ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

Google検索は信用できない?SEOによる汚染が広がる

更新日:

SEO(検索エンジン最適化)を施してサイトを作れば、Google検索の上位にサイトを表示させることができるらしい。2016年頃に話題になったWelqというサイトなんかも、SEO頑張っていた。

というか、いろんなサイトが頑張ってるんだけど。

なぜ、Google検索で上位表示されたいのか

なぜ、SEOを頑張るのか?それは、「儲かるから」だ。例えば、「クレジットカード おすすめ」のようなキーワードでGoogle検索の上位にサイトが表示されれば、儲かる。ちなみに、「クレジットカード おすすめ」で検索すると、成果報酬型広告による儲け目的のアフィリエイトサイトがたくさん出てくる。

アフィリエイトサイトは、その他にも多数遭遇する。妻が妊娠中に、妊婦に良い食事を何となくGoogleで検索してみると、「妊婦には葉酸だ!おすすめの葉酸サプリはこれだ!」みたいなサイトが出てきてちょっと引いた。

Googleは、アフィリエイトサイトにかなり汚染されている。まあ、自分も人のこと言えないのだが。そういうのを知っているから、僕はあまりGoogleを使わないようにしている。それでも、使っちゃうんだけどね。

Google検索をしていて一番気になったこと

「無駄な話が多い」

そういうサイトが増えている気がする。少し前の、「長文SEOブーム」のせいかな?長文書けばGoogleで上位表示されやすいんじゃね?というあれ。長文SEOブームは過ぎ去ったらしいが、まだまだ長文サイトは上位表示されている気がする。

とにかく、僕はネットで長文読まないので、ちょっとした調べものしたいだけなのに長文サイトに遭遇するとイラっとしてしまう。

「おすすめのWi-Fiルーターはどれか?」を知りたいのに、いちいち「Wi-Fiとは?」から入ってくる、みたいな。あれ、ホントやめてほしい。

でも、Googleが悪いのかな?「情報が豊富なサイト」が好きなんでしょ?Googleさんは。アルゴリズムはいろいろ変えていってるみたいだけど。

あ、Google検索はいまいち信用できないって話

簡潔に言うと、「誰が書いたんだかよくわからないサイトの存在」がでかいんじゃないかな。このブログみたいにさ。専門サイトっぽく作られてても、素人が作ったただのアフィリエイトサイトだったりするし。Welqの問題みたいなのは尽きないし。

こんなブログでも、そこそこ人気のキーワードで上位表示されたりするし。

Google検索は、検索する内容によっては全く信用できないよね。投資のノウハウとかは、その最たる例だと思う。何でも信用するより、何でも疑う人間になったほうが、現代では損しないのかもね。

■この記事が気に入ったらシェアして下さい!■

-スマホ

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.