ケントマンのお金のブログ

投資と貯金の割合はどれがベスト?バランス大事ですよ

STUDY!

投資をやっていると迷うことの一つが、「投資と貯金の割合」です。当然、貯金の何割かを投資に回すことになるんですけど、「最適なバランスはどれくらいか?」「比率はどれくらいがベストか?」に結構悩むと思います。

お金を投資に回すとなると、それなりのリスクにさらすことになりますよね。つまり、損失が出る危険があるということ。大事な資産、せっかく貯めたお金を失う可能性があるということ。

投資は、お金を増やす可能性を秘めたものですけど、リスクもある。大事な資産を適切に運用するためにも、投資と貯金の割合・バランスはしっかり考えておきたいところです。

スポンサーリンク

貯金と投資の割合。バランスを考えてみる

投資の割合を大きくするとどうなるのか

投資をすると必ずと言っていいほど通る道。

「もっとたくさん買っておけば良かった・・・」「もっとたくさん預けておけばよかった・・・」

あなたにもこんな経験ありませんか?僕はしょっちゅう思ってます。人間の欲望は無限大なので、投資で利益が出たときに、こんなことを考えるわけです。

投資の割合を大きくすれば、儲けが出たときに、より多くの利益をその手にすることができるってわけです。

貯金の割合を大きくするとどうなるのか

投資の割合を大きくすると、利益が出たときに、投資の恩恵を最大に受けることができる。ですが、もちろん逆効果のときもありますよね。

今度は、「こんなに買わなきゃ良かった・・・」と思うときもあるわけです。そう、損失が出たとき。

いつも利益が出れば、そんなに嬉しいことはないのが投資。ですけど、そう上手くいかないのも投資ってもの。貯金の割合を大きくしておくと、損失が出たときに、被害を少なめにすることができるわけです。

投資と貯金のバランスの考察

投資7:貯金3くらいの比率

これは、結構ガッツリ目の割合です。7割もの資産をリスクにさらしていることになるので、何かあったときは結構大変。その代わりに、利益が出たときの恩恵は大きい。

更に、「投資9」とか「投資10」にするという手もありますけど、プロの投資家でもない限り、あんまりおすすめはできないんですよね。何に投資するかにもよりますけど。

投資5:貯金5くらいの比率

半々。ハーフ&ハーフ。もしかしたら、大事な貯金が半分なくなるかもしれない。利益が出たときは、それなりに恩恵を受けられる。

投資3:貯金7くらいの比率

割と安全な割合。投資の効果は薄れるけど、資産の大半を安全な「貯金」に回しているので、「投資のせいで資産をなくした!最悪だ!」ということにはなりにくい。

ちなみに、初心者は「投資1:貯金9」くらいで始めてもいいと思います。

投資の扱い方を考えてみよう

投資は余裕資金でやるほうがいい?

こういうことはよく言われます。これは、僕も同感。投資って、資産を失う可能性があるんですよ。だから、「最悪、なくなってもいい金額」でやったほうが、生活が脅かされないし、冷静に判断できるのでいいと思うんです。

貯金の大半を投資に回すとこれに困る

投資に回したお金は、基本的に現金化するのに数日くらい掛かります。つまり、「今すぐにまとまったお金が欲しい!」という状況になったとき、貯金の大半を投資に回していると、困るんですよ。

それに、投資を途中で引き上げてしまうのは、投資戦略的にもよくないですし。

何に投資するのかも大きな問題

投資対象は結構な問題。リスクの大きいデリバティブ取引なんかは、資金の一部だけでやったほうがいいという意見もあります。

要は、投機的なことをするなら、本当に「遊び金」でやれってことですね。これは、デリバティブじゃなくても同じ。株の投機的取引みたいな。

逆に、国債のような「安全な投資」なら、投資の割合を大きくしても、そこまで危険性は大きくならないわけです。

貯金しておいたほうが利回りがいい場合もある

投資は、何が起こるかわかりません。時期によっては、定期預金のほうが利回りがいいってこともあるんです。

投資をやっていればお金を増やせるか?っていうと、そうじゃないときもあるんです。それに、長年やっているから上手くなるってものでもないですし、「投資」に対して、そこまでを見ないほうがいいんですよ、実際。

