花粉症で仕事が辛い!使えそうな高機能マスクや眼鏡をまとめてみた

更新日:

スポンサーリンク

花粉症の人にとっては辛い季節。それは春。
(僕は重度の花粉症なので、春が大嫌いである)

花粉症じゃない人にはわからないだろうけど、この時期は本当に辛い。
外に出たくない。鼻水やくしゃみ、目や耳のかゆみや喉のイガイガなどで仕事に集中できない。
とにかく、生活に支障が出まくるわけだ。

本当は、お医者さんの薬で症状を抑えるのが最善策だと思う(市販でも強い薬は売っている)。
ここれは、「それだけでは足りない!」という時に頼りたくなる、高機能なマスクなんかを紹介してみる。

花粉を水に変えるマスク

話題の花粉を分解してくれるというマスク。
普通のマスクよりも値段は高いけど、数日間連続使用してもいいそうなので、コスパはそこまで悪くない。
眼鏡の曇り止めが付いているタイプも。

汚染防止マスク

ガスマスクみたいなマスク。
結構ガチな作りになっているので、普通の不織布マスクじゃ満足できない人向け。
空気が汚染されている国の人も使っているそうな。

フェイスカバー

どちらかというと防寒対策グッズなんだけど、耳までカバーしてくれるので、僕みたいに耳も痒くなる人に向いているかも。
ただし、春先だとどう考えても暑い。
耳をカバーしたいなら、ずっとイヤホンしてるのもありだと思っている。

花粉対策眼鏡

花粉が目に入りにくい構造になっている眼鏡。
基本的に伊達である。
ガチな花粉症の人間にとっては、気休めにしかならないだろう。
普段眼鏡をかけている人向けに、【めがねスキマガード】なんてものもある。

ガチな花粉症にとっては無駄にしか見えない類の商品

「スプレーして花粉ブロック!」とか「鼻に塗って花粉ブロック!」みたいな商品。
試したことあるけど、本当に無駄でしかない。お金の無駄。
ガチな花粉症の人間からすると、「はぁ!?」と言いたくなるような商品である。

本気で花粉症と闘うのなら

病院に行こう。薬を貰おう。それがベストだと悟った。
あとは、最近解禁になった【舌下免疫療法(体質を変えるやつ)】とか、【レーザー治療(鼻の粘膜を焼くやつ)】とかの相談をするのがいいのかと。

ただし、舌下免疫療法やレーザー治療は、花粉シーズンが始まってからではやってもらえない。
舌下免疫療法は花粉シーズンが終わってから始めるものらしい。
僕は、「レーザーくらい行けるだろ!」と意気込んで、今シーズン中に相談に行ってみたが、「シーズン中だと鼻水が邪魔でうまく焼けず、効果があまりない」と言われてしまった。

花粉症との本格的な戦いは、オフシーズンにやるべきだということだ。

余談:「眠くなる花粉症の薬」について

薬で眠くならない僕だが、ガチで強い薬を貰って、初めて「眠気」を実感した。
あれは、「眠い」というよりも、「意識が朦朧とする」の方が近い。
軽い睡眠薬を飲んだような感覚に陥る(睡眠薬飲んだことないけど)

花粉症の時期は、薬の副作用との戦いも避けられないのかもしれない。
こんな時期に仕事とかマジで辛いけど、頑張るしかないってことか。
(早くレーザーやりたい)

-生活

Copyright© ワイズクラウド , 2018 All Rights Reserved.