ワイクラ

フリーターは書類選考が通らない!からの脱出方法

スポンサーリンク

正社員を目指して就職活動をしているフリーターが、「書類選考が通らない!」という悩みを抱えてしまうことも少なくないそうな。

僕自身、結婚を期にフリーターから正社員への道を最近模索し始めたんですけど、フリーター暦しかなくても、書類選考は通った。とりあえず3社応募して、2社は通った。

もし、「書類選考が通らない!」と悩んでいるのなら、書類の書き方が悪いか、企業の選び方が悪いか、どちらかの問題を抱えている可能性がある。

もしくは、就職活動のやり方が間違っているか。フリーターでも、やり方によっては正社員求人の書類選考も通過できると実感した。ここでは、その方法をシェアすることに。

フリーターが書類選考を通過するために

選考書類、特に「職務経歴書」はちゃんと書く

僕はフリーター向けの転職エージェントに相談に行っている。そこで言われたのが、「履歴書はともかく、職務経歴書はきちんと書いたほうがいい」ということ。

書きすぎてもあれなので、A4の用紙一枚に収まるくらいに、しっかり書く。ここは、ないがしろにしてはいけない点らしい。

書類(履歴書、職務経歴書)の書き方がわからなくても

職務経歴書の書き方がわからなくても、ネットで検索すればテンプレートもたくさん公開されているし、僕みたいに転職エージェントに相談に行くという手もある。

エージェントを使えば書類選考も通過できる

転職エージェントは、無料で求人の紹介から面接の指導までやってくれる就職支援サービス。「リクルートエージェント」とか有名。

エージェントは、「就職したい人」と「会社」との間に入って仲介してくれる。つまり、会社に自分を推薦してくれるので、フリーターでも書類選考に通過しやすかったのではないかと思っている。

転職サイトで普通に応募しても、なかなか書類選考通らなかったのに。

書類選考が通らないときに使いたい転職エージェント

書類選考なしで正社員求人の面接まで行ける「JAIC(ジェイック)」

10日間の就活講座をガッツリ受けて、書類選考なしで面接まで行けるシステムを持っているJAIC(ジェイック)。フリーターから正社員になりたい。正社員になりたいけど、書類選考が通らない。そんな悩みを持っている人におすすめしたいフリーター向け転職エージェント。

拠点数もかなり多く(東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、福岡、広島、宮城にある)、東京以外のフリーターでも使いやすい。もちろん、全てのサービスを無料で受けることができる。まずは説明会に参加するところから始まるので、予定が合えば行ってみるといい。

JAIC

困ったときは転職エージェントを使うとスムーズに進む

東京にあるフリーター向け転職エージェントは、「ハタラクティブ」が有名。対応が丁寧です。

フリーター向けの転職エージェントなら、フリーターでも就職できる会社を厳選してくれる。自分の希望をちゃんと聞いてくたし。それに、職務経歴書や履歴書の書き方、面接の仕方だって、しっかり教えてくれる。

もしも、「ちゃんとした就活なんてしたことない!」というのなら、一度、転職エージェントに相談に行くのがいい。東京都内には充実してる。しかも、全部無料で使えるし。必要なのは交通費とかだけ。

ハタラクティブ

就職活動時に考えたいこと

大手企業だとフリーターは厳しいのか

「安定」という妄想から、大手企業はとにかく人気がある。正社員から正社員の転職で、大手を目指す人も少なくない。

結局のところ、転職だって競争。ライバルが多いところだと、勝率が下がってしまう。大手の転職エージェントの中には、フリーターを受け付けないところもあるし、そういう傾向は、選考する側の企業だって同じはず。

面接まで行けない原因は

書類選考に落ちまくる原因は、「選び方が悪い」というのもあるかもしれない。

競争の激しいところだと、フリーターは不利になる可能性が高い。中には、細かい経歴をそんなに気にしないで、人柄や印象を大事にしてくる企業もあるので、根気よく探してみるのも大事だとも感じている。

「大手企業は安定している」という妄想

大手だって、傾くときは傾く。リストラだって可能性はある。このご時勢、いつ何が起こってもおかしくはない。そんな当たり前のこと、みんな考えないようにしすぎだと感じている。

それに、「大木ほど、勢いよく倒れる」という言葉もあるし。

目立っている企業だけが「優良」なわけではない。中小企業にも、いい会社はたくさんある。ベンチャーで成長を楽しむという選択肢もある。

広い視野で世の中を見れば、「大企業にこだわる必要なんてない」と気付くはず。

正社員だって書類選考が通らないもの

正社員をずっとやってた友達の転職活動の話を聞いたとき、やっぱり「書類選考はちょいちょい落ちる」って言ってた。転職なんて、そんなもんなんでしょうよ。

大手エージェントの話だと、転職活動するのなら、「16社くらいは受けたほうがいい」ということ。内定もらえる確率を考えての話だそうな。正社員への道は、なかなかに険しい模様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - フリーター

  関連記事

フリーターは不安だった!不安定から脱出するためにやったこと

フリーターは、何となく不安だった。普通にやっていけていたけど、「正社員になりたくなったときに、なれないかもしれない」とか思うと、不安に駆られていた。 若いうちは …

フリーターでも作れるクレジットカード!アルバイトでも作れた

フリーターの大きな弱点が「信用がない」ということ。そりゃ、正社員とは比べ物にならないほど、信用がないわけですよ。 だから、クレジットカードの審査にも落ちやすい。 …

自由に働く?派遣という働き方のメリットとデメリット

フリーターとしてふらふらしていたころ、派遣社員として働いた経験もある。ここでは、その時の経験を踏まえて、派遣として働くメリット、デメリットとか、いろいろ書いてみ …