ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

株式の単元数と単元未満株をわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、一株100円の株があったとする。しかし、証券会社でこの株を買おうとしたら、「100株から」しか買えないことに気付いた。

この「100株から」のような制限が単元数と呼ばれるもの。単元数は、1株のものもあるし、10株のものもあるし、1000株のものもある。

一株100円でも、100株からしか買えないとなると、最低購入代金は一万円。株価だけじゃ「手持ち資金で買えるか」は判断できないということ。

単元未満株とは何か

単元数を無視して株を買える制度

「100株単位」などの単元数を無視して、1株からでも買えるのが単元未満株というもの。ミニ株S株などと呼ばれている。取引時間や手数料などが通常の株式の売買と異なる。

証券会社によっては、単元未満株を扱っていない場合もあるのでご注意を。

取引時間が特殊

単元未満株は、通常の成行注文(すぐに買う・売る)ができない。指値注文も不可。市場が始まる前に注文しておき、市場価格が決まったら決済されるという感じで、少し特殊。

詳しくは、単元未満株を扱っている証券会社のサイトなどで確認すべし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 投資

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

OwnersBook(オーナーズブック)は、ロードスターキャピタル株式会社が提供するソーシャルレンディングサービス。不動産案件に強く、一万円の少額からソーシャル …

ライブスター証券の株式取引手数料が一番安いのかも

ネット証券自体、手数料が安い証券会社が多め。そんな中でも、GMOクリック証券が一番安いのかと勝手に思っていた。(一日の取引金額が10万円に届かないなら、手数料無 …

上手なお金の増やし方!資産運用のやり方を解説

「資産運用の時代だ」とか「貯蓄の時代から、投資の時代になった」とか言われますけど、これはただの営業文句であって、そんな時代は来てません。来てるとしたら、手数料欲 …

「不動産投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

「株式投資の学校」の無料体験学習会に続いて、「不動産投資の学校」の無料体験学習会にも参加してみました。株式投資の学校のほうの感想はこっち。 「株式投資の学校」無 …

投資は儲かるの?投資は儲からないの?投資の真実

7割~8割の個人投資家は損をする。これが投資の現実ってやつらしいじゃないですか! NISA(少額投資非課税制度)が始まり、テレビでも「投資しよう!」みたいなCM …

高くて買えない株を買いたい!ってときの対処法とは

株式には単元数というものがあるので、「この株1000円じゃん!買おう!」と思っても、「え?100株からしか買えないだと!?10万円もするじゃんか!!!」なんてこ …

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

ナンピン買いは、投資における買い方の手法の一つ。漢字で書くと難平買い。よくドルコスト平均法と比較されている。 ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】 ナンピ …

ノーロード型投資信託とは?わかりやすく解説

ノーロード投資信託とは、販売手数料の掛からない投資信託のこと。基本的に、インデックス型投資信託であることが多い。 インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託の …

インデックス投信について!市場平均を買うということ

素人は、特定の会社の株を買って市場に参入するよりも、市場平均と同じ動きをするインデックス投資信託(ファンド)を買ったほうがいい。 一部の著名人は、こういうアドバ …

株の手数料を節約する方法!証券会社選びが大切

株を買ったり売ったりするときには、手数料が掛かっている。株価の動きは目に見えるけど、売買手数料は意外と目に見えないので、あまり気にしていない方も多いんじゃないで …