ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

財形貯蓄とは何か?種類についてもザックリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンを操作するビジネスマン

財形貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから天引きで貯金できる制度。

ただし、財形貯蓄は、会社勤めの人にしか関係ありません。財形貯蓄は、銀行などの金融機関が法人向けにやっているサービスだからです。会社によっては、財形貯蓄の制度を扱っていない場合もあります。

財形貯蓄の特徴について

申し込みや引き出しは会社経由で行う

担当部署があるはずなので、そこを経由して申し込んだり、引き出したりします。つまり、「ぶっちゃけ面倒」なサービスなんです。

ただ、天引きで貯金することができるので、貯金できない人にとっては魅力的。

金利は非課税

通常の預金は課税対象だけど、財形貯蓄なら550万円までは非課税になるそうな。

ただし、金利はその辺の定期預金と変わりないので、資産運用上のメリットはそこまでないかと。財形貯蓄の金利は、会社がどこの金融機関を使っているのかによって変わります。

退職したらどうなるのか

お金は金融機関に預けている形になるので、解約すれば戻ってくる。転職先に財形貯蓄制度があれば、引き継ぐことも可能。

財形貯蓄の種類

一般財形貯蓄

何にでも使えるのが一般財形貯蓄。会社経由で、普通に天引き貯金をやっている感覚で使うもの。

財形住宅貯蓄

文字通り、住宅を買う資金を貯めておく為の財形貯蓄。財形貯蓄をやっているからこそ受けられる融資もあったり。

途中で解約もできるけど、非課税の特典が帳消しになってしまったりと、何かと面倒。

財形年金貯蓄

ずっと貯めておいて、60歳を過ぎた頃から年金形式で払い出しができる財形貯蓄。途中解約もできるけど、やっぱり非課税の特典がなくなったりと、面倒な模様。

財形貯蓄って必要ある?

天引き貯金が気軽にできるのは魅力的ですが、会社を通さないといけないので、やっぱり面倒。金利が非課税になりますが、最近の預金金利自体たいしたことないので、そこまで気にする問題でもないかと。

自分で資産運用をしたい人にとっては、不要なサービスの可能性も高い。銀行にとっては、気軽に預金獲得ができるから、なかなかいいサービスなのかもしれないけれど。

賢い貯金方法!お金を貯められる貯金の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 家計管理と節約

通信費を節約したい人向けにスマホ代やネット代を安くする方法を紹介

スマホやパソコンのネット代、電話代、基本料金などの通信費を節約したい人向けに、通信費を安くする方法を紹介。 基本的な節約術からちょっと手の込んだ節約術まで。ざっ …

上手な貯金の仕方を勉強できる2冊の本を紹介

貯金の仕方は、収入を増やすか、できるだけお金を使わないようにするかの2択しかないわけですけど、その間に様々なテクニックを滑り込ませることができる。 そういうテク …

上手なお金の貯め方を学べるおすすめの本とセミナー

お金の貯め方というのは、工夫と努力さえすれば、だんだん上手になってくるはずのもの。それなのに、「お金が貯まらない・・・」と嘆いている人が多いのは、「やり方を知ら …

家計簿をつけるメリット!お金の管理で何が変わるか

一人暮らしながらも家計簿をつけていた時期がありました。その頃はお金系のブログを書いていたので、ネタとしても丁度良くて結構長い間続けてたもんです。 今は家計簿をつ …

お金を貯めるには何を意識すればいいのか

今よりもお金を貯めるには、「今よりも稼ぐ」か「今よりも節約する」の二つしかありませんよね。それを踏まえて、お金の貯め方を考えてみると、「貯金ってかなりシンプルや …

貯金がない人におすすめしたい貯金術を紹介

貯金にはコツがあります。それなりの収入があれば何もしなくても貯金が増えていく人もいますけど、大抵の人は「お金があるなら、使っちゃおう!」ってなる。 「貯金がない …

毎月1万円貯める貯金方法!節約と家計管理で

「毎月1万円すら貯金できない・・・」 そんな悩みをお持ちじゃありませんか?貯金できない病にかかっている方は、意外と多いです。これは軽視できない問題。 そのうち、 …

貯金を増やす為には何が必要かをまとめてみる

今までの経験の中で、「貯金を増やす為にはこれが必要だ」と感じたこと、学んだことをまとめてみることに。 貯金を増やすには、お金をどれだけ稼げるかがかなり大事 節約 …

家計簿をつけないことによって得られる自由について

どうも、「家計簿をつけるメリットとは」みたいな記事を書いておきながら、家計簿なんてつけていないケントマンです。 家計簿をつけるメリットというのを考えてみた 家計 …

おすすめの貯金本はこれ!「年収200万円からの貯金生活宣言」【Kindle】

僕が「貯金したい!」と思ったときに買った本の中で、実用的で勉強になったのは「年収200万円からの貯金生活」という本。「年収200万円」なんて、フリーターレベル。 …