ワイクラ

「婚約指輪は給料の3ヵ月分」というのあれの真実

スポンサーリンク

よく「婚約指輪の値段は給料の3ヵ月分」なんて言われますよね。これは、嘘なのか、本当なのか。

結論から言いますと、嘘と言えば嘘だし、本当と言えば本当です。その理由は、このネタがどこから来ているかを知れば簡単にわかります。

婚約指輪の値段が「給料の3ヵ月分」と言われるワケ

実は、この「給料の3ヵ月分」というのは、常識でも何でもありません。会社の「キャッチコピー」です。

どこかの宝石会社が、「給料の3か月分の輝きを」みたいなキャッチコピーを打ち出した。それがいつの間にか人々に浸透し、「婚約指輪は給料の3ヵ月分でしょ!」という常識みたいなものへと変貌したってわけです。

なので、「嘘」「本当」という話ではない

そういうわけで、嘘と言えば嘘だし、本当と言えば本当ということになるわけです。要は、あなたが思う金額を出せばいいってことですよね。「給料の3ヵ月分」というのは、ただのキャッチコピーなんだし。

婚約指輪は給料の3か月分というのは

あれと同じです。「下痢に、ラッパのマークの正露丸」ってやつ。ニュアンス的には一緒。「下痢したら、正露丸だな!」と思っている人が多いように、「婚約指輪は、給料の3か月分だな!」って思っている人が多いってだけ。

他にも選択肢はあるにも関わらず。

結局、いくら出せばいいのか?

婚約指輪の値段なんて、自分で考えましょう。給料の3ヵ月分より高くしたっていいし、安くしたっていい。個人的には、指輪にお金をたっぷり使うより、新生活とか、新婚旅行とかに使ったほうが有意義だと思っている。

キャッチコピーに踊らされていたら、会社に操られているみたいで、嫌じゃないですか。

「THE KISS」みたいに、リーズナブルなブランドのペアリングでもいいって思うんですよ。大事なのは、気持ちですよね?

キャッチコピーの威力が発揮されすぎた事例

言葉一つでも、ここまで人を操ることが出来る。「婚約指輪は・・・」のキャッチコピーで、どれだけの人が、高価な指輪を買ったことか!

一つの基準を設けてくれたという意味では、なかなかの偉業かもしれませんけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 結婚

  関連記事

結婚を決断できないときは「勢い」が足りないのではないか

結婚の決断には「勢い」が大事だった 私事ではありますが、先日、5年付き合った彼女にプロポーズし、無事に結婚することになりました。 正直、不安はいろいろあります。 …

結婚する前に同棲するメリットとデメリットはこれだ

「結婚前の男女が一緒に住むなんてけしからん!」なんて時代はとうに過ぎ去り、同棲することが普通になってきた昨今。結婚考えてるなら、やってみようよ、同棲。 まあ、し …

オシドリ夫婦!新婚が夫婦円満の秘訣を考えてみた

結婚して半年以上が経過した。その前に、同棲期間が2年間。もう2年半くらい一緒に住んでいるけど、ケンカなんてほとんどしたことがない。ケンカといっても、本当に些細な …