ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

おすすめの行動経済学の本「予想どおりに不合理」でお金と感情を

スポンサーリンク

バリュー投資の勉強をしていたら、「行動経済学がいいぞ!」ということを知ったので、本を買って読んでみた。

行動経済学は、「お金の心理学」みたいな感じで、人間の感情とお金の関係を徹底的に研究している分野。学んでみると、面白い。僕は、「予想どおりに不合理」という本を読んだ。「行動経済学の名著はこれ!おすすめ!」という感じだったので。

僕たちの感情はお金に振り回されているそうな

予想どおりに不合理なのが人間

経済学では、「消費者は合理的に動く」と仮定している。僕たちは、常に考え、合理的な選択をしようとしている。それなのに、「予想どおりに不合理」に人間は動く。それが、行動経済学を扱ったこの本のテーマ。

その選択は合理的なのか

安売りの商品を買ったとき、それが本当に「安い」のか。投資の選択をするとき、何かに支配されていないのか。「お金の選択」をするとき、合理的な判断ができているのか。

合理的な人間でも不合理に

この本によると、普段は合理的な人間でも、お金のこととなるとそうでもなくなるということ。お金が絡むと、人は判断を誤る。お金の選択をするときは、「この判断は不合理だ」と常に思っておいたほうがいいってことだろう。

どうしたらお金の選択を間違えないのか

「予想どおりに不合理」を読んで、「こういう間違いがある」というのを知っておくといい。まあ、いざ選択を迫られたときに、瞬時にそれを思い出せるかどうかは難しいところだけど。結構、瞬時の判断って難しいじゃない。

「予想どおりに不合理」で行動経済学の勉強

予想どおりに不合理は読みやすい

「行動経済学」と聞くと、難しい専門用語とかたくさん出てきそうだけど、「予想どおりに不合理」はそんなことなく、読みやすい。

専門用語なんてほとんど出てこない

経済学とかに詳しくなくても読みやすい本。初心者にもわかりやすいように書いてくれていて、尚且つ、面白い。そして、勉強にもなった。

「不合理」なケースの紹介が多い

僕たちがしている「お金の間違い」はどんなものがあるのか。本の中では、多くのケースが紹介されている。

行動経済学を逆手に取ったマーケティングの存在

この本を読むと、「あ、あの会社、こういう手法使ってやがる!」というのもわかります。物を売るためには、工夫が必要。そりゃ、心理学だって行動経済学だって取り入れますがな。

損をするのが怖いのが人間

一番印象に残るのは、やっぱりここかな。利益を得る喜びよりも、損失の痛みのほうが強いって話。あとは、金銭感覚のおかしさとか、価格のマジックなんかも面白い。

投資家はもちろんのこと、営業マンなんかにもおすすめしたい一冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - お金

  関連記事

お金持ちと貧乏人の違いはここに!「金持ち父さん貧乏父さん」

お金持ちになりたくて仕方がない。 そんな僕が本気でお金に興味を持つキッカケになったのが「金持ち父さん貧乏父さん」という本。これ、読んだほうがいいと思う。いや、早 …

奨学金の返済は大変!借りる前にこれだけは知るべき

奨学金の返済はなかなか大変。元本の合計は数百万円単位にもなるし。 僕の家は全然裕福じゃなかったので、高校を出た後は、奨学金を借りていた。生活費は、バイトと奨学金 …

上手なお金の使い方を身に付けるために学んでおきたいこと

キャリアアップの勉強に使った1万円も、キャバクラで使った1万円も、同じ1万円。前者は、これからの収入アップなどに繋がる可能性がありますよね。 ところが、キャバク …