ケントマンのブログ

貯金するメリットとデメリット!お金を貯めるとどうなるか


スポンサーリンク

「貯金しなさい!」と言う人は多いけど、「なんで貯金する必要あるんだよ!」というツッコミ入れたくなりませんか?アド倍kすするのなら、理由も明確にしてもらいたいもんです。まったく。

そんなわけで、そういう人たちの代わりに、「貯金するめいっとはこれだ!」というのを解説してみることに。

これを読んでも貯金する気にならないのなら、しなくてもいいんです。貯金なんて、やりたい人がやればいいんですよ。全員に強要するようなことでもあるまいに。

貯金するメリットにはこういうものがある!

将来の不安が解消される

お金があると、安心する。急な出費があっても、貯金があれば何とかなる。お金は、資本主義社会を生き抜くための力。持っていればいるだけ安心を与えてくれる。

お金には、貯金には、そういう役割がある。

仕事をやめても、次をゆっくり探せる

自発的でも、そうじゃなくても、仕事をやめてしまったとき、職を失ったとき。そんなときに、それなりの貯金があれば次の職をゆっくり探せる。

年収一年分を貯金していたとすれば、一年の猶予があるわけ。このメリットはなかなか大きい。

職探しって、焦っているとロクなことにならない。そういうこともしばしば。お金がくれる余裕、貯金がくれる余裕。いいな、やっぱり。

銀行に預けておけばお金を増やせる

タンスの中にお金をしまっておいても、お金は増えない。これ、誰でも知ってる。銀行にお金を預けておけば、お金が増える。金利がもらえる。これも誰でも知ってる。

ゼロ金利とは言っても、そこそこの貯金が銀行の中にあれば、ほどほどに金利収入が得られる。働かずに手に入るお金。こういうものは少しでも増やしていきたいところ。

定期預金にすればもっと増やせる

普通預金よりも、定期預金のほうが金利が高い。銀行からすれば、「この期間は引き出しませんよ」と約束された預金は、会社とかに貸し出すための資金として安心できるものだから。

普通預金に預けているお金は、あんまり動かさない。そんな貯金があるのなら、定期預金にしておいたほうが、「銀行に貯金するメリット」は大きくなることだろう。

「投資」という選択肢が選べるようになる

投資っていうものは、お金がないからやるものではなく、お金がある人が更にお金を増やすためにやるものだと思う。お金がないからという理由で投資とか投機に手を出す人は、大抵の場合失敗すると思っている。

銀行にお金を眠らせていても、たいしたお金を生まない。なら、もっと利回りの高い運用先を探そうじゃないか!というのは、貯金上手になった誰もが通る道かもしれません。

なんにせよ、投資をするには、お金の扱いが上手くないとダメらしい。「貯金ができる」っていうのは、次の「お金を増やす」っていうステップに進む準備ができたとも解釈できるわけで。

女子に「結婚対象」として意識してもらえる

結婚すると、パートナーの経済状況が自分の生活に大きな影響を与える。だからこそ、男性に年収とか貯金が出来るとかを求める女性が多いのは、あなたも知っていること。

堅実そうな男性は、モテやすい傾向にあると思う。金遣いが荒い人よりも、借金まみれの人よりも、貯金がある男性が好かれる。これが資本主義の現実か!

モテるために稼ぐ、貯金をする。これも、ある意味筋の通った行動なのかもしれない・・・。

欲しい物がすぐに手に入る

子供の頃は、貯金してから欲しい物を買うのが基本だった人も多いことでしょう。普段から地道に貯金しておけば、「これ欲しい!」と思ったときに、早く手に入れることができる。

クレジットカードを使って買う方法もあるけど、そういうクセが付くと、後々に苦労する可能性が高くなる。やっぱり堅実なのはいいことなのかな、と思ってしまう。

貯金するデメリット!基本的にこれだけだ!

今使えるお金が減るというデメリット

貯金するデメリットは、これだけだと思う。十分な収入があれば別だけど、大抵の人は、どこかで我慢をして貯金することになると思う。もっと買いたい物がある、旅行も行きたい、女子と遊びたい、キャバクラにも行きたい、ギャンブルもしたい、エトセトラ。

「貯金をする」ということに「我慢」が入り込んでいるなら、「今手に入るはずのもの」を犠牲にしてるとも考えられる。

貯金することのデメリットはこれだけ!今を取るか、我慢して将来の安心を手に入れるかってこと!

誰かが言った。「お金は便利だが、手放すときにしか役に立たない」

お金は、手元に置いておくだけじゃ意味がない。誰かに渡すときにこそ、意味が生まれる。お金を手放すからこそ欲しい物が買える。家に住める。食事ができる。服を着られる。

「銀行に預ける」というのも、お金を手放していることに近い。でも、手放しても、お金がお金を生み出してくれることもある。

金持ち父さんの本にも書いてあったけど、お金を手放すのなら、できるだけ自分に返ってくるようにしたいものだ!そういうお金の手放し方が身に付いている人は、ファイナンシャルリテラシーが高い人ってことなんでしょうね。

だから僕は貯金をしている!

僕は、貯金します。デメリットを考えても、貯金します。だって、投資が趣味みたいなものなんですもの。お金がないと、十分に投資を楽しめない。だから、貯金する。

他にも、将来のこととか考えている気もしますけど、これが一番。貯金する理由なんて、人それぞれ。

もし、あなたに「貯金する理由」があるのなら、メリットとかデメリットとか関係なしに、貯金したほうがいいんだと思いますよ!

貯金がない人におすすめしたい貯金術を紹介

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  トピックの目次へ

 - 貯金の仕方を研究

  広告

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