ケントマンのブログ

投資成績の良し悪しを知りたい?利益じゃなくて「利回り」を


自宅差し押さえの張り紙

「株で2000万円儲かった!」という話を聞くと、「株って凄いな!やりたいな!」と思いませんか?

でも、あんな感じの自慢話は、基本的に「儲かったときのこと」しか言ってないのでご注意を。大事なのは、通算成績はどうなのか。つまり、実際に投資で儲かっているのかってところ。

ほら、パチンコで通算で負けている人でも、「20万円勝った!」とか自慢していると、「パチンコって儲かるのかな?」って錯覚しますよね。あんなのと一緒。

スポンサーリンク

「利回り」で投資を眺めてみる

元本に対して利益はいくらか

例えば、「株で100万円の利益が出た」としましょう。これって、凄いのか、そうじゃないのか。

まずは、「元本」を知ると、かなり違う。

同じ「利益100万円」でも、元本が100万円あったのと、一億円あったのでは、意味合いがかなり変わってくる。「投資でいくら儲かった!」という話を聞いたとき、「で、元本はいくら?」と考えるのは、かなり大事。

この場合の利回りはどれくらい?

元本100万円で100万円の利益が出れば、100%。元本一億円で100万円の利益が出れば、1%。1%なんて、たいしたことない感じしませんか?

同じ100万円の利益でも、利回りを見れば、こんなにも違うんです。

年利はいくらなのかはかなり大事

「株で100万円儲かった!」と自慢している人でも、実は一年のうちでかなり損をしていて、実際はマイナスだったりすることもあります。

それに、一時的な儲けを自慢するタイプの人は、年利なんて考えていないことが多いので、イマイチ信用できないというのが、僕の持論。

一時的に100万円儲かっても、年間で負けていたら、年利はプラスになりません。最低水準の預金金利にも遠く及ばないんです。

通算成績を計算している人なんてほとんどいないはず

投資を始めてから今までの実際の利回りはどれくらいなのか?その利回りは、国債の利回りを上回っているのか?市場平均よりも上なのか?

そんなことを計算している人は、非常に少ないはず。市場平均とか預金金利とか上回ってないと、投資をしている意味なんてないはずなのに。

投資成績は利回りで考えたほうがよくわかる

これは、投資に勧誘されるときでも、自分が投資をするときでも同じ。「何となく」では、何もわからない。それに、投資は、通算で勝てないのなら、やらないほうがいい代物。

無駄に莫大な利益ばっかり強調する投資の勧誘なんかも、疑ってかかったほうがいいと思いますよ。

投資は儲かるの?投資は儲からないの?投資の真実

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  トピックの目次へ

 - 投資の備忘録

  広告

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