ワイクラ

誰かの役に立つブログを目指している

未だに転職が一般的じゃない日本企業の現状


日本って、「仕事を続けていることが偉い」みたいな風習がありますよね。仕事をやめることは、マイナスイメージに繋がることが多い。

終身雇用の幻想を未だに信じている人が多いのかは知りませんけど、まだまだ転職は一般的じゃない。アメリカでは一般的だと聞くんですけどね。

日本企業は転職に冷たい?

お金を払ってまで人材を育成するわけだから、企業としては、できるだけ長く働いてほしい。だから、「転職グセ」がある人には、ちょっと冷たい気もする。あまり職を転々としている人は低く評価する。働く人からすると、「外れ」の企業に就職してしまった場合、他のいい企業にめぐり合うチャンスを潰すことになりかねないこの風習。

転職に成功する例はたくさんあるし、転職をサポートする会社もあるので、「これから時代が変わる」っていったところなんでしょうか。

転職が一般的じゃないことによって生まれる弊害

「次が見付かるかわからないから」という理由で、待遇の悪い企業、労働環境が悪い企業からも抜け出せなくなる。そうして弱っていく人はどれくらいいるどろうか。今の給料にしがみ付くようになると、従業員の立場は弱くなる。すると、「ブラック」と思われるような待遇にも、文句も言えなくなる。

抜け出すことが簡単にできれば、次の仕事を見つけやすい環境だったら、「社蓄」なんて言葉も死語になるかもしれない。

自由に転職できる時代を夢見る

転職が一般的になれば、「外れ」の企業に入ってしまった場合でも、嫌々続ける必要がなくなる可能性がある。働く人と企業との相性ってありますもんね。そうすれば、自分の能力を活かせる企業、良好な労働環境を探す機会が増えるかも。

それに、転職が一般的になれば、優秀な人材を手放したくない企業としては、待遇を改善したり、労働環境を良くしようとする努力をするかもしれない。「日本は仕事が以上に辛い国」というイメージがなくなるかもしれない。そうなれば、「ブラック企業」も苦しくなるかも。

労働者の待遇を良くすること(給料アップなど)によって、社会にお金が回るようになるし、景気回復に繋がるんじゃないか。という妄想をしてみた。夢を見てみた。

まあ、そういう時代になっても、そういう改善が行われても、企業がしっかり儲けられることが大前提ではありますが。

自分の価値を上手く伝えられるか

転職の成功例はたくさんある。そのためには、「なぜ前の仕事をやめたか?なぜこっちに来たのか?」を明確に伝える必要があるわけで。その辺を面接で上手く伝えられるか。自分のキャリア、能力などの「価値」を上手く伝えることができるのか。

いくら現状を嘆いても、時代はそう簡単に変わらない。それもまた現実。変えようとする努力も必要なんだろうけど、「こんな時代でも生きていくにはどうすればいいのか?」を考え、実行することのほうが大事な気もする。

日本では転職が一般的じゃないとしても、その中で「どうやった上手く転職できるのか?」を考える。働く環境、どの企業に就職するかという問題は、今の生活だけじゃなく、これからにも強い影響を与える。嘆いてばかりでは変えられないことは、山ほどある。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  同じトピックの記事一覧はこちら

 - 転職

  更新情報を受け取るにはこちら!

Facebookで受け取る
Twitterで受け取る
Feedlyで受け取る

最終更新日:2017/05/20