ワイクラ

クラウドバンクの特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

スポンサーリンク

クラウドバンク(日本クラウド証券)がやっているソーシャルレンディングの特徴とメリットについてまとめてみました。クラウドバンクは、一万円からソーシャルレンディングが始められたり、担保以外にも保証人を設定していたり。予定利回りも悪くない。

ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介

クラウドバンク

クラウドバンクのソーシャルレンディング

一万円からの少額で始められる

まだまだ世の中に浸透していない感じの投資手法の一つ、ソーシャルレンディング。クラウドバンクなら、最低で一万円から始めることができるので、「ソーシャルレンディングってどんなもの?」を実際にやって確かめたいときにはもってこい。

目標利回りは5%~7.5%

税引き前の年率の目標利回りは上記のようになっています。それでも、定期預金や国債なんかに比べると、圧倒的に高い利回り。まあ、リスクは違いますけど。

貸し倒れ0件の実績

「今までは」という話。これからどうなるかは保証されてません。貸し倒れリスクがあるのは当然。国債みたいに無リスクってわけにはいかないのが、ソーシャルレンディング。

分配金が毎月貰える

運用状況によってもらえない月もあるそうな。ちなみに、分配金は再投資したほうが利回りが良くなるので、浮かれて消費しない方が無難かと。

担保と連帯保証人を用意

ソーシャルレンディングにおいて、担保を確保するのは当たり前になっています。中小企業などに資金を融資するので、当たり前っちゃ当たり前なんですが。

クラウドバンクのソーシャルレンディングでは、担保に加えて、融資先の代表者に連帯保証人になってもらうようにしているそうです。

しかしながら、担保も連帯保証も全てのファンドでやっているわけではないようなので、ファンドごとに確認が必要。

少額でソーシャルレンディングをやるなら最適

特徴があるんだかないんだかわからないってところですかね。クラウドバンクのソーシャルレンディングは。

特筆するところがあるとしたら、「一万円から始められる」というところ。時期によって扱っているファンドは違うので、ちょいちょい覗いてみるのもいいかもしれませぬ。

クラウドバンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 投資

  関連記事

NISA口座を使っている人は2017年9月30日までにマイナンバーの提出を

今後、NISAを使うにはマイナンバーが必要になるんだとか。現在NISA口座を持っている証券会社に提出する必要があるんだとか。 何でも、2016年の元日から、所得 …

個人向け国債の特徴!最低金利保証もあるが銀行預金並みに金利が低い

銀行などでよく見かける個人向け国債の特徴とメリットについて。 個人向け国債とは何か 個人投資家しか買えない国債が、個人向け国債。国債を買うと、日本にお金を貸して …

不動産投資の勉強!セミナーでプロから学ぶ

どことなく「手軽な」イメージのある株式投資とは違い、不動産投資には全く手軽なイメージがないですよね。 それもそのはず、1万円あればとりあえず始められてしまう株式 …