ワイクラ

お金系雑記ブログ

おすすめの転職エージェント!使わないと機会損失

名刺交換

転職サイトは、求人情報が見れるだけ。自分で探して、自分で応募する。これが、普通の転職サイト。ネットで求人情報が見れるから、素早く情報を見付けられたりしますよね。

そして、転職のときに重宝するのが、「転職エージェント」というサービス。転職エージェントは、これから転職をしようというあなたにとって、欠かせない存在になりうるもの。

ここでは、そんな転職エージェントについて、簡単に説明しちゃいます。実際に使ってみると痛感しますけど、エージェントを使わないのは、かなりもったいないですよ。

転職エージェントにはこんなメリットがある

エージェントが転職をサポートしてくれる

転職エージェントに登録すると、担当者があなたの転職の味方になってくれます。転職エージェントは、独自ルートで求人情報を集めているらしく、普通の転職サイトに載っていない求人を紹介してくれることも多々あります。

エージェントのサイトに登録すると、まずはエージェントと実際に会って面談します。そこで、希望の条件や経歴などを詳しく聞かれ、その後に、あなたの条件に合った求人を紹介してくれるんです。

面接などのサポートもしてくれる

転職エージェントは、面接などの「転職にまつわるあれこれ」のサポートもしてくれるので、一人でやるよりも安心できるという大きなメリットがあります。

面倒な書類選考なんかも、エージェントが仲介してやってくれるので、一人で一社ずつに履歴書と職務経歴書を送るよりも、ずっとスマートに転職活動ができるんです。もちろん、自己PRや経歴の書き方もしっかりサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使えます

ここまでやってくれると、何だか有料っぽいですけど、ほとんどのエージェントは無料で使えます。

転職エージェントというのは、登録してくれた人を実際に就職させて、その年収の3割くらいを報酬として受け取るビジネスということ。そんなわけで、あなたの転職を無料でも必死にサポートしてくれるんですよ。

ただし、「あなたに合った仕事」というよりも、「年収の高い仕事」を勧められるというケースなどもあるようなので、頼りきるのは危険かもしれません。

転職には、あなたの意思が大事ってわけです。

それに、一人でガッツリ動きたい人には、転職エージェントは向いてません。

転職エージェントは複数登録しておいたほうがいい

転職エージェントはいくつかありますけど、会社によって、あなたに「合う、合わない」があったり、担当者によっても、「合う、合わない」があります。特色は、人によっても、会社によっても違う。

だから、一気に転職活動したいのなら、一つのエージェントに頼らないで、複数のエージェントで試してみたほうがいいです。できれば、3つ以上は登録しておきたいところ。

おすすめの転職エージェントまとめ

そんなわけで、おすすめしたい転職エージェントをいくつか紹介。

まずは大手!「リクルートエージェント」

あの「リクルート」がやっている転職エージェント。規模が大きく、求人数も豊富。ただ、ちょっと敷居が高い印象もある。でも、とりあえず登録しておきたい転職エージェントでもあります。

リクルートエージェント転職支援サービス

これも大手のエージェント!「DODA(デューダ)」

「DODA(デューダ)」というエージェントも、名の知れた転職エージェント。ここには「スカウトサービス」なるものがあるんですけど、メールがめっちゃ来るのでそこはおすすめしません。純粋に、転職支援サービスだけを使ったほうがいいかと。

業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

これまた大手!「マイナビエージェント」

リクルートとDODAほどではないですが、「マイナビ」も名の知れた大手の転職エージェント。大手の3つと言ったら、この辺でしょう。転職活動をするのなら、この3つにはとりあえず登録しておきたいところ。

マイナビエージェント

サポートを受けられるのはハローワークだけではない

そんなわけで、転職についてあれこれサポートしてくれるのは、何もハローワークだけじゃないってことです。ハローワークにも独特の安心感があるかもしれませんけど、転職エージェントだって、そういうサポートはやっているってわけです。

