ケントマンのお金のブログ

実証済み!賢くお金を貯める方法のまとめ

瑠

収入が本当に少なかった時期はかなり大変だった。不思議なもので、収入が少ない時ほど「お金を貯めこんでおかないと!」という焦りがあった。

頑張って頑張って、収入が少ないながらも貯金していたあの頃の苦労は今でも活きている気がする。

ここでは、僕が実際にやってきた(やっている)「お金を貯める方法」を事細かに書き綴っていく。お金がなかった頃のことも思い出しながらじっくり書いてみるとするか。

スポンサーリンク

上手にお金を貯める方法のテッパンはこれかな

いろんな方が推奨している「天引き貯金」という貯金術

ちゃっかい僕も推奨している。「天引き貯金」とは、簡単に説明すると「貯金は真っ先にやろうぜ!」というもの。余ってから貯金しようと思っても、余らない。だから、先に貯金する。

税金のごとく給料から天引きする

税金とか保険料は給料から天引き。給料が入った瞬間に、「このお金は貯金なんだ!」ということで隔離してる。

貯金専用の銀行口座を用意しておくと楽チン

僕の場合だと、一つの銀行口座で何でもかんでも管理すると、貯金額が曖昧になってガサツになってた。だから、「貯金専用の銀行口座」を作って、「貯金は今~円ある」というのを明確にしている。

貯金用口座としておすすめ!住信SBIネット銀行の目的別口座

給料が入ったら貯金専用の口座に貯金額を移動

貯金用の口座を持っておくと、天引き貯金がやりやすくなる。収入が少ないながらも、徐々にお金が貯まる光景はなかなかいいもの。いつも上手くいったわけじゃないけど。

貯金用の口座は住信SBIネット銀行にしている

ネット銀行の住信SBIネット銀行には、「目的別口座」という機能がある。ネット上に「貯金用」とか勝手に名前を付けてサブ口座を作れる機能。「代表口座」とは別に。

お金は、ネット上で振り替えて出し入れする。これのいいところは、「代表口座」にお金を入れないとATMで引き出せないところ。目的別口座を使えば、貯金を隔離できる。あとは、自分の気持ち次第。たまに引き出していたこともあったのは反省点かな。

貯金額はある程度決めている

少ないときは1万円のときもあった。とりあえず決めておくと、多くできたときは達成感があるし、少ないときは「もっと頑張ろう」となる。貯金額を決めておくのは、気持ちのコントロールの為だと思ってる。

貯める目標を作るのもやっている

「今年は一年間で20万円貯めるぞ!」みたいな目標。とりあえず手帳とかに書いておく。これも、気持ちの問題でやってる。「お金を貯める」という個人的な目標がぶれないようにするためのもの。

お金の管理をしっかりやって使い方をコントロール

家計簿的なものをつけている

主婦が使うような「ザ・家計簿」みたいなのは買ったことがない。自分でやりやすいように自作していることのほうが多かった。既成のツールを使ったこともあるけど。

何はともあれ、家計簿をつけるようにはしている。自分の支出が明らかになると、反省点とか見付かる。やっぱり気持ちの問題。

月だけじゃなくて、一日ごとに管理していたことも

今では一か月ごとにまとめてザックリつけてるけど、本当にお金がなかった時代は、一日ごとに支出金額を書いてガッツリ管理してた。この時はかなりのプレッシャーとストレスがあった記憶が。

そこまでしないとお金が貯められなかった時代。今ではいい思い出。またあんな時代が来ても、きっと上手くやっていける気がするような、もう無理なような。

家計簿は手帳を使ってた

一日ごとに支出を記録していた時代の話。一日ごとの支出を記録できるページが当時使っていた手帳にあった。

「一日1000円以上は使わない!」という制約を作って、家計簿を毎日つける。かなりのプレッシャーが生まれるけど、これをやるとお金の使い方をかなり意識するようになってた。

今ではエクセルで表を作っている

ゆとりがあるからといって、管理を雑にするのはよくないのかもしれない。でも、ゆとりがあるとザックリになっている。

今では、エクセルで簡単な表を作って、一か月ごとの支出額をかなりザックリ書いている。「この月の食費はいくらだったか、電気代はいくらだったか」みたいな。かなりざっくり。趣味代とかは特に記録してない。

