったら、とりあえず落ち着きましょう。「これでもっと遊べる!」とか「あれが買える!」とか考える前に、落ち着いて下さい。落ち着くことができたら、次に「計画を立てる」という大事なことをします。

まずは必要経費を差引く

家賃の振込、カードの支払い、水道光熱費の支払い、などなど。こういう「必要経費」を先に差引いて考えます。こういう大事なお金は、口座に残したままにしておいたり、水道光熱費はさっさと払ってしまったりして、大事に扱うのが大事。

ちなみに、ここで「貯金金額を差引く」というのをやっておくと、貯金上手になってきます。お試しあれ!

賢い貯金の仕方!お金を貯められる貯金方法を伝授

残った給料で計画立案

給料から必要経費を差し引いたら、「今月自由に使えるお金」が残りますよね。「必要経費」に食費と消耗品費を含めてもいいんですけど、割と変動する支出なので、僕は「自由に使えるお金」にまとめちゃってました。その辺はご自由にどうぞ。

ここで、一番簡単な方法を。

「今月自由に使えるお金」を、次の給料日までの日数で割ります。大抵、30か31で割ることになりますよね。

すると、「一日これだけ自由に使えるよ!」という金額が簡単に求められるので、それを守るようにすれば、給料日まで安全な過ごし方ができるようになるってわけです。で、次の給料日が来たら、また同じことをする、と。

一日の予算はざっくり守ればいい

一日の予算は、ざっくり守れば意外と平気だったりします。僕の場合、余ったら次の日に繰り越したり、使いすぎたら次の日から差し引いたりという、無料通話の繰越みたいな手法を取って管理していました。

予算の管理は、手帳とかメモ帳で間単にできるので、お試しあれ。

予算を意識すると何が変わるのか

この方法を使うと、お金を慎重に扱うようになります。いや、本当に。精神的なプレッシャーを自分にかけ続けているので、ちゃんとお金を扱うようになるんですよね。家計簿と同じような効果です。

これはこれでストレスになるんですけど、毎月給料日を待ちわびるようなお金の使い方をし、全く貯金ができないみたいな生活をしているのなら、その習慣を改善する特効薬になる可能性もあるんですよ。

予算どおりに生活できないのには原因が

これをやって予算どおりに生活ができないのなら、金遣いが荒いか、家賃とかが高すぎるか、収入が少なすぎるかという問題を抱えているってことです。

家計のレベル的に問題がなければ、この方法はちゃんと機能するはずなので(だって、今まで生活できてたんだから)。

この「失敗しない給料日までの過ごし方」でお金が回らないのなら、本気で家計改善を考えたほうがいいのかもしれませんよ。お節介かもしれませんけど。

年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編 年収200万円からの貯金生活宣言年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編

将来のことを考えると、給料日が待ち遠しいのは危険かも

給料日が待ち遠しくなるくらい、金回りが悪い。将来的なことを考えると、それは微妙だと思いませんか?結婚とか、出産とか、育児とか、マイホームとか、マイカーとか、引越しとか、失業とか。

大人になってつくづく思うのが、「世の中、金だ!」ということ。お金は大事に扱いましょうね!(あ、ちょっと汚い話になりましたかね)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 仕事

  関連記事

簿記3級の勉強をするときに役立った本をおすすめ

学生時代には簿記を習わなかったので、社会人一年目くらいに独学で簿記の勉強をした僕。理由は、「金持ち父さん貧乏父さん」という本で「ファイナンシャルリテラシーは大事 …

おすすめのベストセラー自己啓発本まとめ

では、「一度は読んでおきたい、ベストセラー自己啓発本まとめ」いってみましょうか! ※Kindle版も書いてます。 【Kindle】おすすめの自己啓発本まとめ!ベ …

働きたくない!と思いながらも仕事に通い続ける方法

働きたくない。もっと自由に生きていたい。それでも、お金を稼ぐためには働かないといけない。嫌な世の中だ。 「働きたくない!」というのは、常日頃から思っている。毎日 …