ワイクラ

財形貯蓄とは何か?種類についてもザックリ

スポンサーリンク

財形貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから天引きで貯金できる制度。

ただし、財形貯蓄は、会社勤めの人にしか関係ありません。財形貯蓄は、銀行などの金融機関が法人向けにやっているサービスだからです。会社によっては、財形貯蓄の制度を扱っていない場合もあります。

財形貯蓄の特徴について

申し込みや引き出しは会社経由で行う

担当部署があるはずなので、そこを経由して申し込んだり、引き出したりします。つまり、「ぶっちゃけ面倒」なサービスなんです。

ただ、天引きで貯金することができるので、貯金できない人にとっては魅力的。

金利は非課税

通常の預金は課税対象だけど、財形貯蓄なら550万円までは非課税になるそうな。

ただし、金利はその辺の定期預金と変わりないので、資産運用上のメリットはそこまでないかと。財形貯蓄の金利は、会社がどこの金融機関を使っているのかによって変わります。

退職したらどうなるのか

お金は金融機関に預けている形になるので、解約すれば戻ってくる。転職先に財形貯蓄制度があれば、引き継ぐことも可能。

財形貯蓄の種類

一般財形貯蓄

何にでも使えるのが一般財形貯蓄。会社経由で、普通に天引き貯金をやっている感覚で使うもの。

財形住宅貯蓄

文字通り、住宅を買う資金を貯めておく為の財形貯蓄。財形貯蓄をやっているからこそ受けられる融資もあったり。

途中で解約もできるけど、非課税の特典が帳消しになってしまったりと、何かと面倒。

財形年金貯蓄

ずっと貯めておいて、60歳を過ぎた頃から年金形式で払い出しができる財形貯蓄。途中解約もできるけど、やっぱり非課税の特典がなくなったりと、面倒な模様。

財形貯蓄って必要ある?

天引き貯金が気軽にできるのは魅力的ですが、会社を通さないといけないので、やっぱり面倒。金利が非課税になりますが、最近の預金金利自体たいしたことないので、そこまで気にする問題でもないかと。

自分で資産運用をしたい人にとっては、不要なサービスの可能性も高い。銀行にとっては、気軽に預金獲得ができるから、なかなかいいサービスなのかもしれないけれど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - お金

  関連記事

友達にお金を貸すのは絶対にやめたほうがいい!と断言しておく

友達にお金を貸して、返ってこなかった経験、もしくは、友達に「お金貸して!」と頼まれた経験はないでしょうか。 僕なんか、つい最近もあった。結婚式のご祝儀を友達に貸 …

女性向け!お金の勉強ができる無料セミナーまとめ

男性が入り込みにくい女性向けの世界。無料のお金のセミナーも例外ではなく、「女性向けのお金のセミナー」が存在している。 そんなわけで、「お金の勉強がしたい!」と思 …

貯金を増やす為には何が必要かをまとめてみる

今までの経験の中で、「貯金を増やす為にはこれが必要だ」と感じたこと、学んだことをまとめてみることに。 貯金を増やすには、お金をどれだけ稼げるかがかなり大事 節約 …

貯金するメリットとデメリット!お金を貯めるとどうなるか

「貯金しなさい!」と言う人は多いけど、「なんで貯金する必要あるんだよ!」というツッコミ入れたくなりませんか?アドバイスするのなら、理由も明確にしてもらいたいもん …

もっとお金を稼ぎたい!と思って実際にやって上手くいったことと失敗したこと

金欠のとき、収入を増やせたらどんなに良いことか。 良いことなのか悪いことなのかは不明だが、今の世の中、本を読んだり、ネットで調べたりすれば、「お金を稼ぐ方法」「 …

実際に「副収入」という収入を手に入れてみて感じていること

株で結構稼いでみたり、FXに手を出して失敗してみたり、ちょっとだけネットワークビジネスに参加して失望してみたりしながら、去年から「安定した副収入」がようやく手に …

なぜお金に弱い?お金に苦手意識を持ってしまう理由

お金に苦手意識を持っている。お金の扱い方がよくわからない。いつもお金のことで悩んでいる。お金なんて嫌いだ! 「お金が苦手」というのは、実は多くの人が抱えている悩 …

ギャンブルをするために借金をして地獄に堕ちる前に

借金をしてギャンブルをすれば、勝ったときはでかい。まあ、「お金がないから」という理由で借金をしてまでギャンブルをする人もいるので困りもの。 理由はどうあれ、ギャ …

もっとお金を稼ぎたい!という時におすすめの本

お金を稼ぎたい。もっとお金を稼ぎたい。そう考えて努力してきた。今でも努力を続けている。お金を稼ぐのは面白い。お金を稼げると人生がもっと楽しくなる。 しかし、「お …

お金の増やし方を学べるセミナーと本をおすすめしてみる

お金というのは、「稼いだら、使うか、貯める」という選択肢以外にも、「お金を使ってお金を増やす」という選択肢もあります。 ただ、巷で紹介されている情報にはリスクの …