クレジットカードを使わない生活を実現するツール

投稿日:

クレジットカードは怖い一面も持っている(リボ払いによる借金地獄など)。それに加えて、クレジットカードを使う習慣があると、現金支払いしかしない場合よりも支出金額が大きくなるというデータもある。

【参考】で紹介している記事に書いてあるように、「固定費(ケータイ代やネット代、水道光熱費など)だけクレジットカード払い」という方法もある。

それ以外はクレジットカードを使わない。財布に入れておかない。それでも、「クレジットカードを使わない生活」はある程度可能。

ここでは、「クレジットカードを全く使わない生活」をする上で、あると便利なツールを紹介。

デビットカード(J-Debit)を使う

銀行のキャッシュカードで口座から直接支払い

口座残高があれば、銀行のキャッシュカードで買い物することができます。デビットカードによる支払いは、口座から即時引き落としになるので、現金と同じような感覚。

対応していない銀行もある

「J-Debit」に加入していない銀行だと、当然ながらデビットカード(J-Debit)の機能はありません。大手都市銀行(三井住友など)はだいたい加入してます。「住信SBIネット銀行」は非加入でした。

自分の持っている銀行が対応しているかは、J-Debitのサイトで検索できます。

対応していないお店もある

「J-Debit」に加入していないお店だと、デビットカードの機能を使うことができません。

VISAデビット・JCBデビットを使う

VISAやJCBマークが付いたデビットカード

上記のデビットカードにVISAマークなどが付いたカード。支払いは、やはり口座から即時引き落とし。お店で使う時は「クレジットカード」と同じような扱い方をされるのが特徴。「一回払い」がキーワード。

VISAやJCB加盟店で使える

J-Debitに加盟していないお店でもデビットカードが使えます。VISAデビットなら、VISAの加盟店。JCBデビットなら、JCBの加盟店。なので、Amazonや楽天などのネットショップでもデビットカードを使うことができます(J-Debitは不可)。

クレジットカードのように番号があるので、クレジットカード番号を入力する欄にVISAデビット・JCBデビットの番号を入力すればオッケー。

多くの銀行が発行している

出始めこそ少なかったんですが、今では多くの銀行が発行している。発行申込も簡単。VISAデビットなどの為に新たに口座を作るのも良し。クレジットカード並みにポイント還元率が高い楽天のJCBデビットのような存在もある。

【楽天JCBデビットの詳細を見てみる】
楽天JCB デビットカード

稀に使えないお店もある

VISA加盟店でもVISAデビットが使えない。そんなお店も稀に存在する。携帯電話の料金やネット回線、公共料金などでも使えますが。

電子マネー(Suicaなど)を使う

チャージしておけばキャッシュレスで買い物可能

言わずと知れた電子マネー。種類が多いのが難点。ポイント狙いなら、お店によって使い分けるのも悪くない。

使えないお店もある

チャージした分だけ使えて、キャッシュレスの支払いも可能になるのが電子マネーの魅力。しかしながら、使えないお店はまだまだ多い。今後の普及に期待しよう。

VISAなどのプリペイドを使う

VISAなどのブランドが付いた電子マネーのようなもの

電子マネーにVISAなどのブランドが付いたものだと考えるとわかりやすい。チャージして使うのは電子マネーと同じ。「auウォレット」が有名。ちなみに、「auウォレット」はMasterCardのブランドが付いている。

その他、セゾンが発行している「NEO MONEY」とい、VISAプリペイドもある。「海外用」とやたら書いてあるが、日本国内でも利用可能。チャージのしやすさを考えると、「auウォレット」よりも便利だと感じている。

【詳細を見てみる】
NEOMONEY

VISA加盟店などで使える

「auウォレット」なら、MasterCard加盟店。「NEO MONEY」なら、VISA加盟点。つまり、VISAデビットのようにネットショップでも利用可能。

対応していない支払いもある

携帯電話料金、ネットのプロバイダー料金など、対応していない支払いもある。その辺の支払いは、VISAデビットか銀行引き落としに頼ったほうがいいだろう。

現金のみにこだわらなくてもクレジットカードを使わない生活は可能

現金と銀行引き落としのみだと、何かと不便な世の中。クレジットカードを使わないで、他の便利な支払い方法を持っておくのもあり。

-クレジットカード

Copyright© ワイズクラウド , 2017 All Rights Reserved.