家計簿は毎日つけるようにすると意外と続く

ちゃんと家計簿をつけていた経験上の話。毎日つけないと、レシートがどんどん貯まる。日付や項目ごとにわける作業が増える。貯めるほど、面倒になる。

家計簿は、毎日つけたほうが作業量が少ない。一番面倒じゃないから、毎日つけたほうが続く。

レシートは必ず受け取るようにしてた

レシートは必ず受け取る。お金がなかった時代は、とにかくレシートはちゃんと受け取るようにしてた。今では、記録しない支出のレシートは受け取ってないけど。

レシートが発生しない支出はケータイのメモ帳に

自販機とか、飲み会で割り勘だったときとか。レシートが出ない支出は、几帳面にケータイのメモ帳に日付と科目と金額をメモって、返ってから家計簿に転記してた。

簡単な家計簿のつけ方!やりくり上手を目指して

予算管理で賢く貯める

月の初めに予算を決める

天引き預金に付随する話。貯金額を決めるとき、「今月の使えるお金はいくら」というのもしっかり決めてた。予算を決めると、予算を意識してお金を使うようになったので、間接的に節約に繋がっている気がする。

最近気付いたんだけど、この「予算を決める」というところだけしっかりやっていれば、家計簿をつけなくてある程度はお金の管理ができてしまう。だから、最近はお金の管理がおおざっぱ。

収入と確定支出を紙に書き出す

給料が入ったらこれをやる。「収入-決まっている支出(家賃とか公共料金とかクレカの引き落としとか)」を計算する。すると、「使い道がまだ確定していないお金」が残る。

浮遊資金に役割を与える

「使い道がまだ確定していないお金」の中から、まずは貯金金額を抜いて、別口座に移動。これはさっきも書いたこと。残ったお金が、その月の食費とか娯楽費とかになる設計。

毎月の予算は安定的

一人暮らしのときは、「食費とか遊びとかひっくるめて~円」という予算の決め方だった。二人暮らしになってからは、「食費・消耗品」と「その他の娯楽費とか」は別予算になっている。

同棲でもめないために生まれた戦略だと思われる。何でこうなったのかはよくわからない。

共働きでもOK!家計のやりくり上手になる為のお金の管理2

家計簿を駆使しながら日々管理

一人暮らしで、かつお金がなかった時代は、さっき書いたみたいに毎日家計簿をつけて管理していた。毎日ちゃんとつけていると、予算の減り具合がわかってやりやすくなる。

どうしてもストレスは溜まるのだけれど。

予算管理用にも銀行口座を用意している

「今月の予算」に決まったお金は、一部は財布に残して、あとはこれまた別の銀行口座に入れて、財布のお金が少なくなる度に引き出すような設計になっている。

使う銀行は「新生銀行」。コンビニでもATM手数料が無料で使えるからかなり重宝している。おすすめ。

新生銀行のメリット!手数料無料サービスが充実、特殊な定期預金も

お金を貯めるためにやっている節約術とか

財布にはあまりお金を入れないように

財布にお金をそこそこ入れてしまうと、ついつい使ってしまっていた僕。衝動買いも増えていたわけ。それに気づいてから、財布にはあまりお金を入れないようにしている。

大人になると、誘惑がいっぱい。お金をたくさん持ち歩くと気持ちも大きくなってしまう僕がいる。こういう体質もあるので、さっきの新生銀行はかなり僕を助けてくれている気がする。

食事は自炊で

正直、「自炊のほうが高いんじゃね?」と思うこともある。作る料理によっては、スーパーでお惣菜を買ったほうが安いこともあった気がする。一人暮らしのときなんか、一人分の分量を計算しながら料理するの面倒だったし。

自炊がいいっていうのも、ケースバイケースだった。疲れているときくらい、外食でもいいじゃんか。貯金には息抜きも大事だというのが、僕の持論。

公共料金はさっさと支払う

紙切れをコンビニに持って行って支払っていると思うこと。期限ぎりぎりまで支払わない習慣がついていると、「ゆとり」がない。急にお金がなくなってきたとき、この「ゆとり」を作っておくと、「次の給料日に回す」というマジックができた。

