ケントマンのお金のブログ

VISAデビットのメリットとデメリット!通販でも使えて、キャッシュバックも

コーヒーブレイク

VISAデビットとは、銀行の口座から即時引き落としで支払える「デビットカード(大抵のキャッシュカードには付いている機能)」に、VISAのブランドが付いたもの。クレジットカードというよりは、銀行のキャッシュカードに近い存在。キャッシュカード一体型のものもあり。

スポンサーリンク

VISAの加盟店でデビットカードが使える

通常のデビットカード(J-Debit)は

使えるところがそんなに多いわけじゃない。大手の小売店とかなら普通に使えるけど。使い方は、キャッシュカードをレジで出すだけ。あとは、暗証番号を入れれば、銀行口座から即時引き落としで支払いができるというもの。

VISAブランドが付いてこうなった

VISAの加盟店でも、デビットカード(銀行口座から即時引き落とし)ができるようになったというわけ。

ネットショップでもデビットカード

通常のデビットカード(J-debit)は、アマゾンや楽天などのネットショップで使えないのが難点。ところが、VISAのマークが付いたVISAデビットなら、VISAのマークがあるネットショップで、デビットカード支払いができる。

海外でもデビットカードが使える

VISAデビットカードは、VISAの加盟店なら基本的にどこでも使えるので、海外でもデビットカードとして使うことができる。

クレカが作れない人でもVISAが持てる

審査というものがない

VISAデビットを発行している銀行に口座を持っているか、作る。口座があれば、VISAデビットの申し込みをするだけ。口座を作るときに一緒に申し込みも可能。クレジットカードとはそもそも仕組みが違うので、審査なんてない。だって、デビットカードなんだし。

高校生でも作れるVISAカード

クレジットカードは、高校生は作れないのが基本。でも、VISAデビットなら、基本的に15歳以上なら作れる。なので、高校生でもVISAカードを持つことができる。クレジットカードじゃないけど。

特殊な収入で生活している人でもVISAカード

なかなかクレジットカードを発行してもらえない「アフィリエイター」とか「デイトレーダー」なんかでも、VISAカードを持つことができる。VISAが使えれば、ネットショッピングとかかなり便利になるので、クレジットカードを作れない人には、これはなかなかのメリット。

現金よりも安全性は高い

不正利用は保証してくれる

「あれ?使ってないはずなのに、VISAデビットが使われている!」

こんな世の中なので、いつかそんな被害に合うかもしれない。VISAデビットは、発行している銀行によるけど、こういう「不正利用」は、申告すれば何とかしてくれるのが基本。

現金は、なくしたら返ってこない

しかし、VISAデビットなら、勝手に誰かに使われても、取り戻すことができる。保証はしてくれるけど、紛失とかしないことに越したことはない。心臓に悪いので。

ショッピング保険が付いているものも

VISAデビットには、だいたい「ショッピング保険」が付いている。これは、VISAデビットで買った商品が、事故で破損した場合などに、保険金が出る保険。使うのは現金感覚なのに、現金にはない安心感がある。

キャッシュバックやポイント還元

利用金額に応じてキャッシュバック

三菱東京UFJのような大手銀行のVISAデビットなんかはだいたいこれ。利用額に応じて、定期的にキャッシュバックしてくれるシステム。現金よりはお得。

楽天銀行のJCBデビットや、住信SBIネット銀行のVISAデビットなら、一般的なクレジットカードよりも還元率が高い。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%だが、楽天のJCBデビットは1%、住信SBIネット銀行のVISAデビットは0.6%だ。

楽天JCB デビットカード

住信SBIネット銀行

ポイント還元のVISAデビット

楽天銀行のVISAデビットあたりはこのタイプ。その他、ポイント還元式のVISAデビットは何種類かある。

海外旅行にちょっと便利

現地通貨が引き出せる

VISAデビットは、海外でも使えるだけじゃなくて、「現地通貨を引き出せる」というメリットも。

VISAの優待が受けられる

VISAカードを持っていると受けられるVISA加盟店などでの優待サービス。VISAデビットでも、これは対象。

VISAデビットのデメリット

お金がないときは役に立たない

VISAのマークが付いていても、結局は「デビットカード」だから、銀行口座にお金が入っていないと何の役にも立たない。お金がない時に急に病院に行かないといけないときなんかは、クレジットカードのように「手助け」をしてくれるわけではない。

分割もボーナス払いもない

デビットカードなので、クレジットカードのような「支払い方法の充実」は、当然ながらない。

ラウンジサービスとかいろいろ

クレジットカードによっては付いてる「空港のラウンジが無料で使えますよ」というサービス。VISAデビットには、これがない模様。その他、クレジットカードによってはある「航空便遅延保険」なんかも付帯されない傾向。

クレジットカード嫌いな方にはいいもの

VISAデビットは、クレジットカード嫌いの方でも使いやすいVISAカード。クレジットカードみたいにいろいろなサービスがあるわけではないが、現金感覚で使えるのが最大の強み。

