ケントマンのお金のブログ

統計学は面白い!と教えてくれる本「競争優位で勝つ統計学」

トランプガール

統計学は面白いです。投資をやっている方は、やがて統計学に出会うことになるかも。

どうも、ケントマンです。

統計学の勉強をするために読んだ本まとめ!数字や確率は面白い」で紹介した「競争優位で勝つ統計学」という本ですが、本当に面白いです。

投資をやっている方、ビジネスをやっている方には、是非とも読んで頂きたい、おすすめの本。

スポンサーリンク

「競争優位で勝つ統計学」はこんな本

ラスベガスをぶっ潰しそうな人が著者

学生が、統計学を駆使して、ラスベガスで「ブラックジャック」をプレイ。勝ちまくる。そういう映画があるんですけど、この本の著者は、実際にそういうことをやってた人。勝つんですよ、統計学で。

わずかな差が大きな勝利に変わる

この本を読んでわかったのは、「100%勝つ確率なんか必要ない。55%くらいでも、その勝負を続けていれば、大きな勝利に繋がる」なんてこと。ブラックジャックで勝つために使っていた統計学は、そういう「わずかな差」を見付けるためのものだったそうな。

つまりが、こういうこと

数字を駆使して、「勝つ確率」を知る。そして、常に「勝ちやすいポジション」を取り続ける。そういう分析が可能なら、数字を駆使して勝つことができる。どうですか?面白くないですか?統計学。

統計学の面白さと危うさを教えてくれる

統計学を使って、投資で勝てるかも。統計学を使って、ビジネスで勝てるかも。そんな野望を抱いてこの本を読むと、ワクワクします。ただ、しっかり「弱点」も教えてくれるので、「統計学」というキャッチコピーに踊らされていそうな人にも、読んでほしいかも。

統計学は面白いのだけれども

実践するのはなかなか難しい

面白いのはわかるんですけど、実践するのはなかなか難しいのが現実。僕も数学には強いほうだと思うんですけど、難しいです。本気で勉強してビジネスとかに繋がるのなら、本気で勉強してみたい分野ではあるんですけど。

統計学が通用しない分野もある

ブラックジャックは、トランプを使います。枚数が決まっているので、確率の計算はしやすいんです。ところが、投資や投機になると、そうもいかないと著者は悟ります。オプション取引とかやっても、全然勝てなかったそうですよ。

統計学は万能じゃないのだ

要素が多すぎるものだと、分析しきれないのかもしれません。僕の見解だと、統計学は「これはこうだった」という結果は教えてくれるけど、それが再現性があるかどうかは、ものによる。というところ。

「たまたま」をどう扱うのか

ビジネス書の隠れたおすすめの名著まとめ!ベストセラーばっかり読んでない?」で紹介した「なぜビジネス書は間違うのか」によれば、ビジネスの成功はほとんど「たまたま」らしい。たまたま勝ったものにそれっぽい理由を付けることは、よくされていることだと。

統計学というキャッチコピー

中には、「統計的には・・・」という理由を付けて、投資の勧誘なんかをする人たちもいたり。その統計学は、本物なのか!?統計学を勉強してみると、「むむ?」と思うこともあります。「統計的に」と聞けば信じてしまいそうな数字に弱い方は、気を付けたほうがいいですよ。

とは言え、統計学は面白い

何だかんだで、統計学にはハマりました。そこまでガッツリ勉強してないですけどね。本気じゃないだけです。

そういえば、「競争優位で勝つ統計学」を読んだら、勝つことを意識するようになりました。数学はそこまで駆使できませんが。その意識と、「統計学は万能じゃない」と知れたこと。この本から学んだのは、そんなところですかね。

統計学の勉強!この本が面白いからおすすめ

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - 仕事

ブラック企業で働く若者が主人公の小説が爽快で面白かった

「ちょっと今から仕事やめてくる」という小説。これ。 新卒でブラック企業に就職してしまい、地獄のような日々を送っている若者の物語。「入社して6ヶ月じゃ辞められない …

仕事の教え方が下手な人の特徴とは

できれば上司になってほしくない、仕事の教え方が下手な人の特徴とは? 社内常識と一般常識の区別がついてない 教えていない社内用語を連発する 会社には、それぞれ、独 …

統計学の勉強!この本が面白いからおすすめ

投資から統計学に興味を持ち、興味があるってだけで勉強してたら、最近目指している「証券アナリスト」の勉強でも何気に役に立っている。 どうも、ケントマンです。 ここ …

もう仕事辞めたい!転職や退職の前に知っておくべきこと

仕事やめたい!本気で辞めたい!そう思うのなら、さっさと辞めちゃうべき。なんでそんなにハッキリ書いたのかと言うと、仕事を無理やり続けたせいでうつ病になって苦労した …

苦手な人多し?会社の飲み会が嫌いな理由を考える

僕は大人数の飲み会が嫌いだ。学生時代も苦手だったけど、会社の飲み会はもっと嫌い。理由を単純に挙げると、「面倒だから」に尽きる。 この記事を書く前に、「飲み会 嫌 …

働きたくない!と思いながらも仕事に通い続ける方法

働きたくない。もっと自由に生きていたい。それでも、お金を稼ぐためには働かないといけない。嫌な世の中だ。 「働きたくない!」というのは、常日頃から思っている。毎日 …

仕事をする理由なんてこれだけで十分なんじゃないか

何の為に仕事をしているのだろうか・・・。ふとしたときにそんな思いに浸ってしまうのは、恐らく誰でもあること。本当は別の生き方をしたいのに、できない。 やりたくもな …

株式投資をやってて気付いた利益率の高い業界たち

株式投資をやっているので、いろんな上場企業の決算書を見てきたのですが、そんな中で「この業界って意外と利益率高いんだな!」と感じたものがいくつかあったので紹介。ま …

仕事始めが憂鬱!という時に考えたいこと

年末年始になるとGoogleでやたらと検索される「仕事始め 憂鬱」というキーワード。それだけ、「仕事始めが憂鬱だ」と思っている人が多いということです。 仕事始め …

ビジネス書は役に立つは勘違い?なぜビジネス書は間違うのか

僕のようなビジネス書好きだった人間を一瞬にして「ビジネス書はもういいや」という人間に変えてしまう驚異の一冊。それが「なぜビジネス書は間違うのか」という本。 どう …