それに、ハローワークの求人って、イマイチ評判よくないですしね。

専門的な仕事の経験があるのなら

エージェントの中にも、「IT専門」みたいに、専門性に特化したエージェントもあります。専門的な職業の経験があるのなら、専門性に特化したエージェントのほうが効率的。

ITエンジニアに特化した「ワークポート」

ITエンジニアに特化した転職エージェント。規模も大きく、大手企業の求人も多く抱えているので、キャリアアップなどを目指すエンジニアは、相談に行ってみるべし。

ワークポート

看護師の転職に特化した「ナース人材バンク」

「ナース人材バンク」は、名前の通り看護師の転職に特化したエージェント。規模が大きいので、地方でも利用しやすい、大手ナース特化型エージェント。

ナース人材バンク

フリーター向けの転職エージェント

フリーターは、書類選考がなかなか通らない場合もあり、転職では不利になりやすいのが現実。「ハタラクティブ」なら、フリーターや第二新卒に特化したエージェントなので、書類選考も通りやすくなります。推薦もしっかりしてくれるので。

また、「未経験ならこういう仕事がいい」と教えてくれたり、面接の練習や書類作成のやり方まで、しっかりサポートしてくれるので、フリーターでも安心して使える。

ハタラクティブ

その他のフリーター向けエージェントは、こちらで紹介しています。

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

使えるものは使ってみる

自分ひとりで転職活動するのって当たり前かもしれませんけど、プロがサポートしてくれるのなら、使ってみたくなりません?転職活動で勝つためにも、「使えるものは使ってやる精神」は大事かもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

  関連記事

 - 仕事

スマホとバッグ
ハタラクティブのデメリット!若者向けの転職サービス

若者、特に第二新卒やフリーターでも歓迎してくる転職エージェントが、ハタラクティブ。 転職エージェントというのは、無料で転職支援(求人の紹介、書類の添削、面接対策 …

海_8
フリーターという生き方の特徴!メリットとデメリット

「フリーター」という生き方について、フリーター暦7年くらいあったの僕が赤裸々に書いておく。 僕がフリーターだったのは、「正社員とかなりたくない!」と思っていたか …

手とフタ
稼げる資格はどんなもの?「自分にとって」が大事

「資格があれば何とかなる」は勘違い? だと思うんですよね。世の中には「資格」がたくさんありますけど、稼げない資格がたくさんあるのが現状だと思います。個人的に「ボ …

時計
サービス残業!?残業代が払われないときにやっておくべきこと

電通の労災認定やらブラックな労働実態やらがやたら話題になっているけど、「ブラック企業はダメだ!」とかの議論をしても、主張をしても、何も変わらないと思う。 それが …

観覧車内
土日休みと平日休みどっちがいい?両方経験しての感想

どうも、元フリーターのケントマンです。 僕は土日休みの仕事も平日休みの仕事も経験してきました。これ、「どっちがいいの?」と聞かれると、「どちらにも、良さがある」 …

電卓とビジネスマン
証券アナリストの勉強をする為に買ったものまとめ

現在、僕自身の野望に近付く為、証券アナリストの勉強をしている。 ここでは、「さ、勉強するぞ!」と思って買い揃えたものを紹介します! 証券アナリストの勉強の必需品 …

リラックス
正社員になりたいけどなれない東京のフリーターに捧ぐ

フリーターは、職歴が弱い。正社員になりたいと思っても、なかなkなれない。そんなこと、フリーターなら覚悟の上だと思う。僕もそんなフリーターだったけど、頑張って就職 …

折り紙5
パートとアルバイトと派遣と契約社員と正社員の違いを簡単に解説

呼び方がいろいろあってややこしさを増している雇用形態。「何気なく使っているけど、いまいち違いがわからない」という方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか? ここ …

coffeenomu
サラリーマンにおすすめの副業はこれ!空いた時間で稼ぐ

従業員の副業を禁止している会社は意外とあるものですが、できるならやっておきたいですよね、副業。会社の給料じゃ生活が不安。転職するリスクを取る勇気もない人にとって …

message
おすすめのマーケティング本はこれ!勇気をくれるこの一冊

マーケティングのノウハウは、売上を伸ばしたい経営者・マーケティング担当者だけではなく、個人事業主やブロガーまで、幅広く使うことができるはず。「ユダヤ人大富豪の教 …