VISAデビットとクレジットカードの違い

そもそも仕組みが全然違う

クレジットカードは、カード会社が自分の代わりにお店に代金を支払ってくれて(お金を貸してくれて)、後で代金を請求されるという仕組み。銀行から直接お金が支払われるわけじゃない。カード会社が間に入る。

一方、VISAデビットカードは、先ほども書いたように、銀行口座から即時引き落としのデビットカード。仕組みが全然違う。VISAが付いてると紛らわしいかもしれないが。

旅行傷害保険とか付かない

クレジットカードには付いていることが多い「旅行傷害保険」。僕が調べた範囲では、これが付帯されるVISAデビットカードはなかった。

【追記】
みずほのJCBデビットには、国内外旅行傷害保険の付帯を確認。

みずほ銀行がVISAデビットではなくJCBデビットの提供を開始

VISAデビットの大きなメリットと言われるもの

お金の管理がしやすい?

銀行口座から即時引き落としなので、残高以上の買い物はできないVISAデビット。デビットカードなので、クレジットカードほど使いすぎないとも言われる。

でも、思う。「そんなの、自分次第」だって。クレジットカードでも上手くやりくりする人はいるし、現金のほうが管理しやすいと言われても、上手く使えない人はお金を上手く使えないし。

とは言え、VISAデビットはおすすめ

すぐに口座の残高が動くし、現金よりもお得で便利なサービスもあるので、「クレジットカードが嫌い!でも、VISAとかないと不便!」という方には、メリットが多いので、かなりおすすめ。

ポイント還元あたりをもっと欲しい方は、クレジットカードのほうがニーズに合っているかも。

各種VISAデビットの還元率や特徴を比較できるようにまとめてみる

JCBデビットというものもある

JCBデビットカードってどんなもの?

基本的にVISAデビットと一緒。JCBマークが付いたデビットカード。VISAのブランドがJCBになっているだけ。

デビットなので、口座から即時引き落としで支払いができるシステム。

JCBマークのあるところなら、ネットショッピングでも使える

VISAデビットは、VISAの加盟店。JCBデビットなら、JCBマークのあるサイトなら、ネットショッピングでも利用可能。

VISAデビットのほうがまだまだ優勢かな

取り扱い銀行の数と種類からして、VISAデビットのほうがまだまだ優勢。日本だと、JCB加盟店よりもVISA加盟店のほうが多いみたいだし。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 銀行口座

楽天銀行の口座の特徴とメリット

地味に人気だと思われる楽天銀行の口座。楽天銀行に口座にはどんな特徴があるのか。作るとどんなメリットを得られるのか。まとめてみました。 まあ、主にATM手数料無料 …

貯金用口座としておすすめ!住信SBIネット銀行の目的別口座

「住信SBIネット銀行」という便利なネット銀行があるのに、これを知らない人は意外と多いのが残念でならない。 貯金用口座として使いやすい機能が付いていたり、ATM …

住信SBIネット銀行のWEBログインパスワードを忘れた!というときは

便利でお得な住信SBIネット銀行ですが、ネット銀行という特性上、ネットでログインできないとその機能を存分に使えないというデメリットがある。 僕は先日、変更したW …

りそなVISAデビットカードの特徴とメリット

りそな銀行が発行しているVISAデビットカードであるりそなVISAデビットカードの特徴とメリットをまとめました。 りそなVISAデビットカードは、2種類のカード …

三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴とメリット

割と早くから出ていた三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴とメリットをまとめてみました。 ※VISAデビットについて VISAデビットカードのメリットとデメリッ …

各種VISAデビットの還元率や特徴を比較できるようにまとめてみる

銀行口座から直接支払いができるデビットカードに「VISA」のマークが付いたのがVISAデビット。 ※VISAデビットについてはこちら VISAデビットカードのメ …

住信SBIネット銀行の手数料が改悪!無料サービスがなくなる?

「ATM・振込手数料の無料サービスが充実している!」でお馴染みの住信SBIネット銀行だったはずが、来年の一月から「スマートプログラム」なるものを開始するらしく、 …

実は普通預金よりも金利が高いSBIハイブリット預金の魅力

SBI証券と住信SBIネット銀行の両方に口座を持っていると使える「SBIハイブリット預金」というものがある。 2つを連携することで、住信SBIネット銀行の口座の …

住信SBIネット銀行VISAデビットの特徴とメリット

手数料の改悪があって僕の中での評価がガタ落ちしていた住信SBIネット銀行ですが、先日何となくサイトを見ていたら、VISAデビットカードの取り扱いがいつの間にか始 …

新生銀行のメリット!手数料無料サービスが充実、特殊な定期預金も

銀行口座と言えば、「4大メガバンク」と呼ばれる三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行あたりだけだと思っていた。 この辺の銀行口座も、確かにいい …