家計簿をつけないことによって得られる自由について

更新日:

どうも、「家計簿をつけるメリットとは」みたいな記事を書いておきながら、家計簿なんてつけていないケントマンです。

家計簿をつけるメリットというのを考えてみた

家計簿をつけるのはおすすめではあります。主婦だけじゃなく、男の一人暮らしでも、家計簿は役に立つときはあります。節約とか貯金とか目指しているならの話。

でも、目指すものがないのに家計簿をつけるのは、なかなか苦痛だったりもするんですよね。

家計簿をつけないことによって得られる自由

時間にゆとりが生まれる

家計簿をつけるのなんて、毎日やっていれば一日10分も掛からないんですけど、家計簿をつけないことによって、まずはこれから解放されます。考える時間あたりも短縮。

「家計簿つけないと!」というプレッシャーからの卒業

家計簿なんて、続けないとやっている意味がありません。続けないと節約にも貯金にも繋がらないでしょう。すると、いつも財布の中のレシートや、置いてある家計簿から無言のプレッシャーがかけられるわけです。家計簿をやめることで、この支配からの卒業!

「今日はいくら使ったのかな?」という細かさから開放

家計簿をつけていると、「今日は、どこにいくら使った」というのが気になります。自分の決めた予算を超えるとストレスになることもあります。節約や貯金をしたい人にとっては、このストレスが何よりのエッセンスになるわけですが、節約とか過剰に意識してしまうのもこまりもの。

家計簿をやめてしまえば、こういう日々の「お金のストレス」から開放されますよ。

結局、ストレスからの開放になる

時間を取らなきゃいけないのはストレス。お金の使い方を過剰に意識するのもストレス。ストレスって、やっぱよくない。気持ちのいいものではない。家計簿をやめてしまえば、「家計簿からのストレス」からはとりあえず解放されることでしょう。

お金の使い方とか金額とか意識するのも大事だけど、それでストレスが溜まってしまい、衝動買いなどに走らされるなら、家計簿なんてやめたほうがいい!

家計簿なしでもお金の管理はできる

お金の管理の代名詞的存在が家計簿ですけど、工夫さえしてしまえば、家計簿なしでもお金の管理はできます。工夫が大事、頭を使うことが大事、楽しようとするのが大事。

「貯まる生活」という本の中で、そういう「家計簿をつけなくてもお金の管理をする方法」がいくつか紹介されているので、家計簿のストレスに悩んでいる方は読んでみるべし!

貯まる生活―見えない未来にそなえる家計マネジメント術

-貯金と節約

Copyright© ワイズクラウド , 2017 All Rights Reserved.