ワイクラ

あなたの役に立つ情報を

フリーターから抜け出すには?効果的な脱出方法を紹介

更新日:

フリーターから抜け出したいなら正社員を目指そう

フリーターから抜け出すには、正社員になることを目指すのがいいです。なぜなら、フリーターからぬけだすには、正社員になるのが一番簡単だからです。

独立したり、起業したりという脱出方法もあるでしょうが、いまいち現実的ではありませんよね。「正社員が安定している」とは言いませんが、正社員になれば収入が増える可能性が高いですし、社会的信用も得られるので、フリーターから抜け出すには、最善策だと言えます。

フリーターから抜け出して正社員になるには

難しいことは必要ありません。とにかく、就活すればいいだけです。本当にそれだけ。内定を貰うには時間と根気が必要なので、正社員として就職できるまでひたすら頑張る。

たったそれだけのことで、フリーターから抜け出して正社員になることができます。やるべきことは単純。脱出成功までは意外と長い道のりかもしれませんが。

フリーターから抜け出すメリットをもう少し

もしも、あなたが、一度も正社員経験のないフリーターなら、できるだけ早くフリーターから抜け出して正社員になっておいたほうがいいです。理由は、「選択肢を広げておく為」です。

フリーターの経験しかないと、職務経歴が弱いことこの上ありません。今後の選択肢が狭くならないように、一度はフリーターから抜け出して会社員として働いておいたほうがいいんです。

若いうちじゃないと、「フリーターから抜け出して正社員になる」がどんどん難しくなり、「フリーターから抜け出すにはどうしたらいいんだ!抜け出せないぞ!」となるでしょう。後悔してからじゃ遅いんです。「フリーターから抜け出すには?」と思ったら、すぐ実行して下さい。

フリーターから抜け出すには?脱出して正社員として就職する方法

考えられる方法は、いくつかあります。転職サイトを使って一人で地道に頑張るのよし、ハローワークに通って相談しながら就活するのもよし、アルバイト先の人事と仲良くなって正社員登用を目指すのもよし。

そんな中でも、僕は、「転職エージェント」を使うことをおすすめします。なぜなら、かなり厚い就職サポートを無料で受けることができるからです。

それに、フリーター向けの転職エージェントなら、フリーターでも積極的に採用してくれる求人を多く持っているので、フリーターから抜け出すには重宝します。

フリーターから抜け出すには転職エージェントで就活を

転職エージェントは、無料で書類作成の手伝いとか面接の練習とか求人の紹介とか会社への推薦とかやってくれる人材紹介会社。民間のハローワークのようなところです。

あなたに担当者がついて、相談しながら就活を進めることができるので、就活に不慣れなフリーターでも、安心して就活できます。

「公的なハローワークじゃダメなの?」と思うかもしれませんが、ハローワークの求人は評判が悪いですし、説教してくるような職員もいたりしますし、個人的に雰囲気があんまり好きになれないので、おすすめしません。

フリーターが転職エージェントを使うときの注意点

転職エージェントで有名なのは、「リクルートエージェント」や「DODA(デューダ)」あたり。しかし、この辺の転職エージェントは、フリーターだと登録拒否されるケースが多いです。

なぜなら、優秀な人材が多く集まってくるから。エージェントも暇じゃないので、フリーターの相手をしている場合じゃない時もあるんだと思います。

転職エージェントの中には、「フリーターでも歓迎」のようなところもあるので、フリーターから脱出して正社員になるには、そういう転職エージェントを使うのがベスト。

扱っている求人も、「フリーターでも正社員になれる求人」が多いので、書類選考も普通に通過しやすいんです。エージェントの担当者が「未経験でもできる仕事にはこんなのがある」というのも教えてくれますし。

だから、フリーターから抜け出したい時は、転職エージェントを使ったほうが絶対にいいんですよ。

転職エージェントの使い方

まずは、公式サイトから登録します。登録したら、「面談いつにしますか?」という連絡が来るので、日程調整。その後、エージェントのオフィスで担当者と面談し、希望条件を伝えたり、あなたに合った求人を紹介して貰ったりします。

応募する求人が決まったら、職務経歴書や履歴書を作って添削して貰ったりして、書類選考。無事に通過したら、面接対策をしてもらったりして、面接。内定貰えたら、アフターフォローもして貰える。

こんな流れです。基本、登録してしまえば、流れに乗るだけで大丈夫です。あとは、ひたすら就活を頑張るだけ。意外とすぐに内定を貰える時もありますし、長引く時もあります。

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

東京でフリーターから抜け出したいなら「ハタラクティブ」

フリーター向けの転職エージェントとして有名なのは、まずは「ハタラクティブ」。

ハタラクティブは、東京の渋谷と立川にオフィスがあるので、どちらかに通って面談したりすることになります。求人は関東中心。対応が丁寧で、フリーターでも正社員になれる求人を数多く扱っている、東京近郊でフリーターからの抜け出すには最適なエージェントです。

ハタラクティブ

書類選考なしで面接まで行ける「JAIC(ジェイック)」



少し特徴的な転職エージェント。登録したら、まずは説明会に招待され、納得すれば「10日間の就活講座」を受けます。これを受ければ、書類選考なしで、JAICが厳選した企業との面接に臨むことができます。

東京以外にもオフィスが複数あるので、地方のフリーターでも使いやすいというメリットも。

JAIC

実際に企業で20日間ほどの実習を受けられる「若者正社員チャレンジ」

大手転職エージェント「DODA」と同じ会社が運営している、フリーターやニート向けの就職支援サービス。カウンセリングや求人紹介などは他のエージェントと同じですが、若者正社員チャレンジでは、「企業で約20日間の実習に参加できる」という特徴があります。

フリーターやニートでも積極的に採用してくれる企業の求人が揃っていて、スタッフのサポートも充実。実習期間に応じて、最大で10万円の奨励金も貰えるので、アルバイトを休んでも、収入の心配はないと思っていい。

残念なのは、「東京限定」というくらい。あと、29歳以下の若者じゃないと使えません。

若者正社員チャレンジ事業

フリーターから抜け出すには意外と大変な場合も

正社員への転職は、「数打てば当たる」の世界なので、根気が必要です。すぐに内定が貰えるかもしれませんし、長引くかもしれません。

フリーター向けのエージェントが持っている求人なら、転職サイトを使ってやるよりも、フリーターでも書類選考は通過しやすい印象ですが、その先は本当に「ご縁があるかどうか」に懸かってます。

人との相性があるように、会社との相性もあります。つまり、「フリーターから抜け出したいなら、いちいちめげないで、数をこなして下さい」ということです。

フリーターから脱出する前にアルバイトを辞めるべきか

派遣として働いている場合、契約満了まで働いて辞めれば、会社都合での退職扱いになるので、失業保険を早めに受け取ることができ、就活をしやすい環境を整えやすいです。

しかし、アルバイトの場合はそうもいかないので、疲れると思いますが、アルバイトを続けながら就活するべきです。生活できなくなったら、就活どころじゃないですから。

転職エージェントは複数使うと効率的に就活できる

転職エージェントは複数使っても大丈夫なので、時間に余裕がありそうだったら、複数使ってみるのもありです。担当者との相性もありますし、それぞれ持っている求人も違うので。

■この記事が気に入ったらシェアして下さい!■

-フリーター

Copyright© ワイクラ , 2017 All Rights Reserved.