ケントマンのお金のブログ

株式の単元数と単元未満株をわかりやすく解説

例えば、一株100円の株があったとする。しかし、証券会社でこの株を買おうとしたら、「100株から」しか買えないことに気付いた。

この「100株から」のような制限が単元数と呼ばれるもの。単元数は、1株のものもあるし、10株のものもあるし、1000株のものもある。

一株100円でも、100株からしか買えないとなると、最低購入代金は一万円。株価だけじゃ「手持ち資金で買えるか」は判断できないということ。

単元未満株とは何か

単元数を無視して株を買える制度

「100株単位」などの単元数を無視して、1株からでも買えるのが単元未満株というもの。ミニ株S株などと呼ばれている。取引時間や手数料などが通常の株式の売買と異なる。

証券会社によっては、単元未満株を扱っていない場合もあるのでご注意を。

取引時間が特殊

単元未満株は、通常の成行注文(すぐに買う・売る)ができない。指値注文も不可。市場が始まる前に注文しておき、市場価格が決まったら決済されるという感じで、少し特殊。

詳しくは、単元未満株を扱っている証券会社のサイトなどで確認すべし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 投資

ラッキーバンク(Lucky Bank)の特徴とメリット【ソーシャルレンディング】

ラッキーバンク(Lucky Bank)は、ラッキーバンク・インベストメント株式会社が提供するソーシャルレンディングサービス。不動産案件がメインで、予定利回りもな …

金持ち投資家の投資術はレベルが高すぎる「金持ち父さんの投資ガイド – 上級編」

ショボい個人投資家じゃ何十年掛かっても到達できないような投資術。金持ち投資家は、それをやっている。偉大な投資家の本を読み漁っていると、そんなことを感じる。 今回 …

上手なお金の増やし方!資産運用のやり方を解説

「資産運用の時代だ」とか「貯蓄の時代から、投資の時代になった」とか言われますけど、これはただの営業文句であって、そんな時代は来てません。来てるとしたら、手数料欲 …

僕がSBI証券を選んだ理由と、証券会社選びのポイント

株の取引をするには証券会社は必要ですし、投資信託や国債を買ったりするにも証券会社は便利。僕は20歳の頃から株を始めたわけですが、その頃から今までずっと「SBI証 …

ソーシャルレンディングをやってみたい人向けにやり方やメリットを紹介

インターネットの普及で登場した新しい投資(融資)の形と言えるのがソーシャルレンディングなるもの。 これは、インターネットを利用して、お金を借りたい人(企業)とお …

株価が大きく下落した場合の対処法と暴落の原因

どうも、先週久しぶりに株価が大きく下落してテンションが上がってたケントマンです。 株式市場に参加していると、たまにああいった「大きな株価下落」に遭遇することがあ …

高くて買えない株を買いたい!ってときの対処法とは

株式には単元数というものがあるので、「この株1000円じゃん!買おう!」と思っても、「え?100株からしか買えないだと!?10万円もするじゃんか!!!」なんてこ …

NISA(ニーサ)で投資家デビューを考えている人の危険な思考

最近やたらとNISAのCMが流れていますけど NISAの登場で、投資が身近になったと感じていませんか?もしかしたら、それはテレビでやたらCMが流れているからって …

敗者のゲーム、書評。投資家が本当に意識するべきこととは

前から読もうと思ってたのに読んでなかった「敗者のゲーム」。読んでよかった敗者のゲーム。「敗者のゲーム」っていうのは、投資の本です。 以前「まぐれ、書評。投資家が …

株式投資の未来、書評。株式投資の統計データ

株式投資では様々な憶測や妄想が飛び交うもの。あの株がこれから来るだの、あの業界は未来が明るいだの。「株式投資の未来」という本は、この憶測を一蹴するほどの威力を持 …