一度利益を出したくらいで、「オレ、才能あるじゃん!」なんて勘違いしないで、勉強は続けたほうがいいです、絶対。

投資と貯金の割合をコントロールする方法

僕の場合の話。やっているのは、株式投資。使っているのは、SBI証券。SBI証券は、「住信SBIネット銀行」と連携できるので、貯金と投資資金をSBIで管理してしまえば、割合はコントロールしやすくなるはず

バランスの取れた投資と貯金の割合を

ベンジャミン・グレアムのような「賢明な投資家」クラスになると、相場の動きとか見ながら、「勝つ確率が高いときは投資の割合を大きくすし、勝てそうにないときは貯金の割合を大きくする」みたいな戦略も取り始める。

最適な割合というのは、もしかしたらその時によって変わるものなのかもしれませんね。

リスクが怖いって方は、貯金の比率を常に大目にしておいたほうがいいでしょうけど。これから何が起こるかなんて、起こってみないとわかりませんし。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

株価を予測することは不可能!「まぐれ」に惑わされるな

将来の株価を完璧に予測することなど、絶対にできない。ある研究チームが、こういう結論を出したと、ウォーレン・バフェットの本に書いてありました。 株で富を築くバフェ …

株式投資(現物)のメリットとデメリット、リスク

現物の株式取引は、証券会社からお金を借りて株の取り引きをする信用取引ではなく、手持ちの資金で株の取引きをするものを言う。 株式投資のメリットとは キャピタルゲイ …

ラッキーバンク(Lucky Bank)の特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

ラッキーバンク(Lucky Bank)は、ラッキーバンク・インベストメント株式会社が提供するソーシャルレンディングサービス。不動産案件がメインで、予定利回りもな …

リスクのない投資とはどんなもの?簡単に解説

ほとんどの人はリスクを嫌います。だから、投資を頭から毛嫌いする人もいるわけです。でも、「リスクのない投資」ができれば、そういうものがあるとすれば、投資に興味を持 …

敗者のゲーム、書評。投資家が本当に意識するべきこととは

前から読もうと思ってたのに読んでなかった「敗者のゲーム」。読んでよかった敗者のゲーム。「敗者のゲーム」っていうのは、投資の本です。 以前「まぐれ、書評。投資家が …

セゾン投信の特徴とメリット【投資信託】

独立系の投資信託としてなかなかの人気を誇るのがセゾン投信。運用成績もなかなかよく、少額から始められるのも強み。しかし、証券会社に口座を持っていれば買えるわけでは …

本当の投資家になるには?ベンジャミン・グレアム「賢明なる投資家」

どうも、最近株価が下がりまくってテンション上昇中のケントマンです! 僕が株式投資を本気で勉強するキッカケになったのが、「世界一の投資家」と呼ばれるウォーレン・バ …

投資の勉強をする際に読んでおきたい本6選

「必勝法」のような本ではなく、投資の本質を学べるような本を紹介します。 投資の勉強する際の必読書4選 投資では、何ができて、何ができないのか。ネット上に溢れかえ …

投資全般に当てはまるメリットとデメリットのザックリしたまとめ

投資をするメリットとは何か お金面でのメリットはこんな感じ 銀行にお金を預けるよりもお金を増やせる可能性がある 給料以外の収入源になる可能性がある 上手くいけば …

証券会社の使い方!株や投資信託はこう買う

若いうちから使いまくる人もいれば、一生縁がない人もいる「証券会社」。 今は馴染みがなくても、これから使うことになる人もいると思うので、「証券会社の使い方」につい …