ワイクラ

クレジットカードの旅行傷害保険とは?海外旅行に行くときは特に気にしたい

スポンサーリンク

だいたいのクレジットカードには、旅行傷害保険というものが付帯しています。

旅行傷害保険というのは、旅行先で何かあったときに保険金が下りるもの。海外旅行に行くときには、特に気にしておきたい保険です。

旅行傷害保険の種類と補償範囲

国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険

これは文字通りです。

クレジットカードの旅行傷害保険は、一般的に海外向けが強いです。国内旅行傷害保険は、「年会費が掛かるカードじゃないと付帯していない」というケースが多いです。

何があったら保険金が下りるのか

それは、以下の通りです。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害、疫病の治療
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用

これだけじゃわかりにくいので、簡単に解説します。

傷害死亡・後遺障害

旅行先で死亡してしまった場合、もしくは、事故などで後遺障害が残ってしまった場合に適用される。一般的に、ここの補償金額が一番高い。

傷害、疫病の治療

旅行先でケガをした、病気にかかった。治療費が発生した。そんなときに適用される。

賠償責任

旅行先で何か壊してしまった(ホテルの壁など)。賠償しないといけない。そんなときに適用される。

携行品損害

事故で持ち物が壊れてしまった。そんなときに適用。基本的に、自己負担額(保険がきかない金額)が3000円くらいで設定されている。

救援者費用

自分が旅行先で入院してしまった。家族がこっちに来なくてはいけない。そんな理由で渡航費が発生した場合などに適用。

旅行傷害保険を見るときのポイント

基本的に、一番高い補償金額が提示されているのが、「傷害死亡・後遺障害」と「賠償責任」。

ここだけ見て「お、2000万円も補償してくれるのか」とあっさり考えてしまいがちですが、もっと気にするべきところは他にあります。

そもそも、「傷害死亡・後遺障害」で保険金が下りたとしても、自分が死んでしまってたら、全然嬉しくありませんもの。

では、旅行傷害保険で一番気にしてほしいところはどこか。それは、「傷害、疫病の治療」の部分です。

海外での医療は高額

海外旅行傷害保険を気にするなら、ここを一番見るべきです。

なぜなら、海外での医療費は、高額だからです。日本国内と違って、健康保険が適用されません。

海外だと、虫垂炎(盲腸)の手術をしただけで、数百万円かかってもおかしくないそうです。ケガした場合なども、日本国内よりも医療費が高額だと覚悟しておくべきです。

海外は何かと勝手が違うので、海外旅行に行く際は、旅行会社から掛け捨ての保険に入ることが勧められるってわけです。

「傷害死亡・後遺障害」の補償金額じゃなく、「傷害、疫病の治療」の補償金額をしっかり見たほうが賢明だと言えるでしょう。

旅行傷害保険についての豆知識

利用付帯と自動付帯に注意

旅行傷害保険院は、利用付帯自動付帯があるので、注意。簡単に言えば、こういうことです。

  • 利用付帯:旅行代金をそのクレジットカードで支払った場合に適用
  • 自動付帯:そのクレジットカードを持っているだけで適用

カードによって、「全部利用付帯」「海外は自動付帯だけど、国内は利用付帯」「この金額は自動付帯だけど、残りは利用付帯」のように、制約がそれぞれ違うので、旅行傷害保険目当てでカードを作る場合は、この辺をきちんと確認しておいたほうがいいです。

年会費が掛かるクレジットカードのほうが内容が充実している傾向

一般カードよりもゴールドカード。ゴールドカードよりもプラチナカードという感じで、年会費が掛かるカードのほうが補償内容が充実している傾向があります。

そこそこ海外に行く方は、ゴールドカードあたりの年会費を払う価値がある場合があります。

また、流通系のカード(パルコなど)よりも、銀行系のカード(三井住友VISAカードなど)のほうが旅行傷害保険がしっかりしている印象です。

三井住友VISAカードの付帯保険一覧!安心の補償が充実

保険金を出すのはカード会社ではない

本当に豆知識。この旅行傷害保険は、カード会社本体が保険金を出してくれるわけではなく、提携している保険会社(損保会社)が出してくれるような仕組みになってます。

なので、カード会社に「この保険、詳しく教えて」なんて言っても、「詳しい内容については、こちらの保険会社にお問い合わせ下さい」と返されます。

カード会社は、基本的に簡単なことしか把握してないことが多いですから。

海外に行くときにはご確認を

手持ちのカードにどんな保険が付帯されているのか。海外に行く場合は特に、この辺を確認しておくといいです。

また、頻繁に海外に行くような方は、掛け捨ての保険にその都度入るよりも、クレジットカードの年会費を支払っていたほうがお得な場合もあるので、ご確認あれ。

もう一つの魅力!クレジットカードの付帯保険を知っているか

クレジットカードの仕組みをわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - クレジットカード

  関連記事

クレジットカードを使わないだけで意外と節約できる不思議

クレジットカードは、ポイントが貯まる。明細もしっかり残るので、クレジットカードを頻繁に使ったほうがお得だし、節約意識も芽生えるのではないか? 現実は、そんなに甘 …

Ponta(ポンタ)ポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカード

ローソンやゲオ、ケンタッキーなどで使えるPonta(ポンタ)ポイント。その他にも提携店がかなりあるので、実は汎用性が高い。僕も、クレジットカードのポイントはPo …

ポイント還元率が1%以上の年会費無料クレジットカードまとめ

僕はクレジットカードのポイントなんてごくたまにしか見ないし、買い物するときにも全然気にしないんだけど、使うなら、やっぱりポイント還元率が高いクレジットカードのほ …