ワイクラ

電力小売り自由化って何?仕組みなどをわかりやすく解説

スポンサーリンク

電力事業の仕組みを理解すれば、電力小売り自由化もかなり理解できます。

まず、電力事業は、以下の3つの事業者で成り立っています。

  • 発電事業者
  • 送電事業者
  • 小売事業者

これを並べればわかりやすくないですか?

電力小売り自由化の仕組み

電力を販売する事業者が増えたってだけ

つまり、電力小売り自由化っていうのは、「小売事業者」の部分に、ライセンスを取得したいろんな会社が参入できるようになったというものなんです。

なので、東京ガスとかauとかENEOSとかがいきなり発電所を作って発電し始めたとか、そういうわけではありません!

東京ガスなどに電力の申し込みをすると、東京電力などと「スイッチング」という手続きをして、販売会社が切り替わる。簡単に言っちゃうと、そんな単純なものなんです。

全面自由化は2016年4月からスタートしたけれど

実は、その数年前から自由化は始まってました。

2016年4月から自由化が始まったのは、「低圧電力」の部分。低圧電力は、一般家庭や小さな店舗向けの電力です。

低圧電力の自由化の前に、特別高圧(大きめのビルなど向け)、高圧電力(マンション程度の建物向け)の小売り自由化はされてたんです。

「残りは、低圧だけだ!」という状態のところに、2016年4月から低圧も小売り自由化されたことにより、「電力小売り全面自由化」という状態になったというわけです。

電力小売り自由化のメリットとは

切り替えれば基本的に安くなる

東京ガスなどに切り替えれば、基本的に安くなると考えて問題ないようです。電力小売り自由化のメリットは、「安くなる」くらいなもんでしょう。

価格競争が激化すれば、今後もっと安くなる、かも。

ちなみに、電力を切り替えたからと言って、「必ず安くなる」とは言い切れないんですけど。

サービスを使っている会社の電力に切り替えれば割引も

東京ガスを使っている場合、東京ガスで電力の申し込みをすればセット割が受けられる。各社、そんな感じのセット割を用意しています。

なので、電力の切り替えを考えているのなら、普段から愛用している会社を選んだほうがお得な可能性が高いです。

電力小売り自由化の注意点

切り替えができない場合もある?

東京電力とかで契約しているプランによっては、「東電側でプラン変更してからじゃないとできません」なんてこともあります。

とりあえず申し込めばわかりますけど。

逆に高くなるケースもある!?

売電契約なんかをしていたりすると、「逆に高くなる!」というケースもあるそうな。

切り替えには2~3週間程度かかる

東京ガスやauなんかに申し込んでも、すぐに切り替わるわけじゃなく、これくらいのタイムラグが生じることは覚えておいたほうがいいかも。

電力の利用明細はどうなる?

これは、販売会社が発行してくれるようになります。ただ、有料だったりもするので、その辺はご確認を。

電力小売り自由化の仕組みは非常にシンプル

販売会社を選べるようになっただけ。それだけ。

停電のリスクや倒産のリスクなんかも十分に考慮されているので、その辺は心配しなくて大丈夫だそうな。

手続きもそんなに面倒じゃないので、とりあえずやってみるといいですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 生活

  関連記事

高校3年生で不登校になってしまった方必見!留年が決まっていても通信制高校なら卒業出来る理由とは?

※じゃめこさんから寄稿して頂きました!※ 高校3年生で不登校になってしまう方も現代では少なく有りません。 高校生になると人間関係も複雑化してきて、友人関係のトラ …

SNS嫌い!ソーシャルメディアが苦手な理由

SNSを活用しているブロガーはたくさんいる。僕の場合、ブログを書くのは好きだけど、SNSは苦手。他のブロガーを見ていて「やらなきゃ!」と思ってやってみても、全然 …

寒い部屋の中を何とか暖かくしようと思ってやった施策

いやー、冬はやっぱり寒いですね。フローリングの部屋は寒い!なんか窓から冷たい風が流れてきてる!などなど、悩みは尽きない冬の部屋の中。 暖房つける、コタツを使う、 …