転職エージェントはどこがいい?目的別に紹介

更新日:

転職エージェントでは、求人の紹介や仲介、面接対策や書類作成支援、アフターフォローなど、転職に必要なことを全部やってくれる。

使い方は、ネットで登録して、面談の日程を調整し、転職エージェントのオフィスに足を運んで、転職支援を受け、転職活動しまくるだけ。

転職エージェントは数多くある。その中でも特色が違うので、転職エージェントを使うなら、あなたの目的や経歴に合わせて転職エージェントを選ぶべき。

転職エージェントを目的別にまとめてみた

どこがいいのか迷ったら使いたい!大手転職エージェントを2つ

大手だけあって、求人情報(非公開求人)を多く抱えているので、希望の仕事を見付けやすい。しかも、いろんなところに拠点があるので、地方の人でも使いやすい。そんな二つの大手転職エージェントをまずは紹介。

代表的な転職エージェントは「リクルートエージェント」。言わずと知れた大手中の大手。オフィスの数も求人の数も多いのでとにかく使いやすい。どこがいいのか迷ったらまずはここ。

【公式】リクルートエージェント転職支援サービス

そしてもう一つが、「DODA(デューダ)」。やはり安定の大手。リクルートエージェント級の規模を誇る転職エージェント。

【公式】リクルートエージェント転職支援サービス

IT業界に特化した転職エージェント

IT系(エンジニアとか)で転職を考えている人向けに、「IT分野に特化して転職エージェント」というものもある。IT特化型で有名なのは「ワークポート」という転職エージェント。

なかなかの大手なので、拠点数も全国的にある。かなりIT業界に特化した転職エージェント。

【公式】ワークポート

ちなみに、上で紹介したリクルートエージェントとDODAもそれなりにIT業界の求人を持っている。

フリーターから正社員になりたいのなら

フリーターが「リクルートエージェント」のような転職エージェントに登録しようとすると、高確率で「お前なんかいらねえよ!」という感じで登録拒否される。

でも、大丈夫。フリーターでも快く受け入れてくれる転職エージェントもある。

しかしながら、フリーター向けなのは東京に多いのが残念なところ。東京で圧倒的に有名なのは、渋谷と立川に拠点がある「ハタラクティブ」。対応もかなり丁寧で、転職活動に自信のないフリーターでも安心できる。

【公式】ハタラクティブ

その他、書類選考なしで面接まで行ける、ちょっと特殊な「JAIC(ジェイック)」という転職エージェントもある。JAICなら、東京以外にも拠点が複数あるので、東京以外で就職を考えているのなら、拠点が近くにあるかどうか確認してみてもいい。

【公式】フリーター就職・既卒就職なら[JAIC(ジェイック)]説明会申込

※その他のフリーター向け転職エージェント

転職エージェントは2つ以上登録してもいい

別に何個登録してもいい。あんまり登録しすぎると管理が大変になるし、その分時間も取られてしまうが。

転職エージェントによって雰囲気は違うし、ついてくれる担当者によっても相性の問題がある。「ここで転職支援受けたい!」と思えるサービスが見付かるまで、いろんなところを渡り歩くのも悪くないですが。

-仕事と転職

Copyright© ワイズクラウド , 2017 All Rights Reserved.