ケントマンのお金のブログ

通信費を節約したい人向けにスマホ代やネット代を安くする方法を紹介

通信費を節約

スマホやパソコンのネット代、電話代、基本料金などの通信費を節約したい人向けに、通信費を安くする方法を紹介。

基本的な節約術からちょっと手の込んだ節約術まで。ざっと一覧にしてみると、こんな感じになります。

  • 料金プランを変更する
  • 無駄なオプションを解約する
  • 固定電話を解約する
  • セット割を上手に使う
  • 安い回線に切り替える
  • 一本化で通信費を節約する

スポンサーリンク

料金プランを変更して節約

料金プランの見直し、してますか?

そんなに電話をしないのに、無料通話がたくさん付いているスマホのプランを使っている。そんなにネットを使わないのに、通信量が7GBのプランを使っている。

スマホの料金プランは、意外とそのままにしてしまいがちじゃないですか?少し見直してみるだけで、月額料金が節約できるかもしれません。

無駄なオプションの入りっぱなし?

これもやってしまいがち。最初に「キャンペーンの為、必須です」と言われ、追加されているオプション。それを、そのままにしている。

営業マンの言われたままに加入したオプションが、実は不要だった。

スマホでもネット回線でも、これを見逃している人は意外と多い印象があります。明細を見て、確認してみて下さい。

固定電話はもう必要ない?

「最近、ケータイでしか電話してないのに、心配だから固定電話は繋いでいる」という方、たまにいます。若い方はそうでもないんですけど、昭和世代だと多い印象。

無駄なものは、解約。それだけで、通信費を節約できます。

セット割で節約する

できるだけ同じ会社でまとめる

auのスマホを使っているのならau光、ドコモのスマホを使っているのならドコモ光、ソフトバンクのスマホを使っているのならソフトバンク光を使えばセット割が適用。

そんな感じでできるだけ同じ会社でまとめたほうが、通信費を節約できるのは今や常識です。

auスマートバリューなどの活用

auのスマホを使っていて、WiMAXやJ:COMなどを利用していると、auスマートバリューという割引サービスが利用できたり。

同じ会社に見えなくても、「実は、系列だった」などの理由で、セット割が使えることも。これも、確認しておきたいところ。

安い回線に切り替えて節約

格安SIMや格安スマホに切り替える

格安SIMというのは、ケータイに挿し込むSIMだけの販売。3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)よりも圧倒的に料金が安いのが魅力。

格安スマホは、格安SIMとスマホをセットで販売しているものを指します。

格安SIMや格安スマホは、auやドコモなどの回線を借りて提供されているもの(そういう感じで回線を提供している業者をMVNO事業者なんて呼びます)。

格安SIMや格安スマホはかなり安い

3大キャリアに比べると、基本料金が圧倒的に安いですよね。テレビCMを観ていても、その安さはよくわかると思います。

格安スマホは、ただ単に乗り越えればいいんですけど(解約金には注意)、格安SIMの場合、現在持っている端末の相性の問題なんかがあるので、しっかり問い合わせてから乗り換えたほうが安心。

格安SIMや格安スマホのデメリット

3大キャリアよりも通話料金が高い傾向があるので注意。あとは、通信にちょっと難がある場合があったり、使い勝手は今までと変わる可能性があるのも考慮して切り替えて下さい。

インターネットも格安回線へ

フレッツ光を使っている場合、ドコモ光やau光、U-NEXT光などを使ったほうが安いです。キャッシュバックなどのサービスもフレッツ光より良心的ですし。

実は、この辺の光回線は、フレッツ光の回線を借りて提供されているという仕組み。格安SIMなんかと同じような原理です。

なので、現在フレッツ光を使っている場合でも、簡単な手続き(転用)で切り替えができます。「何となくフレッツ光にした」という場合、切り替えてみるとネット代を節約できる場合が多いですよ。

しかしながら、ネット回線を提供している会社はかなり多いので、どこにすればいいのか迷ってしまうと思います。そこで、僕としては、ネット回線の一括比較サービスをおすすめしておきます。

専門のスタッフがあなたにとって最適な回線を紹介してくれるので、ネットの情報だけじゃ判断ができない場合は、使ってみるといいですよ。

自宅&法人のネット一括比較サービス

モバイルWi-Fiルーターは安い?

