ワイクラ

お金系雑記ブログ

VISAデビットカードを作る!おすすめの銀行はこれだ

街の水族館 ⅲ

クレジットカードよりもVISAデビットをおすすめしたくて仕方がない昨今。どうも、ケントマンです。

VISAデビット、デビットカードに「VISA」のマークが付いたもので、従来のデビットカードは違い、VISAの加盟店ならどこでも使うことができます。つまり、ネットショッピングでも使えるということ。

クレジットカードとは違い、「お金がないけど買い物ができる」ということはできませんが、それが逆にメリット。使いすぎの防止です。節約や家計改善を考えているのなら、VISAデビットは持っておきたいアイテムなんです。

VISAデビットの良いところや使い方

デビットカードという家計管理アイテム

銀行のキャッシュカードをレジで出せば、それで買い物ができる。代金は、口座から即時引き落としされる。それが、デビットカード。

現金を持ち歩かなくても高額な買い物ができるし、口座残高以上の買い物ができないので、クレジットカードよりも「家計管理」に向いているのが、デビットカード。

デビットカードにVISAが付いたVISAデビット

そんなデビットカードに、VISAのマークが付いた。それが、「VISAデビットカード」。クレジットカードのようなカード番号も与えられます。それを入力すれば、流れの通りに進めば、ネットショッピングでも使えます。

その他、VISAの加盟店、VISAマークがあるお店なら、「デビットカード」を使うことができるんです。たまに使えないところもあるみたいですが。アマゾンとかは普通に使えます。

審査なしに「VISA」が持てる

VISAデビットはデビットカードなので、VISAデビットを発行している銀行に口座を持っていて、VISAデビットの申し込みをすれば作れます。クレジットカードみたいに、信用力の審査はありません。

クレジットカードよりも使いすぎない?

あるデータによると、クレジットカードを頻繁に使う人は、現金を頻繁に使う人よりも支出が多くなるそうです。クレジットカードは、お得に見えて、「後払い」のシステムなので、ついつい使いすぎてしまうのが現実のよう。

現金とクレジットカードの併用の仕方!どっちがメイン?

その点、VISAデビットは、口座残高以上の買い物をすることができません。クレジットカードならこれが可能ですけど。

支払いのシステムがクレジットカードとは違って「即時引き落とし」なので、すぐに口座残高に反映される。だからこそ、「使った」という感覚をすぐに味わうことができ、クレジットカードのような「使いすぎ」を抑制できるんです。

VISAデビットをおすすめするのは、そういう理由。お金は大事に扱いたいですもんね。

VISAデビットにもお得なサービスはある

クレジットカードのようなポイント制ではなく、VISAデビットがキャッシュバックがメイン。楽天のVISAデビットは楽天ポイントで還元されますけど。キャッシュバックの場合、毎月決まった日に、利用額によってキャッシュバックを受けられるのが通常。

その他、クレカのようにショッピング保険(買い物したものに対し、一定条件で盗難や破損なんかを保証してくれる保険)が付帯されてたり、不正利用保証サービスがあったりします。

VISAデビットカードの使い方

ネットショップでは、カード番号を入力すればオッケー。実店舗でも、VISAデビットのカードをレジで出せばオッケーです。お店のシステムによっては、デビットではなくクレジット処理されることもあるのがややこしいところ。

クレジット処理されても、VISAデビットなので、デビットとして即時引き落としにしかならないのですが、人によっては、「え?クレジットになるの?」と心配するみたいです。安心して下さい。カード会社と契約してないので、そのVISAデビットカードでクレジット決済はできませんから。

VISAデビットの利用者が少ないせいか、お店によっては、VISAデビットを出せれて「え?え??」となる店員もいるので、ご注意を。その際、怒らないで、優しく教えてあげるのが、ジェントルマン。

VISAデビットの使い方と作るのにおすすめの銀行

VISAデビットが使えないこともある?

