ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

年利1%を目指す社債投資!定期預金よりもこれか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞を読む

ゼロ金利時代の昨今では、「お金を増やす」というのがなかなか難しい。だって、銀行に預けていてもなかなか増えないんだもの。

普通預金よりも、定期預金のほうが金利が高いのは確かだけど、それでも、1%にも届かないのが現状。

これは、「もっと効率的な資産運用を考えたほうがいいのかも」というサインかも。ゼロ金利だと、低金利でお金を借りられる(消費者金融とかは別)というメリットもあるんですが、こういうデメリットもある。

投資を始めるにしても、株式投資なんかはリスクが高いので、正直おすすめはできない。僕は株式投資をやってるけど、万人向けではないと感じている次第。

そこで、「債券投資なんてどうよ?」というのが、この記事を書いている目的。選択肢の一つとして、考えてみてはいかが?

国債や社債への投資ってどんなもの?

あまり人気のある投資手法とは言えないけど、地味に安定しているのが債券投資だったりもする。やり方にもよるけど。

そこで、「債券とはなんぞや?」というところから、「社債投資ってこんな感じ」というところまで解説しようと思います。

国債や社債の仕組み

よく聞くのが「国債」でしょう。似たようなものとして、「社債」というのもあります。これらの総称が「債券」。

債券というものは、お金を貸した人の権利である「債権」を証券化したもの。なので、株みたいに誰でも買える。直接お金を貸したわけではないけど、買った人は「債権者」になれるってわけ。

債券を買うと、お金を貸したのと同じような権利が得られます。なので、満期になれば投資したお金は返ってくるし、金利も受け取れる。それが、債券投資。これなら、見通しも立てやすいと思いません?

国債と社債の違いはシンプル

この2つの違いは至ってシンプルです。

国債を買うと、国にお金を貸したことになる。社債を買うと、会社にお金を貸したことになる。たったこれだけの違い。

日本のような経済大国の国債は安全性が高いので、「無リスク投資」という分類もよくされる。外国債だと、「金利は高いけど、デフォルトするかもよ」というのもあります。

社債だと、時期によって買えるものが違います。そこは、会社の方針。社債も、株式と同じように、資金調達の手段として使われるもの。「よし、社債を発行しよう!」という会社がないと、社債は買えないってわけです。

国債と社債の金利の違いとか

日本の国債の金利って、預金金利と大差ないことがほとんど。「高い」とすすめられても、微妙な違いだったりもします。

その点、社債の金利は、国債よりも高いことが多い。以前見掛けたソフトバンクの社債なんかは、年利1%でした。しかも、ソフトバンクのような大手企業なら、デフォルトのリスクも少なそうですよね。

ただ、社債は「一口100万円から」みたいに、あんまり気軽に買えないことが多いのが難点。国債なら、「1万円からどうぞ」というのは結構あるにも関わらず。

大手企業の社債に投資するということ

それは、デフォルト(簡単に言えば、「借金返してくれない!」ということ)の可能性が少なく、国債や定期預金よりも金利が高い投資。

そんな場合も多いってわけです。ケースバイケースではありますけどね。

満期になる前に売却しなければ、株のような価格変動リスクもない。それでいて、国債や定期預金よりも高い金利を受け取れる可能性が高いのが、社債投資。

「一発で大儲け!」みたいなのはないけど、本当に「投資」するなら、こんなもんでいいんですよ。マジで。

みんな、投資に夢を見すぎ。大儲けを狙って大失敗した投資家が何人いることか。投資で大儲け狙っているのなら、「まぐれ」という本でも読んでみて下さいな。

まぐれ、書評。投資家が運を実力と勘違いするワケ

社債はどこで買えるの?

