ケントマンのお金のブログ

奨学金による借金地獄!社会人になってからのハンデ

ビジネスマン

もう「奨学金」なんていう名前辞めればいいと思いませんか?利息払わなきゃいけないわ、ちゃんと返済しないと取り立ててくるわ。

何が「学生支援」なんですかね。名前だけちゃんとしてるフリして、実際は問題だらけ。

結局は、「親の経済力」に支配されてしまう学生たち。奨学金の返済がある社会人と、返済がない社会人、どっちが有利だと思いますか?

しかも、そのハンデを生み出すのが、「本人のせいではない」というのが、何とも言えませんよね。この古臭い制度、早く何とかしてくれないのかな。

スポンサーリンク

奨学金と借金に違いなんてない

奨学金は借金です。まぎれもない借金です。返済を迫られる。優秀な人じゃないと、無利息の奨学金は受け取れず、多くの人は利息を支払わなければならない。延滞すると、延滞金を取られる。

これを借金と呼ばずして、なんと呼べばいいんでしょうか。

奨学金という借金によってハンデが生まれる

人は、親を選べません。決して裕福と呼べない家庭に生まれたら、進学するとき、親の支援が見込めないことだってあるんです。裕福じゃない家庭に生まれた子供は、奨学金を借りないと大学などに進めないことだってあるんです。

しかも、その金額は数百万円にもなることだってある。社会に出るときには、既に300万円くらいの借金を背負っている人も少なくない。ただ単に「たまたまその家庭に生まれた」ってだけで、社会人になったときにハンデを背負ってしまうんです。

まあ、「どの道に進むか」も影響してくるんですけど、裕福な家庭に生まれた子供に比べれば、どう考えてもハンデを背負ってしまうのが現実。

奨学金の返済という重荷を背負う

奨学金の返済は、学校を卒業した年の秋頃から始まります。返済する金額は、借りた金額にもよりますけど、だいたい1万円を超える。

これを単純に考えると、奨学金を借りないで、親の援助だけで進学し、卒業した人よりも、毎月の給料が自動的に1万円以上少なくなるってことになりますよね。これは、大きなハンデですよね。奨学金は自分で返済しないといけませんから。

奨学金の返済は数十年間付きまとう

奨学金の返済は、数十年間付きまといます。数百万円の借金ですから、当然ですよね。もうちょっと借金したら、土地の安い地域では家が買えちゃうくらいの金額です。それを進学のために借りて、返済していくわけですから、大変。

十分な収入を得られる仕事に就けなかったら、「奨学金なんて借りなければよかった・・・」という後悔が生まれてもおかしくはありません。奨学金を借りていることで、結婚にまで影響が出るかもしれません。

そりゃ、借金ですもの。猶予制度とか、減額返済制度とかありますけど、結局は借金ですもの。

親の経済状況が子供に影響を与えてしまう

学費と、在学中の生活費を援助してくれる親もいれば、それがどうしてもできない親がいる。もしかしたら、その影響で進学を断念した人もたくさんいるかもしれない。

これは、社会が悪いのか、親が悪いのか、精度が悪いのかは、何とも言えません。でも、ハンデが生まれる。親の経済状況によって、教育格差も生まれるし、子供の経済格差も生まれる。

これが、今の日本の現状。あんまり話題に上がらないけど、奨学金という制度には、親の経済状況という背景には、こういう現実があるわけです。

アルバイトだけじゃまかないきれない

アルバイトだけで頑張って学費も生活費も稼ぐ。こういう凄い人もたまーにいますけど、普通の人には無理。勉強する時間も、遊ぶ時間も削られてしまう。それに、アルバイトだけでそこまで稼ぐのはかなり大変。

だから、多くの人は「奨学金」という借金にすがるしかなくなる。優秀な成績を残せたなら、特別な待遇を受けられるけど、やっぱり、ごく一部。

奨学金は繰り上げ返済したほうがいいのか

奨学金も、繰り上げ返済はできます。借りてしまったなら仕方がない。さっさと返したほうが利息の支払いも少なくなるので、先を考えれば立派な戦略になる。

ただ、手元にある程度の現金はあったほうがいいので、そこまで無理して返さなくてもいいでしょうね。利率も低いし。できるなら、やったほうがいいけど。

奨学金の返済が困難になったら

「返還猶予制度」は、10年まで使える制度。奨学金の返済を1年間待ってくれる制度。これが、10回使える。手続きも簡単なので、消費者金融みたいなところで新たに借金するよりは、ずっといい。