まだまだ新しいシステムのせいか、使えないところもたまにあるみたい。また、「どうしてもクレジットじゃなきゃダメ」という場合もある模様。まあ、大手だったらだいたい使えますけど。

VISAデビットを使う時の注意点

ケータイ代のように、「定期的に支払い」という種類の支出にVISAデビットを使っている場合、うっかり残高不足には注意したいところです。請求書やお知らせの見過ごし、残高確認不足には気を付けて下さい。

残高不足になると、利用停止とかいろいろ面倒そうですもんね。

VISAデビットを作るのにおすすめの銀行

三菱東京UFJ銀行がおすすめ

理由は単純。「大手だし、通帳もちゃんとあるから」です。できれば、給料の支払いとかも三菱東京UFJ銀行にしてしまい、そこでVISAデビットも使うのがベスト。

VISAデビット用の銀行を別に作って、残高の確認とか、預け入れとかって、面倒じゃないですか。三菱東京UFJなら、ネット銀行みたいに「通帳がない」ということはないし、給料の支払いとかでも問題なく使えるし。

普段使っている銀行で、VISAデビットを使える。その状態が、理想だと思うんです。そのほうが、管理が楽だし。

キャッシュバックやショッピング保険もあります

三菱東京UFJ銀行のVISAデビットカードは、キャッシュバック還元スタイル。ショッピング保険も付いてるし、不正利用されても保証してくれるサービスもある。

これは、普通。VISAデビットの場合、クレジットカードのような「お得さ」などを求めるのではなく、「使いやすさ」を重視するのが正解。

三菱東京UFJのVISAデビットは、VISAデビット会員用のサイトに登録すれば、利用履歴や残高をすぐに確認できるようにもできます。

銀行口座を分けすぎると面倒

個人的には、貯金用の口座なんかは別に作ってもいいと思ってます。あとは、予算管理用にATM手数料無料の口座を持っておくくらい。銀行口座を分けて使うのは、それくらいでいいです。あんまり分けて使いすぎると、管理が面倒なんですよ、本当に。

おすすめの銀行口座!複数口座の分け方、使い方も紹介

そんなわけで、クレジットカードのような危険性はない「VISAデビット」で、上手な家計管理を目指してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 銀行口座

VISAデビットって何?クレカとは違う、キャッシュレスな支払い方法

まず、デビットカードについて。 デビットカードとは、銀行のキャッシュカードで直接支払ができるシステム。買い物をするときなどに、レジでキャッシュカードを出す。 そ …

JCBデビットカードなら楽天銀行がおすすめ!VISAも作れるけど

VISAデビットはテレビCMもたくさんやっていたので、認知度はそこそこ高いでしょう。しかし、いつの間にかJCBでもデビットカードが作れるようになっていたことは、 …

貯金用口座としておすすめ!住信SBIネット銀行の目的別口座

「住信SBIネット銀行」という便利なネット銀行があるのに、これを知らない人は意外と多いのが残念でならない。 貯金用口座として使いやすい機能が付いていたり、ATM …

デビットカードの使い方!銀行口座から直接支払い

今更ですが、銀行のキャッシュカードで買い物ができるって知ってましたか?僕(ケントマン)なんか、社会人になるまでそんなこと知らなかったんですよね。ほら、音楽ばっか …

住信SBIネット銀行のWEBログインパスワードを忘れた!というときは

便利でお得な住信SBIネット銀行ですが、ネット銀行という特性上、ネットでログインできないとその機能を存分に使えないというデメリットがある。 僕は先日、変更したW …

楽天銀行の口座の特徴とメリット

地味に人気だと思われる楽天銀行の口座。楽天銀行に口座にはどんな特徴があるのか。作るとどんなメリットを得られるのか。まとめてみました。 楽天銀行に口座を作るメリッ …

JCBデビットなるものが登場していた!使える銀行はまだ少ない

「VISAデビット」は結構テレビCMを流したりして宣伝しまくっていましたけど、いつの間にか「JCBデビット」なるものが登場していたのを知ってましたか? VISA …

VISAデビットカードのデメリット!使いこなす為に知っておきたいこと

お金の管理をする上では便利だと宣伝されているVISAデビットカードですが、実際のところはどうなのか。クレジットカードと比べてみると結構わかりやすいですよ。 お金 …

定期預金の金利が普通預金よりも高い理由

簡単に言うと、「定期預金のほうが口座にお金が残っている可能性がずっと高いから」です。 ※定期預金は、「この期間は、この預金は動かしませんよ」と約束する預金。 預 …

三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴とメリット

割と早くから出ていた三菱東京UFJ-VISAデビットの特徴とメリットをまとめてみました。 ※VISAデビットについて VISAデビットカードのメリット!クレジッ …