ケントマンのお金のブログ

長期投資に向いている銘柄はどんな株?を解説

三保海岸

長期投資に向いている銘柄とは

ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャー。こういった「賢明な投資家」と呼ばれる偉大な投資家は、基本的に長期投資。卓越した銘柄選びのセンスで、偉大な投資家になった人たち。

だから、こういう人たちの銘柄選びの基準を学んでしまえば、「長期投資に向いている銘柄はどんなのか」というのはわかってくるわけです。

まずは、割安であること

長期投資にしろ短期投資にしろ、「安く買う」というのはやるべき。安く買って、高く売る。そうやってこそ利益が出るというもの。これは、「バリュー投資」と呼ばれる手法ですよね。

「高く買って、安く売る」じゃ資産が減る一方。だから、できるだけ安く買う。安く買うには、銘柄選びのコツなんかもあるけど、「どんな市場のときに買うか」というタイミングも大事だったり。

割安株の見つけ方!株式投資で勝つための銘柄選び

配当をしっかり受け取れること

これは、「株式投資の未来」という本に書いてあったこと。配当は、投資の利回りを押し上げる。株価が下がっても、配当利回りが全体の利回りをある程度はカバーしてくれるし、株価が上がったときには、ついでに配当ももらえるので、利回りが改善する、という感じ。

配当を無視しろ!みたいなことを書いてある本もあるけど、統計データ上は、大事みたいですよ、配当。

株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

成長株であること

バフェットさんの今の成功は、グレアム流に「成長」の概念を取り入れたからだとも言われています。グレアムさんは、「安全分析」という手法だったので、価値が株価よりも高ければ何でもいいって感じだった。

成長の概念を無視し、グレアム流を貫き通していたら、今のバフェットさんの成功はなかっただろうってわけです。どうせ投資するなら、横ばいの会社よりも、成長企業のほうが投資価値ありそうですもんね。

でも、期待されていてはいけない

ただ、異常に期待されているのはダメ。「株式投資の未来」という本によれば、期待値は株価に反映され、結局「割高株」になっているので、買ってもたいした利益をもたらしてくれないんだとか。

成長株であるのもいいけれど、できれば「目立っていない成長株」というのも大事なんだと思います。この辺は、ピーター・リンチに近い考え方。

成長株の概念をもたらした投資家

バフェットさんの第二の師匠と言われているのが、フィリップ・フィッシャーという投資家。バフェットに成長株の概念をもたらしたとされています。この人の本も、なかなか面白い。

永遠に持っていたくなるような株であること

バフェットさん曰く、「理想的な投資期間は、永遠」ということ。人気とかに惑わされないで、「この株ならずっと持っていたい」と思えるような株を見つけることでしょうね。

配当利回りが高かったり、競合よりも強かったり、成長がこれからも続きそうだったり、ずっとキャッシュフローを生み出してそうだったり、選ぶ基準はいろいろ考えられます。

魚の釣り方を学ぼう

雑誌やネットの「おすすめ銘柄」とか見てないで、魚の釣り方を学びましょう。そっちのほうが投資が面白くなると思います。あ、本当の魚の釣り方じゃなくて、「長期投資に最適な銘柄の見つけ方」ってところ。

株式投資も、長期的な視点を持った資産運用の手段としては、なかなかの利回りをもたらしてくれることもある代物。他人に振り回されるようじゃ、変化の激しい投資の世界じゃ生き残れないかもしれませんよ。

長期投資に最適な銘柄とか考えるのが嫌なら

自分で銘柄選びをするのは、やっぱり無理!そういう人は、バフェットさんのアドバイス通り「インデックスファンド」を買うといいんでしょうね。なんでも、インデックスファンドを買って長期保有すれば、同じ時期に投資を始めたほとんどの人を出し抜けるんだとか。

「敗者のゲーム」でもインデックスファンドを勧めているし、「株式投資の未来」でもそう。「平均に負けないこと」が大事。そして、「高いときに買わないこと」も大事になるそうです。高いときに買わないっていうのは、割安株投資の概念に似ている部分。

長期分散投資のやり方とメリット!株式投資の場合

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

株価が10倍以上になった銘柄を保有したときの体験談

どうも!しばらく株だけで生活していたことがあるケントマンです! あれは、社会人一年目の出来事。専門学校を卒業して社会人になったので、二十歳のとき。最初に始めた仕 …

マネックス証券のメリット!少額の株式投資におすすめ

株式投資初心者は、まずは少額で始めること!だって、何が起こるかわからないんだもの。お金がどう動くかわからないんだもの。実際にやってみないことには。 だから、少額 …

投資の勉強方法!本やセミナーと経験で脱初心者を目指す

投資を8年くらい続けている僕。始めてから今まで、本当にたくさんのことを勉強してきたように思う。その経験から言えることは、「投資をするなら、本気で勉強したほうがい …

ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】

ドルコスト平均法とは、株式や投資信託などを買う時に用いられる買い方です。 ザックリ言えば、「一気に買わないで、ゆっくり買おう」という買い方。 ドルコスト平均法の …

株価を予測することは不可能!「まぐれ」に惑わされるな

将来の株価を完璧に予測することなど、絶対にできない。ある研究チームが、こういう結論を出したと、ウォーレン・バフェットの本に書いてありました。 株で富を築くバフェ …

V字回復を実現するハゲタカファンドの事業再生、書評。ファンドの役割

「ハゲタカ」というドラマにはまり、現在は小説版のハゲタカにはまりまくっている僕が、「ハゲタカファンドってどんなものだよ?」と詳しく知りたくなって手にしたのが本書 …

FXは難しい!個人的には絶対におすすめはできない

今の株式投資のスタイルを確立する前は、FXにも手を出したことがある。儲かるときもあったけど、通算ではマイナス。「難しい!」と思ったので一か月くらいやって撤退した …

株の配当金が投資の利回りを引き上げるという話

最近の配当利回り状況はこんな感じ まず、配当利回りを簡単に。例えば、配当利回りが3%の株を1000円で購入したとしましょう。すると、預金金利みたいに、配当金が3 …

「不動産投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

「株式投資の学校」の無料体験学習会に続いて、「不動産投資の学校」の無料体験学習会にも参加してみました。株式投資の学校のほうの感想はこっち。 「株式投資の学校」無 …

インデックス投信について!市場平均を買うということ

素人は、特定の会社の株を買って市場に参入するよりも、市場平均と同じ動きをするインデックス投資信託(ファンド)を買ったほうがいい。 一部の著名人は、こういうアドバ …