または、「減額返還」といって、通常の半額だけ返還すれば大丈夫っていう制度もあるので、これまた、新たな借金とかしてまで頑張って返済するよりは、ずっといい。

奨学金という借金と向き合う

奨学金は、誰がなんと言おうと、その仕組みからして立派な借金です。できれば、借りる前に知っておきたいところだけど、学生じゃそうもいかなかったり。奨学金ないと進学できないことも多いだろうし。

でも、借りたものは返さないといけない。お金に色はない。借りたお金は返す。何かと問題の多い奨学金だけど、「ハンデを背負った分、甘やかされてきた奴よりも頑張る!」くらいの気持ちを持って、しっかり返済するしかないんですよね。

奨学金の返済は大変!借りる前にこれだけは知るべき

スポンサーリンク

おすすめのマネーセミナー

参加費無料。東京・大阪・神奈川・愛知で頻繁に開催中。1.5時間のベーシックコースと、4時間掛けてじっくり学べるPlusの2コースから選べる。
お金の教養講座 - ファイナンシャルアカデミー

  関連記事

 - お金

借金の危険ラインは?収入と支出を見れば簡単にわかる

借金の危険ラインっていくらだと思いますか?100万円?200万円? それとも、銀行や大手の消費者金融からの借金だけなら大丈夫で、闇金から借りすぎたらアウト? 借 …

お金持ちになるには?著名人が語っていた秘訣

お金持ちになる方法や秘訣まとめ まずは金持ち父さん!お金を自分の為に働かせろ! 金持ち本で有名すぎるのが「金持ち父さん」のシリーズ。金持ち父さんの教えが一番伝わ …

簿記3級の勉強をするときに役立った本をおすすめ

学生時代には簿記を習わなかったので、社会人一年目くらいに独学で簿記の勉強をした僕。理由は、「金持ち父さん貧乏父さん」という本で「ファイナンシャルリテラシーは大事 …

賢いお金の使い方と賢くないお金の使い方の考察

賢いお金の使い方をするのと、賢くないお金の使い方をするのでは、どっちがいいですか?できれば、賢いお金の使い方したいでしょうけど、正直、そんなの考えるのも面倒です …

無料セミナー「お金の教養講座」に行ってきたので感想でも

ワイクラの中で何回か紹介しているクセに、行ったことがなかった「お金の教養講座」という無料のマネーセミナー。 開催しているのは、ファイナンシャルアカデミーという独 …

なぜお金に弱い?お金に苦手意識を持ってしまう理由

お金に苦手意識を持っている。お金の扱い方がよくわからない。いつもお金のことで悩んでいる。お金なんて嫌いだ! 「お金が苦手」というのは、実は多くの人が抱えている悩 …

お金について学ぶなら「ファイナンシャルアカデミー」で

お金について学ぶには、自分で学べる場所を探すしかないのがこの世の中。資本主義社会なのに、おかしいですよね。 そんなときに役立つのが「ファイナンシャルアカデミー」 …

生命保険や医療保険には入るべき?将来のリスクへの備え方

保険には入るべきだと思いますか?「入ったほうが絶対にいい!」と断言する人もいれば、「入らないほうがいい。お金の無駄」と言う人もいるのが保険。 社会人になったら誰 …

上手なお金の増やし方!資産運用のやり方を解説

「資産運用の時代だ」とか「貯蓄の時代から、投資の時代になった」とか言われますけど、これはただの営業文句であって、そんな時代は来てません。来てるとしたら、手数料欲 …

お金儲けが簡単ではなく難しい理由

お金儲け・お金を稼ぐことはなかなか難しい。「簡単なお金儲け!」なんていうものは、ほとんど信頼できないというのが現実。 そりゃ、そうか。お金儲けが簡単なら、誰もお …