ケントマンのブログ

おすすめの転職エージェント!使わないと機会損失


名刺交換

転職のときに重宝するのが、「転職エージェント」というサービス。転職エージェントは、これから転職をしようという人にとって、欠かせない存在になるかも。

転職エージェントにはこんなメリットがある

エージェントが転職をサポートしてくれる

転職エージェントに登録すると、担当者があなたの転職の味方になってくれる。転職エージェントは、独自ルートで求人情報を集めているらしく、普通の転職サイトに載っていない求人を紹介してくれることも多々ある。

転職エージェントのサイトに登録した後は、転職エージェントの担当者と実際に会って面談。そこで、希望の条件や経歴などを詳しく聞かれ、その後に、希望条件に合った求人を紹介してくれるというのが、基本的な流れ。

面接などのサポートもしてくれる

転職エージェントは、面接などの「転職にまつわるあれこれ」のサポートもしてくれるので、一人でやるよりも安心できるという大きなメリットがある。

面倒な書類選考なんかも、転職エージェントが仲介してやってくれるので、一人で一社ずつに履歴書と職務経歴書を送るよりも、ずっとスマートに転職活動ができる。もちろん、自己PRや経歴の書き方もしっかりサポートしてくれる。

転職エージェントは無料で使える

ここまでやってくれると、何だか有料っぽいけど、転職エージェントは基本的に全てのサービスを無料で使える。

転職エージェントというのは、登録してくれた人を実際に就職させて、その年収の3割くらいを報酬として受け取るビジネスモデル。そんなわけで、無料でも転職を必死にサポートしてくれる。

ただし、「あなたに合った仕事」というよりも、「年収の高い仕事」を勧められるというケースなどもあるようなので、頼りきるのは危険かも。

転職には、あなたの意思が大事。それに、一人でガッツリ動きたい人には、転職エージェントは向いてない。

転職エージェントは複数登録しておいたほうがいい

転職エージェントはいくつかあるけど、会社によって、あなたに「合う、合わない」があったり、担当者によっても、「合う、合わない」がある。特色は、人によっても、会社によっても違う。

だから、一気に転職活動したいのなら、一つのエージェントに頼らないで、複数のエージェントで試してみたほうがいい。できれば、2つ以上は登録したほうが効率的。

おすすめの転職エージェントまとめ

リクルートエージェント

あの「リクルート」がやっている転職エージェント。規模が大きく、求人数も豊富。拠点数も多いので、首都圏以外でも使いやすい。とりあえず登録しておきたい転職エージェント。

【リクルートエージェント】

DODA(デューダ)

「DODA(デューダ)」というエージェントも、名の知れた転職エージェント。リクルートエージェント並みに拠点数も多く、規模も大きいので、リクルートエージェントとDODAは候補に入れておきたい。

DODA

専門的な仕事の経験があるのなら

エージェントの中にも、「IT専門」みたいに、専門性に特化したエージェントもある。専門的な職業の経験があるのなら、専門性に特化したエージェントのほうが効率的。

ITエンジニアに特化した「ワークポート」

ITエンジニアに特化した転職エージェント。規模も大きく、大手企業の求人も多く抱えているので、キャリアアップなどを目指すエンジニアは、相談に行ってみるべし。

ワークポート

フリーター向けの転職エージェント

フリーターは、書類選考がなかなか通らない場合もあり、転職では不利になりやすいのが現実。「ハタラクティブ」なら、フリーターや第二新卒に特化したエージェントなので、書類選考も通りやすくなる。推薦もしっかりしてくれるし。

また、「未経験ならこういう仕事がいい」と教えてくれたり、面接の練習や書類作成のやり方まで、しっかりサポートしてくれるので、フリーターでも安心して使える。しかし、東京近郊に住んでいないと使えないし、首都圏の求人がほとんどなのが難点。

ハタラクティブ

その他のフリーター向けエージェントは、こっちの記事で。

フリーター向けの転職エージェントはどこがいいのか

サポートを受けられるのはハローワークだけではない

転職についてあれこれサポートしてくれるのは、何もハローワークだけじゃない。ハローワークにも独特の安心感があるかもしれないが、転職エージェントだって、そういうサポートはやっている。

仕事の探し方まとめ!職探しのやり方がわからない人向け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 仕事

無料で行けるお金のセミナー。一度は参加してみる価値あり!
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

おすすめの時間術の本まとめ。時間がないと嘆くあなたに【Kindle】

時間術を学べるおすすめの本たち 定番の時間術の本はやっぱりこれ 「レバレッジ時間術」は、スマッシュヒットを飛ばした、タイトル通りの時間術の本。ちょっと偏った時間 …

仕事始めが憂鬱!という時に考えたいこと

年末年始になるとGoogleでやたらと検索される「仕事始め 憂鬱」というキーワード。それだけ、「仕事始めが憂鬱だ」と思っている人が多いということです。 仕事始め …

おすすめの経営者の本4選!伝説の経営術を学ぶ

本には、先人たちの知恵が詰まっている。だから、本を読め! そう言われることがあります。 ここで紹介するのは、偉大な経営者たちの知恵が学べる本。 おすすめの経営者 …

苦手な人多し?会社の飲み会が嫌いな理由を考える

僕は大人数の飲み会が嫌いだ。学生時代も苦手だったけど、会社の飲み会はもっと嫌い。理由を単純に挙げると、「面倒だから」に尽きる。 この記事を書く前に、「飲み会 嫌 …

知っておきたいビジネスの成功原則!これが真実

最高クラスの衝撃を与えてくれたビジネス書「なぜビジネス書は間違うのか」に書いてあった成功原則に関する記述が非常にショッキングだったので、シェアします。 ビジネス …