そういうのもあって、紙で支払う公共料金は、さっさと支払うようにしている。

これで安心!電気代の払い忘れを防止する方法

飲み会とかを控え目にしていた時期も

飲み会はお金が掛かる。二次会とか行ってしまうと一日で6000円くらいになってた。お金がない時は、これが重たかった。だから、何かと理由を付けて行かない時期も結構あった。そもそも、飲み会そんなに好きじゃないし。僕、酒飲めないし。胃が痛くなるから。

飲み会に行くと、僕が飲めないことを気遣って割り勘の割合を小さくしてくれるグループもあるけど、そうじゃないグループもある。お酒飲んでないのに完璧な割り勘にされるのは、微妙な気分になることもあった。もう慣れたけど。

苦手な人多し?会社の飲み会が嫌いな理由を考える

クレジットカードをあまり使わないようにした

これ、なかなか効果があった。スーパーとかでクレジットカードを使うのはやめて、現金を使うようにした。不思議なもので、「お金を使っている」という感覚があると、お金の使い方を気を付けるようになった。

それが節約に繋がり、お金を貯める手助けになるとは、やってみるまでわからなかった。

クレジットカードを使わないだけで意外と節約できる不思議

たまには衝動買いもした

ちょっとした衝動買い。予算とか家計簿とかで自分をがんじがらめにするのもいいんだけど、たまには息抜きしないとやってられなかった。人間だもの。メリハリが大事ってことなんだろう。

お金を貯めるために奔走していても、たまには息抜き。それを忘れないようにすれば、何とか頑張れた。

貯金はストレスとの戦いなのか

「お金を貯める方法」を書き綴ってみて思った。貯金はストレスやプレッシャーとの戦いだと。楽なほうにばかり向かっては目的がなかなか達成できないのはわかるけど、楽したいよなー。だって、人間だもの。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 家計管理と節約

おすすめの貯金本はこれ!「年収200万円からの貯金生活宣言」【Kindle】

僕が「貯金したい!」と思ったときに買った本の中で、実用的で勉強になったのは「年収200万円からの貯金生活」という本。「年収200万円」なんて、フリーターレベル。 …

家計のやりくり上手になるために使っておきたいサービス・道具のまとめ

家計のやりくり上手になり、お金を上手に管理するためには、「テクニック」も必要。あとは、自制心なんかも。自分をコントロールできないと、お金を自由にコントロールでき …

ATM手数料を無料にする方法!銀行選びで節約

給料の振込口座にしていたり、それなりの預金があったりすると、ATM手数料を無料にしてくれる銀行はたくさんある。そんなの当たり前。 口座を優遇してくれるお客には、 …

家賃が安い物件に引越したら本当に節約になるのか

「家賃が安い物件に引越せば、固定費の削減ができるので、節約効果がある」なんて一部で言われている。このブログでもそんなことを書いた記憶がある。 果たして、家賃の安 …

貯金できない人へ!お金が貯まる体質作り

貯金できない人には、ある程度の共通点がある。というか、貯金できない理由なんてシンプルに二つしか考えられない。 「貯金できない!」と悩むあなたには潜む問題点、そん …

生活費を節約する方法!すぐにできるテクニック

生活費を節約する方法として、固定費を削減する方法が一般的。ケータイのプラン変更したり、読みもしない新聞取るのやめたり、使わない電話は解約したり、家賃が安い家に引 …

簡単な家計簿のつけ方!やりくり上手を目指して

家計簿はできるだけ簡単にしたほうがいい? 貯金上手になるためには欠かせないのが家計簿。そして、続けられないと意味がないのが家計簿。途中で挫折してしまうのなら、つ …

旅行に行くとき、旅行代理店で申し込むとホテル代を節約できる

旅行に行くとき、目的地までの新幹線か飛行機のチケットを取って、宿も自分で手配する。僕は基本このスタイルでやっていたんですけど、これだとかなり損をしていることに気 …

500円玉貯金の味方をしてくれる貯金箱まとめ

「500円玉貯金って意外と貯まるよ!」と豪語する人もいるくらい、意外と効率的な貯金方法なのかもしれない「500円玉貯金」ってやつ。 今回は、「500円玉貯金がで …

お金を貯めるには何を意識すればいいのか

今よりもお金を貯めるには、「今よりも稼ぐ」か「今よりも節約する」の二つしかありませんよね。それを踏まえて、お金の貯め方を考えてみると、「貯金ってかなりシンプルや …