ワイクラ

お金系雑記ブログ

実証済み!年上の彼女の作り方を書き綴る

写真撮影

嫁は9歳年上。その前に付き合ってた彼女は6歳年上。社会人になってからは年上としか付き合ったことがない僕。友達には「年上キラー」と呼ばれている。

年上の彼女を作るには、なかなか頑張った記憶がある。女性のほうが、「私なんて・・・」と思ってしまうこともあったので、そこの壁を乗り越える必要があったから。

そうじゃなくても、最初は恋愛対象として見てもらえなかったりと、苦労は絶えなかった。

ここでは、僕なりの「年上の彼女の作り方」を全力で書き殴ってみる。

年上の女性とはどこで出会ったのか

職場で出会うのが基本だった

職場にもよるだろうけど、社会人になって働くようになったら、年上の女性と出会う機会がかなり増えた。2~3歳上とかじゃなくて、もっと上の女性とも普通に出会えた。

僕の場合、「自然な出会い」からしか恋愛に発展したことがない。友達にはナンパのプロとかいた。出会いは自然にもあるし、作ることもできるってことか。

職場恋愛は静かに行うべき

職場恋愛の場合、周囲にバレないようにしたほうがいい。以前、仲が良かった職場の男友達一人に喋ったら、その人が歩くスピーカーになって職場中に知れ渡ってしまったことがある。

僕は気にしないけど、そこをバレることを気にする女性も多いので、喋りたくても喋らないほうが無難かと。

SNSを通じて女性と知り合った経験もある

学生時代に、ミクシィで女性と出会ったこともある。恋愛には発展しなかったけど。「こんなこともあるんだ」と、その時初めて実感した。出会いはどこにあるのかわからないもんだ。

仲良くなるキッカケはどこだったのか

「集団で遊びに行く」が基本だった

集団で遊びに行ったときに、何となく仲良くなる。狙っていたわけじゃなく、自然に仲良くなる。そういうケースが基本だった。狙っていってもいいのかもしれないけど、仕事中だけじゃあんまり「恋するぞ!」という感じにはならなかった僕。

性格的な相性がいい感じだと、集団で遊びに行ったときに自然に仲良くなれた。

最初から仲が良かったケースもある

嫁の前の彼女の話。この時も職場だったけど、出会った当日から仲良くなれたケースもあった。人間関係、何が起こるかわからない。

余談だけど、そのときの彼女は、人生で一番の大恋愛だった。いい思い出。嫁には内緒。嫌いになって別れたわけじゃなく、事情があって別れざるをえなかった感じ。

集団でいるときにいかに仲良くなるかがポイントだと思われる

仲良くなってないのにいきなりデートに誘うと断られてしまう可能性が高いように思う。少しでも気になったら、まずはその人を交えて集団で遊びに行ったほうが、デートに誘える可能性が高くなるかと。

デートに誘うタイミング

仲良くなれたら、とりあえず誘ってみる

嫁の場合は、職場のみんなでボーリングに行ったときに、「今度二人で来ようか」という話になった。多分、僕から誘った気もする。

女性と話していると、「ここだ!」という感じで、デートに誘えそうなポイントがあると思う。そこを見逃さないのが大事。

断れる可能性は拭いきれないもの

「じゃあ、みんなで行こうか」というのは、よくある断られ方。そうなっても、めげずに頑張っていればデートの承諾をもらえることもあるみたい。諦めたらそこで試合終了。

恋愛に発展させるために

デートを重ねられるようになればだいたいオッケー

経験上、二回目のデートができれば心を許してくれている証拠。デートを何回か重ねれば、恋愛に発展させるタイミングも出てくる。二人で会うことを自然にする。これができれば、恋愛に発展する可能性は高い。

休日デートもできればいい感じ

仕事が終わった後にちょこっとデートするだけじゃなくて、休日に一緒に遊びに行ければ、仲が良い証拠。いきなり「彼女にしよう!」とか考えないで、徐々に仲良くなるのが良いというのが、僕の見解。

いろんなデートをしてみた

毎回居酒屋とかバーじゃ絶対に飽きるし、会話のネタも尽きてしまう可能性がある。二人で一緒にダーツ始めたりもしたけど、ああいうのはいい。二人で新しいことにチャレンジすると、更に仲良くなれる。

とにかく、毎回同じデートじゃなくて、いろんなところに行くというのが、僕なりのテクニックかな。

二人きりでカラオケ

僕はカラオケ大好きなので、よく行く。男性と二人きりでカラオケに行くのを拒否するケースも結構多いことを考えると、二人きりで行ってくれるというのは、それなりに心を許してくれている証拠だと思っている。

