ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

投資信託(投信、ファンド)とは何か


投資信託(ファンド)とは、簡単に言うと、「いろんな投資家からお金を集めて、代表者がそのお金を運用するもの」という感じ。投信なんて言葉もありますが、投資信託を略して言ってるだけ。

投資信託の基礎知識

代表して運用する人をファンドマネージャーと呼ぶ

一応、基礎知識として。

利益は投資家に還元される

利益が出ればの話。投資信託は、元本保証じゃないのでご注意を。つまり、損をすることもあるってこと。

手数料が掛かる

手数料を貰えないなら、代表して投資なんかやりません。投資信託の種類によって、手数料はまちまち。販売手数料やら、委託手数料やらが差し引かれるのが通常。

販売手数料が掛からない投資信託をノーロードファンドなんて呼んだりもします。

投資先はいろいろ

投資先は、投資信託によってまちまち。株式や債券が一般的。その他、不動産に投資するREIT(不動産投資信託)なんていうのとか、いろいろ。

分散投資が簡単にできる

投資信託自体、いろんな株式やら債権に分散投資しているので、投資信託を一つ買っただけでも分散投資しているという見方もできます。

投資信託を複数買うと、自分のお金が具体的にどこに投資されているのかを追跡するのもかなり面倒になること間違いなし。

海外への投資も気軽にできる

自分で外国の株式を買ったりするのはなかなか情報がなかったりして面倒なんですけど、ここをプロに任せてしまえるのも投資信託。

インデックス型とアクティブ型

市場平均(日経平均やダウ平均など)の値動きに連動するのがインデックス型投資信託で、市場平均を超えようと頑張って運用してくれるのがアクティブ型投資信託

一般的に、インデックス型のほうが手数料が安く、アクティブ型のほうが高い。ちなみに、世界一の投資家であるウォーレン・バフェットは、一般投資家にはインデックス投資信託への投資を推奨している。

インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の違い

証券会社や銀行で買える

資金があれば、投資信託は簡単に購入できます。その他、セゾン投信とかひふみ投信のように、独立系のものも多々あるので、調べてみるのもいいかも。

投資信託は優良な投資先か否か

投資信託は、プロのファンドマネージャーに資金を託せるので、安心だと思うかもしれません。しかし、投資の世界はそんなに甘くない。

ある統計では、「投資信託に投資した個人投資家は、通算で損をするのが平均」というデータも。

投資は、自己責任。何を信じるのかは、あなた次第。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧

 - 投資信託(ファンド)

  トップページから記事を探す

 - トップページへ

  フォローお願いします!

follow us in feedly

最終更新日:2017/05/20