ケントマンのお金のブログ

VISAデビットの使い方と作るのにおすすめの銀行

自分撮り

今話題の「VISAデビット」。口座から即時引き落としで使える「デビットカード」にVISAのマークが付いた優れもの。

通常のキャッシュカードだと、普通のデビットカードになるわけですけど、こいつが通販じゃ使えないんですよね。アマゾンとか楽天とか、その他諸々。

ところが、VISAデビットなら、VISAのマークが付いているところなら使える!つまり、通販でも使えるってわけです!クレカとは違って口座から即時引き落としだから、使いすぎの心配も少ない!(そこは個人の裁量ですぞ!)

ただ、VISAデビットの使い方ってちょっと「ん?」となることがある。最初は。そんなわけで、初体験でも困らないVISAデビットの使い方を伝授!

スポンサーリンク

ここがややこしい!初めてのVISAデビットカード

レジの支払い分類的には「クレジットカード」なんだよね

お店のレジって、「VISAデビット」というくくりは存在しない様子。VISAデビットで支払う場合って、「クレジットカード」の分類になるんですよ。

「VISAで!」と言って、「一括で!」が基本。そして、伝票にサインする。手順的にはクレジットカードなんだけど、デビットの機能しかないわけなので、即時引き落としにしかならない。

なんだか、キャッシュカードとクレジットカード一体型のカードだと間違えそうですよね。VISAデビットは新参者なので、まだ「VISAデビット!」というくくりは作ってもらえていない様子。可愛そうに。

店員さんがわかってないことが意外と多い!

VISAデビットの利用者ってまだそんなに多くないようなんですよね。だから、「VISAデビットで支払い」というケースに遭遇したことがない店員さんも意外と多く、「VISAデビットで!」と要望すると、レジでエラーを出してしまい、あたふたしながら「少々お待ち下さい!」なんて言われることもしばしば。

ほら、レジでは「デビット」じゃなくて「クレジットの一括」で処理しなきゃいけないわけですから、デビットでやろうとするとエラー出るみたいなんですよね。

だから、カッコつけて「VISAデビットで!」なんて言わないで、カード出しながら「一括で!」と言ったほうがスムーズに会計できる。まだまだ認知度が低いな。頑張れ、VISAデビット。

「J-Debit」と間違われないように注意が必要?

普通のデビットカード(VISA付いてないやつね)の名称は「J-Debit」って言うんですよね。たまーに「VISAデビット一体型キャッシュカード」なんてものがあるんですけど、こいつが厄介かも。

VISAデビットって、キャッシュバックとかの特典があるんですよ。ところが、普通のデビット(J-Debit)にはそれがない。

レジで間違って「デビットカード(J-Debit)」として処理されてしまうと、特典が受けられないという事態に・・・。「VISAデビット」は、レジで暗証番号入れません!サインするんです!「ん?」と思ったら、すぐに確認して下さいな。

通販で使うときにも「クレジットカード」として処理する

通販でVISAデビットを使おうとすると、「VISAデビットなんて項目ないやん!」と困惑する人もいるかもしれない。

あなたならもうわかりますよね?そう「クレジットカード」の欄にカード番号とか有効期限とか入れればいいんですよ!扱い的にはクレジットカードですから!

VISAデビットもVISAカードなので、クレカみたいなカード番号と有効期限が書いてありますよね?通販のときは、そいつを使う!

「VISAデビットはクレジットの扱いと一緒!」と覚えておけば迷うこともないでしょうよ。

VISAデビットはどこで作れるの?

大手銀行だと、「東京三菱UFJ銀行」が作れます。あとは、りそな銀行もオッケー。それ以外だと、楽天銀行、スルガ銀行とかかな。あんまり儲からないからなのか、参入する銀行がそこまで多くないのが現状。

意外とややこしいVISAデビットカードの使い方でした

VISAの加盟店で使えるデビットカード、VISAデビット。使いすぎ予防とかには非常に役立ちそうですが、まだまだ浸透しきっていないようで、初心者は困惑する場面もある模様。

難しいことじゃないので、慣れれば使いこなせますけどね!店員さん達も早く覚えて下さいな!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 銀行口座

楽天銀行の口座の特徴とメリット

地味に人気だと思われる楽天銀行の口座。楽天銀行に口座にはどんな特徴があるのか。作るとどんなメリットを得られるのか。まとめてみました。 まあ、主にATM手数料無料 …

三井住友銀行のATM時間外手数料を無料にする方法

僕のメインバンクは三井住友銀行。ATMの時間外手数料は無料になっている。無料にしたくてしたわけじゃなくて、「気が付いたら条件を満たしていた」が正しい。 この前銀 …

各種VISAデビットの還元率や特徴を比較できるようにまとめてみる

銀行口座から直接支払いができるデビットカードに「VISA」のマークが付いたのがVISAデビット。 ※VISAデビットについてはこちら VISAデビットカードのメ …

みずほ銀行がVISAデビットではなくJCBデビットの提供を開始

4大メガバンク(三菱東京UFJ、三井住友、りそな、みずほ)の中で唯一VISAデビットの提供をしていなかったみずほ銀行だが、遂にJCBデビットの提供を始めていた。 …

住信SBIネット銀行VISAデビットの特徴とメリット

手数料の改悪があって僕の中での評価がガタ落ちしていた住信SBIネット銀行ですが、先日何となくサイトを見ていたら、VISAデビットカードの取り扱いがいつの間にか始 …

りそなVISAデビットカードの特徴とメリット

りそな銀行が発行しているVISAデビットカードであるりそなVISAデビットカードの特徴とメリットをまとめました。 りそなVISAデビットカードは、2種類のカード …

銀行口座はどこがいい?個人的なおすすめと、使い分け方も紹介

「銀行口座は一つでいい!」という主張もあるけど、僕は複数の銀行口座を分けて使い、お金を管理することをおすすめしている。理由は、そっちのほうが管理しやすいから。 …

三井住友銀行SMBCデビットの特徴とメリット

「三井住友銀行はVISAデビット出さないのかな~」とずっと思っていたら、今更出してきやがったようやく登場したVISAデビットカード、SMBCデビット。 三井住友 …

住信SBIネット銀行の手数料が改悪!無料サービスがなくなる?

「ATM・振込手数料の無料サービスが充実している!」でお馴染みの住信SBIネット銀行だったはずが、来年の一月から「スマートプログラム」なるものを開始するらしく、 …

実は普通預金よりも金利が高いSBIハイブリット預金の魅力

SBI証券と住信SBIネット銀行の両方に口座を持っていると使える「SBIハイブリット預金」というものがある。 2つを連携することで、住信SBIネット銀行の口座の …