わずかな時間でも会ってみる

個人的なコツ。仕事が終わるのがお互いに遅くて「一時間しか会えない!」というときでも、なるべく会うようにしてた。てか、ここまで来たら、普通にオッケーかと思われる。

僕の場合、ベッドインは付き合った後

付き合う前にベッドインをする人も結構多いんだけど、僕はやったことない。何だろう、性格的な問題かな。僕ば警戒心が強いほうだし。この辺は、個人の判断に任せる。

相手の反応や言動をうかがう

デートを重ねていると、「オッケーかそうじゃないか」が反応とか言動に見え隠れする。デートを楽しみつつ、「相手が自分のことをどう思っているか」は気にしておくようにしてた。

連絡はどれくらい取り合ってたか

そこそこ頻繁にやってた記憶はある

ほぼ毎日連絡を取り合ってたこともあったし、そうじゃないときもあった。これ、コツとかじゃなく、普通に仲良くなってれば自然に行われることだと思う。性格もだいぶ関係してくるから、ここでは「オッケー」とかはそんなに判断できないかと。

相手のレスポンス具合で判断する

他人とそこまで連絡を取らないのが僕の性格。僕みたいな性格の女性もいる。でも、相手が連絡取るのが好きなタイプだったら、僕だって連絡取る。

こういうところ、本当にコツなんてない。強いて言えば、「相手のことをよく観察する」くらいかな。

LINEよりもメールのほうが気楽だったな

既読とか、本当に面倒。LINEは楽でいいけど、個人的には、メールのほうが好きだった。ただの愚痴。

告白するときも恐れずに

告白しないとか個人的にはNG

告白というイベントをスルーして「何となく付き合っている状態になった」というカップルもいるけど、個人的には、そこはしっかりしておきたい。ここも、個人の判断に任せる。

告白をちゃんとすれば、「付き合った記念日」がちゃんと制定されるというメリットがある。

告白は実際に会っているときに

メールとかLINEはありえない。電話もNG。実際に会っているときに告白したほうが、その後の達成感とか幸福感とかあっていいじゃない。

覚悟を決めておいた

「この日に告白するぞ!」という覚悟はある程度決めておくのが僕のスタイルだった。覚悟はしておいても、話の流れとかで見送ることもあった。コミュニケーションは、一方通行じゃ成り立たない。

年上女性ならではの壁

年齢の壁は意外と大きい。彼女が気にするから

男の場合、「年上の女性」に憧れる傾向もあるから、年の差なんてそんなに気にしない。ただ、女性が気にする場合が多い。僕の嫁は9歳上だから、最初はかなり気にしてた。この壁を取り払うことができるかが、勝負所。

安心させてあげたほうがいいかと

年上の彼女は、「若い子にいつか取られるんじゃないか」とか心配することもある。年下の男の将来とか気にして、「私なんかじゃ」と考えてしまうこともある。

そこを安心させてあげられるか。僕の場合、「大丈夫だよ」みたいに、直接言葉にして伝えていた。気がする。

年上の彼女はこんな感じ

年齢の差はだんだん気にならなくなってくる

年上の彼女を実際に作って思ったのが、「しばらく経つと、年の差とか気にならなくなる」ということ。僕ばそんな感じだった。ただ、彼女のほうは、たまに年の差のことを考えてナイーブになってしまうこともあったようだ。

それでも、時間が経過してくるとお互いそんなに気にしなくなるというのは、本当。

ジェネレーションギャップも逆に面白い

「ジェネレーションギャップで会話が噛み合わないんじゃないか?」という不安なんて持ったことはない。会話が噛み合うかどうかは、何度か話してればわかる。

そもそも、同年代でも、趣味趣向の違いで会話が噛み合わないことも普通にある。そういうの、コミュニケーション能力でいくらでも乗り越えられる。だから、「年の差で会話が噛み合わない」なんて気にしたことがない。

年齢的なプレッシャーはお互いにあるかと

年上の彼女を作るとき、「結婚」というワードが脳裏をちらつく。それは、彼女もそうだし、男のほうもそうだと思う。僕も結構意識してた。

年上女性には独特の魅力があるのはいいんだけど、そういうプレッシャーもあることも事実。

とは言え、結婚の価値観は人それぞれ

そこそこの年齢になると、「結婚を諦めている」という女性もいる。結婚に魅力を感じない女性もいるしね。価値観は、人それぞれ。大事なのは、お互いがお互いの価値観を理解し合うことだと思われる。

