ワイクラ

配当割引モデルを使って適正株価を判定!「投資価値理論」

スポンサーリンク

投資を極めようと頑張っていたら、証券アナリストの勉強まで始めてしまいました。どうも、ケントマンです。

株価の「安い・高い」の判定って難しいですよね。そんなときに役立つのが、企業の「内在価値」を計算するというもの。その手法はいろいろあるんですけど、その中の「配当割引モデル」というのを紹介します。

「配当割引モデル」とは何なのか

現在価値と将来価値

例えば、年利1%の金利が受け取れる預金口座があるとします。そこに1万円預けると、一年後には10100円になりますよね。この時の、「預けたときの1万円」が「現在価値」、「一年後に受け取れる10100円」は、「将来価値」ってことになります。

将来価値を配当から計算する

配当割引モデルでは、「企業の価値は、その企業がこれから支払っていく配当の合計から考える」的なのが基本姿勢。まずは、これから支払われていくであろう配当の金額を計算する(将来価値)。それを、適正な割引率で「現在だったらこれくらいの価値」というのに割り戻す(現在価値)。という感じです。イメージ的には。

計算式もしっかりあります

シグマとか使います。別に、難しくないですよ。やり方をわかっていれば、あと、決算書の読み方くらいわかれば、誰でも計算できる代物です。詳しい計算方法なんかは、「投資価値理論」という本に載ってます。これが原型らしい。

「投資価値理論」では、投資の考え方なんかも学べるので、結構勉強になりました。数式もたくさん書いてあるので、ちょっと疲れましたけどね。

配当割引モデルを使うと何がいいのか

「企業の適正株価」がわかるっちゃわかる

配当割引モデルでちゃんと計算すると、「この企業の価値はいくら」というのが出ます。それと現在の時価総額を比べてみれば、「割安だ」「割高だ」というのがわかるんです。ここで計算される企業価値は、証券会社のサイトにも、四季報にも載ってない数字です。

ただし、あくまでも「指標」であるのを忘れずに

実際に計算してみるとわかるんですけど、数字(成長の見込みとか)をちょっといじっただけで、結果がかなり変わるんですよ。計算ミスなんかは、エクセルでも使えば防げるでしょうけど、そもそもの「入力する数字」が的外れなものだと、計算して出た「企業価値」も、的外れなものになってしまうんです。

企業分析はいろんな視点から

配当割引モデルや、似たような「ディスカウント・キャッシュフロー・モデル」なんかは、それが「絶対」ではなくても、「指標の一つ」として考えるのが妥当だそうな。面倒ですけど、投資先はじっくり選んだほうがいいので、いろんな視点で分析したほうが賢明なんですよね。きっと。

ファンダメンタルズ分析をやっているのなら

配当割引モデルやディスカウント・キャッシュフロー・モデルを取り入れてみると、「株価に対して割安か」がよりわかりやすくなると思いますよ。計算するのがなかなか面倒なので、僕はかなり絞り込んでからやるようにしてますけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 投資

  関連記事

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などを買う時に用いられる買い方です。 ザックリ言えば、「一気に買わないで、ゆっくり買おう」という買い方。 ドルコスト平均法の …

お金がないときに投資に手を出したら後悔した話

失業中に株式投資に手を出したら大儲けして、しばらくその利益だけで一人暮らししていた時期があった。 それで味を占めた若かりし頃の僕は。働くようになってからは、「給 …

僕がSBI証券を選んだ理由と、証券会社選びのポイント

株の取引をするには証券会社は必要ですし、投資信託や国債を買ったりするにも証券会社は便利。僕は20歳の頃から株を始めたわけですが、その頃から今までずっと「SBI証 …