ネット証券で買えます。新規の債券だけですけども。満期になる前に人が手放した債券が出回っている「流通市場」というのもあるんですけども、この辺に手を出すのは上級者向け。ちなみに、流通市場にアクセスするには、ネット証券じゃない、店頭取引が主体の証券会社に口座を作ります。(野村證券とかでよかったはず)

ネット証券で買えるのは、「これから募集します」という社債。つまり、新規。

社債は、株式と違って、「どの証券会社でも同じものが買える」というのではなく、「証券会社によって買えるものが違う」というもの。持っている社債が違うんですよ。証券会社によって。

社債や国債はあまり儲からないからなのか、証券会社もあまり力を入れていないようなんですよ。

社債を買うにはどの証券会社がいいのか

債券に強いのは、まず「楽天証券」です。なぜだか、ここは社債や国債のラインナップが豊富。

楽天証券

次に強いのは、「マネックス証券」。ここのラインナップもそこそこ。

マネックス証券

社債投資のコツは、「いくつかの証券会社に口座を持っておく」ということです。だって、取り扱っているものが証券会社によって違うんだもの。

なので、上で紹介した2つと、後は、最大手の「SBI証券」あたりも持っておくといいかも。

業界最大手「SBI証券」のおすすめポイントとデメリット。迷ったらこれ!

社債投資をおさらい!

まずは、定期預金や国債よりも高い金利を受け取れる可能性がある。これが大きなメリット。満期になれば、投資したお金も返ってきます。だって、お金貸したことになるんですもの。(デフォルトしなければの話)

途中で売ることもできますけど、途中売却による価格変動リスクが生じます。

価格設定がちょっとお高いものが多いです。時期によって買える社債が全然違います。証券会社によっても違います。

でも、大手企業の社債なら、国債並みの安定感があり、なおかつ金利が高いことが多いです。

投資には安定を求めてみましょう

いかがでしたか?少しは興味を持ちましたか?投資は、派手じゃなくていいんですよ。安定して、できるだけ高い利回りを求めればいいんですよ。

定期預金の金利にもうんざりしているのなら、「社債投資」も視野に入れてみるといいと思いますよ。では、今回はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 投資

マネックス証券のメリット!少額の株式投資におすすめ

株式投資初心者は、まずは少額で始めること!だって、何が起こるかわからないんだもの。お金がどう動くかわからないんだもの。実際にやってみないことには。 だから、少額 …

投資成績の良し悪しを知りたい?利益じゃなくて「利回り」を

「株で2000万円儲かった!」という話を聞くと、「株って凄いな!やりたいな!」と思いませんか? でも、あんな感じの自慢話は、基本的に「儲かったときのこと」しか言 …

ナンピン買い(難平買い)のやり方とメリット【投資】

ナンピン買いは、投資における買い方の手法の一つ。漢字で書くと難平買い。よくドルコスト平均法と比較されている。 ドルコスト平均法のやり方とメリット【投資】 ナンピ …

株式投資の未来、書評。株式投資の統計データ

株式投資では様々な憶測や妄想が飛び交うもの。あの株がこれから来るだの、あの業界は未来が明るいだの。「株式投資の未来」という本は、この憶測を一蹴するほどの威力を持 …

僕がSBI証券を選んだ理由と、証券会社選びのポイント

株の取引をするには証券会社は必要ですし、投資信託や国債を買ったりするにも証券会社は便利。僕は20歳の頃から株を始めたわけですが、その頃から今までずっと「SBI証 …

おすすめのネット証券会社!口座開設なら手数料が安いところに

おすすめのネット証券会社を紹介しようと思っていろいろ調べてたら、「あれ?」ということに気が付いた。 本当は、「少額投資ならこの証券会社、高額の投資をするならこっ …

証券会社の使い方!株や投資信託はこう買う

若いうちから使いまくる人もいれば、一生縁がない人もいる「証券会社」。 今は馴染みがなくても、これから使うことになる人もいると思うので、「証券会社の使い方」につい …

投資と貯金の割合はどれがベスト?バランス大事ですよ

投資をやっていると迷うことの一つが、「投資と貯金の割合」です。当然、貯金の何割かを投資に回すことになるんですけど、「最適なバランスはどれくらいか?」「比率はどれ …

株価を予測することは不可能!「まぐれ」に惑わされるな

将来の株価を完璧に予測することなど、絶対にできない。ある研究チームが、こういう結論を出したと、ウォーレン・バフェットの本に書いてありました。 株で富を築くバフェ …

「不動産投資の学校」の無料体験学習会に参加したので感想でも

「株式投資の学校」の無料体験学習会に続いて、「不動産投資の学校」の無料体験学習会にも参加してみました。株式投資の学校のほうの感想はこっち。 「株式投資の学校」無 …