年上の彼女を作る上でのポイント

年齢差は言うほど気にしなくていい

年齢なんて、ただのステータス。そんなことよりも、相手のことを理解し、思いやろうとする気持ちが大事かと。年の差なんて、そのうち気にならなくなるし。

「とにかく一緒にいる」が恋愛の鉄則

僕なりの恋愛のコツ。これが一番大事。とにかく一緒にいること。時間を見付けて会うようにすること。とにかく会うようにすれば、それだけチャンスとか増えるってもんでしょ。仲良くなれるし。

ダメならダメで仕方がない

「ちょっと待って」から数日後にオッケーをもらったこともある。もちろん、フラれるケースもある。とにかく突っ込んでいかないと、年上の彼女は作れないかと。

年上だろうが何だろうが、彼女を作る難しさは一緒かと

年上だろうが年下だろうが、女性は女性。女心を理解しておくのが大事。「年上の彼女とは、結婚が・・・」とか思うのなら、話の中で探っていけばいいだけ。

実は、僕って結構モテる

いろいろ書いてみたけど、最後にはこれ。僕って、実は結構モテる。年上からも年下からも結構告白されたことがある。こんなこと書くと反感買いそうだけど、正直でいたい僕。

なので、今回書いたこれが万人の参考になるとは思えない。少しでも「なるほど!」と思ってもらえればそれでいい。そんな思いで書いてみた。最後にそれを言いたくなっただけ。

そもそも、恋愛の法則なんて

人間には、それぞれ個性があるので、絶対的な「恋愛の法則」なんてないと思っている。臨機応変に対応できるかが大事かと。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 恋愛・結婚

革財布
結婚しても財布を握らせない!お小遣い制を回避する方法

僕が考案した平等なお金の管理方法。どっちかが財布を握ると、だいたい不正が起きますからね。人間ですもの。 やり方をザックリ書くと、こんな感じ。 収入を二人で二等分 …

punch
年下の男性を好きになってしまった年上女性のあなたへ

以前「年上女性の落とし方」なんて記事を書いたけど、女性が年下の男性を好きになってしまうケースも結構あると思ってる。 30歳付近になると、「相手がいない!」という …

パンチが痛い
男性がついつい女性を見る、目を奪われるのは仕方がないことらしい

かわいい女性、きれいな女性が近くにいると、ついつい見てしまう。目を奪われてしまう。ウルフルズの歌の中にも、そんな歌詞がありますよね。 これは、彼女や妻といるとき …

写真を撮る
男を惑わす「魔性の女」の特徴!美人だと更に厄介

「魔性の女」に惑わされたことはありませんか?僕は二回くらいあります。 魔性の女って、厄介ですよね。なんだか、こっちに気があるような言動を取ってくる。でも、こっち …

ビンタが痛い
結婚を決断できないときは「勢い」が足りないのではないか

結婚の決断には「勢い」が大事だった 私事ではありますが、先日、5年付き合った彼女にプロポーズし、無事に結婚することになりました。 正直、不安はいろいろあります。 …

朝顔 ⅰ
リアル昼顔は本当にあるというのだから恐ろしい

どうも、まだまだ新婚のケントマンです。今回は、「リアル昼顔」の噂について。 ちょっと前に「昼顔」というドラマが流行りましたよね。既婚の女性が、旦那がいない昼間に …

バレンタインズ・デイ
年上女性との出会いはここに!年下男子と出会う方法にもなる

「年上女性と付き合ってみたいけど、なかなか年上女性との出会いがない」という年上女性好きな男子のために、「年上女性との出会いはここにある!」というのをいくつか紹介 …

igarashisan
年上女性の5つの魅力!なぜだか惹かれる不思議

年上女性には不思議な魅力がある。アイドルには若い女の子が多いけど、「年上女性が好き!」という男性は意外に多い。年上のお姉さんの魅力に、男子は弱いのかも。 最近で …

眼鏡と私
恋愛経験のない草食系男子は年上女性狙いでいくべし

恋愛経験って大事。恋愛経験があると、「恋愛ってこうすればいい!」というのが何となくわかるので、次の恋愛に踏み出しやすい。 ところが、恋愛経験がないと、「恋愛を知 …

toshiue
年上女性の落とし方!落とす為のアプローチ、告白の方法など

年上の女性を好きになってしまう男性は意外と多いもの。年上女性って、憧れるんだもの。なんだか不思議な魅力があるんだもの。 是非とも射止めて、付き合ってみたくなるよ …