ワイクラ

お金系雑記ブログ

転職で失敗しないのは不可能?リスクはここに

a0002_002457

今の仕事に見切りを付けるのはいいけれど

将来性を感じなかったり、相性の悪さを感じたりして、今の仕事に見切りを付けるのは悪くない選択のはず。人生一度しかないわけだから、「駄目な場所」にずっと留まっているのは賢明な判断とは言えないと考えられます。

では、転職すれば何とかなるのか?いや、そうでもないんです。僕も何度か職を替えたことがありますけど、「当たり」と「はずれ」があることは否めません。転職すれば、必ず「当たり」に当たるってわけでもないようなんです。

「転職の失敗」って何なのか

今以上の給料を求めて転職したのなら、それが叶わないと失敗。もしくは、転職先が決まらなかったら失敗。

今の仕事にやりがいを感じてない。だから、やりがいを求めて転職した。それなら、次の仕事でもやりがいが見付からなかった失敗と考えられる。

職場の人間関係から抜け出したくて転職したのなら、次の職場でも人間関係で悩んだら、失敗。

他にもいくつか挙げられますけど、要は、「目的を達成できなかったら、転職の失敗」って感じでいいはず。あなたはどう思いますか?

そんなところで、転職の失敗が回避不能な理由あれこれ

会社なんて、入ってみないとわからない

お客さんとして行ってみても、表面上のことしかわかりません。求人広告を見ても、やっぱり表面的なことしかわかりません。面接に行けばそこそこわかるけど、実際のことはやっぱりわかりません。

そりゃ、待遇とかは、契約書を見ればわかるでしょう。巧妙に労働者を騙すようなところじゃなければ。評判なんかも、大企業ならネットにいろいろ書いてあります。

でも、実際のところは、わからない。実際の転職してみて、そこで働いてみて、その会社の人たちと話してみて、やっとわかってくる。何度か職を替えて感じたのは、こんなこと。

会社と自分の相性っていうもの

「会社は人だ」と言われるように、人が集合して「会社」を作ったとき、会社には独特の個性が生まれるんですよね。その会社の個性と自分との相性がいいかどうかなんて、わからないんですよ。

転職先が同じ業界の会社なら、仕事内容は似ているでしょう。でも、その会社独特の文化とか、人間関係があるもので、それが自分と合わない場合だってあるんです。「給料が上がったからいいか」と割り切れるなら、問題ないですけど。

あなたは思い込みに支配されている

「やりたい仕事が他にあって・・・」という場合にありがちなこと。

あなたに限らず、人間全般的な話。

やりたい仕事なら、やりがいもあるだろうし、それで給料がもらえるなら満足。でも、実際にやってみたら、思っていた仕事と違ったなんて、よくあること。

実際にやりがいはあるけど、長時間労働を強いられたり、待遇が悪かったりなんて、よくあること。「こっちに転職すれば大丈夫」って思うと、何でも上手くいくように考えてしまうけど、現実はそんなに甘くないってことです。

まあ、「転職してよかった」と思える会社と出会えることもありますけど。

転職には失敗が付き物なのだ

希望を持って転職しても、「失敗だった」と感じてしまうこともあります。会社に就職するのって、そういうものですもの。これも確率論的な話で、「上手くいったらラッキー」くらいに捉えておかないと、転職なんて怖くてできないと思います。

80%上手くいく方法でも、90%上手くいく方法でも、99%上手くいく方法でも、失敗することはあるんです。

失敗を恐れて転職しないって?

それもある意味賢明な判断。でも、「駄目な場所」にい続けるのは、「人生一度きり」という現実を考えると、微妙だと思いませんか?

転職も、就職も、失敗することはあります。普通にあります。仕事がなかなか決まらないこともあります。

そういうリスクも考えて、ある程度のお金の余裕を持っておくとか、そういうリスク管理は大事になってくるはずです。「もう後はない。一発勝負だ!」というのは、確率的に考えても、賢明な判断とは言えないってわけです。

転職するなら、計画的に。できれば、お金と心に余裕を持って。一回に全てを賭けない気持ちで。転職先がダメな会社だったら、また次を考えたっていいんですから。

終身雇用って凄い風習だなと思う

学生時代が終わり、就職する。その会社で一生働く。この考え方って、ある意味凄いと思うんです。転職に限らず、就職だって、上で書いたような失敗が潜んでいるわけですよ。

しかも、社会を知らない学生なら、もっと「実際はこうだった」と感じることが多いはずなんですよ。それなのに、一発勝負に全てを賭けようとする就職の考え方って、凄いなって思うんです。

一回やそこらの就職の失敗で、「人生終わった・・・」なんて思うのも、凄く短絡的な考え方だと思うんですよね。

次はこの記事>>【仕事】転職することの本当のメリットとリスクまとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

  関連記事

 - 仕事

時計
サービス残業!?残業代が払われないときにやっておくべきこと

電通の労災認定やらブラックな労働実態やらがやたら話題になっているけど、「ブラック企業はダメだ!」とかの議論をしても、主張をしても、何も変わらないと思う。 それが …

suzume
【仕事】給料は会社の経費だっていう今更なお話

給料とはどういうものか?なんて今更な話かもしれませんけど、これから社会人になるっていう若者達は毎年現れるので、やっぱり書きたくなる。 仕事をすれば、契約の通りに …

仕事の探し方
仕事の探し方まとめ!職探しのやり方がわからない人向け

仕事の探し方がわからない!という方向けに、基本的な仕事の探し方をひたすら羅列していきます。(正社員求人から、非正規の仕事まで) ハローワークで仕事を探す ハロー …

heron
退職する前に知っておきたい失業中のお金の話

会社を退職した後は、意外とお金がかかります。理由のほとんどは、「退職して、社会保険から国民健康保険に変わった」や「厚生年金から国民年金に変わった」、「住民税を自 …

スマホとバッグ
ハタラクティブのデメリット!若者向けの転職サービス

若者、特に第二新卒やフリーターでも歓迎してくる転職エージェントが、ハタラクティブ。 転職エージェントというのは、無料で転職支援(求人の紹介、書類の添削、面接対策 …

考えごと
仕事を変える方法!タイミングと勇気が大切か

「仕事を変えたい」 ある日突然、そんな衝動に駆られることもあるのが社会人。仕事を変えるってことは、転職するということになるはず。独立・起業という道もありますが、 …

街角
残業代を支払わないブラック企業の決定的な弱点とは

前に労働法の本を読んだときに知った、ブラック企業の決定的な弱点。「知らない人がいたら、知らせなきゃ!」と今更思ったので、記事にしておきます。 「サービス残業」が …

牛の放牧場
ニートは暇すぎる!3ヶ月のニート経験で感じたこと

社会人になって最初の仕事が辛すぎてすぐにやめて、3ヶ月くらいニート経験のあるケントマンです。 このとき、物凄く暇だった。やることも特になかったし、やりたいことも …

to-kan
休日なのに起きれない?失敗しない休日の過ごし方

せっかくの休日。それなのに、夕方まで寝てしまい、外は暗くなっている。暗いから、何かをやる気にもならない。仕事で疲れていると、そんな失敗もありますよね。 休日はあ …

おきもの猫 ⅰ
客単価を上げる営業、接客の方法!お金の心理

アパレルの販売をやっていたとき、「どうやったら客単価が上げられるのか」というのを考え、いろいろ試行錯誤したことがあります。 その中で役に立ったのが、「行動経済学 …