フレッツ光などの有線ネット回線よりも、モバイルWi-Fiルーターのほうが安い場合もあります。Yahoo!Wi-Fiなんかだと、たまに月額2000円台でも使える機種を販売していたりするので、選び方次第では、それなりの節約になります。

ネットの一本化で通信費を節約

スマホのデザリングでネットを使う

スマートフォンでパソコンなどをネットに繋ぐことができるのがデザリング。設定しておけば、簡単に使うことができます。

「スマホはスマホ、パソコンはネット回線」のような形でネットを使うのではなく、スマホで一本化してしまえば、なかなかの節約に。

通信量の制約が強くなるので、ネットをヘビーに使うユーザーには向きません。

モバイルWi-Fiルーターでスマホもパソコンもネットに繋ぐ

こちらは、「スマホのネットは解約してしまって、モバイルWi-Fiルーターでスマホもパソコンもタブレットもネットに繋いでしまおう」という荒業。

あんまりおすすめはできませんけど、「そういうこともできるんだ!」くらいに覚えておいて下さい。

スマホとパソコンのネット代を一本化して節約する方法

モバイルWi-Fiルーター+ガラケーの2台持ち

さっきよりも捻ったやり方。

モバイルWi-Fiルーターを用意するのは同じ。あとは、通話用にガラケーも用意します。

そして、使い古したスマホ(契約はしてない端末)やiPod touchやタブレットを用意し、ネット用に使う。

もちろん、パソコンもモバイルWi-Fiルーターでネットに繋げられるので、一本化により、通信費の節約ができるというわけです。

先ほどの節約術もそうですが、モバイルWi-Fiルーターの電池消耗には気を付けたほうがいいです。スマホほどバッテリーもたない機種多いので。

ポケットWi-Fiの電池持ちが悪いときの対処法とは

ちょっとの作業で長期的に節約できる

通信費の節約術のいいところは、「ちょっとの手間で、継続的に節約できる」というところ。

一回お店に行くだけ、電話するだけ、ネットで申し込むだけ。こんな単純作業で、効果的な節約ができる可能性があるんです。

通信費もどんどん安くできる時代になってきているので、「仕方ないや」と諦めるのは、早すぎるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - スマホとパソコン, 家計管理と節約

スマホの通信速度制限を受けない為にやるべきこと

スマホの通信速度制限を回避するには スマホの速度制限を受けない為には、「何かをする」じゃなくて「何かを控える」っていうのが必要になる。だって、使いすぎなんですも …

ワイモバイルのWi-Fiルーターは制限がきつい?繋がらない?

イーモバイル時代からずっと使ってる、ワイモバイルのWi-Fiルーターのユーザーである僕。長年使っているとわかるんですが、ワイモバイルのWi-Fiルーターには「お …

スマホをカーナビとして使う方法!あの無料アプリで

どうも、久しぶりに車を運転してビクついてしまった、ほぼペーパードライバーのケントマンです。 そんな僕ですが、他人が運転する車に乗る機会はそこそこあるので、いつの …

簡単な家計簿のつけ方!やりくり上手を目指して

家計簿はできるだけ簡単にしたほうがいい? 貯金上手になるためには欠かせないのが家計簿。そして、続けられないと意味がないのが家計簿。途中で挫折してしまうのなら、つ …

最近スマホの電池の持ちが悪い!改善策のまとめ

スマホも、長く使っていると電池の持ちが悪くなってきますよね。今までと同じ使い方をしているはずなのに、電池の持ちが悪くなってきた!昼頃には既に半分以下になっている …

財形貯蓄とは何か?種類についてもザックリ

財形貯蓄とは、毎月の給料やボーナスから天引きで貯金できる制度。 ただし、財形貯蓄は、会社勤めの人にしか関係ありません。財形貯蓄は、銀行などの金融機関が法人向けに …

Wi-Fiレンタルってどうよ?国内用を使ってみての感想と、使い方を簡単に

海外用のWi-Fiレンタルは有名ですけど、実は国内用もあったんですね! 引越しするとき、ネット回線の工事の日程が合わず、「2週間ネットが使えない!」という状況に …

ワイモバイルのWi-Fiルーターをしばらく使ってみての評価と感想

それまでは有線でネットに繋いでいたものの、引越しを考えたとき「モバイルWi-Fiルーターのほうが手続きとかいらないし楽じゃね!?」と思い、イーモバイルのモバイル …

パソコンメガネを使うメリット!その他の活用法も

ここ数年で流行りだした「ブルーライトカット」でお馴染みのパソコンメガネ。ブルーライトって体に悪影響があるらしい。 どうも、ケントマンです。 僕は専門家じゃないの …

旅行に行くとき、旅行代理店で申し込むとホテル代を節約できる

旅行に行くとき、目的地までの新幹線か飛行機のチケットを取って、宿も自分で手配する。僕は基本このスタイルでやっていたんですけど、これだとかなり損をしていることに気 …