ケントマンのお金のブログ

社会人になるのが不安すぎる!という学生の人へ

会議風景

「学生」というステージと、「社会人」というステージは確かに違う。社会人になってみると、これを痛感することになる。

そういう変化を不安に思うのは、誰しも同じ。多分、みんな最初は不安すぎて仕方なかったはず。僕もそうだったし。でも、何とかやっている人たちがこんなにもたくさんいるのだから、ある意味、「成功事例」には事欠かないという見方もできる。

こんな僕でも何とかやってるし。暇人だけど。

学生から社会人になるのが不安、不安すぎるのはわかる。ここでは、ショボイ先輩の僕(ケントマン)から、ちょっとした戯言でも。

スポンサーリンク

社会人になるのが不安なのは当たり前

慣れないものには不安を感じる

みんな、最初は不安。小学校に行くのも、中学校に行くのも、高校に行くのも、大学に行くのも、最初は不安。知らないステージにいきなり立たされて、不安を感じないような精神力の持ち主のほうが、どちらかと言えば「異常」だと思う。

知らないからこそ、不安になる。他人から話を聞くのと、実際に体験するのでは、まるで違うし。

社会人になる不安を解消するには

だから、社会人になることへの不安というのは、実際になってみないと解消されないわけ。どうせやるしかないんだから、やればいい。大抵の場合は何とかなると、人生の先輩が言ってた。

社会人は学生より選択の自由がある

やり直すことは何度でもできる

最初の就職でミスったら、社会人として全てが終わるのか?こんな妄想をしている学生さんも少なくないらしい。日本の教えは、そういうものだし。

でも、実際のところ、最初の就職がダメで、転職して成功している人なんてたくさんいる。社会人になってから、独立などの新しい道を選ぶ人はたくさんいる。

スタート地点は一つじゃない

「スタートでミスったら、終わり」なんてものじゃない。本人にその気さえあれば、何度だってやり直せる。スタート地点は、「新卒」だけじゃない。その気になれば、今からでも道を変えることができる。これは、社会人になってから痛感したこと。

レールの上を走れば幸せになれるとは限らない

普通に正社員になって働いているのに、毎日愚痴ばかり言う社会人なんて掃いて捨てるほどいるし、「社畜」と呼んでもおかしくないほどの激務で苦労している人もたくさんいる。

正社員になっても、「お金がない!」とあくせくしている人もいる。教えられたレールの上を走れば幸せになれるわけじゃない。昔のマニュアルは、ルールが変わった社会では通用しないこともある。

社会人になると面白いことが増える

学生より社会人のほうが面白い

厳しく言えば、全てが自己責任。前向きに言えば、選択が自由。それが、社会人。学生だと何かと規制が多いものだけど、社会人になれば選択できることが増えるので、個人的には社会人のほうがずっと楽しいと感じてる。

仕事をしながらでも、好きなことを勉強することができる。いろんな挑戦ができる。お金と時間さえあれば、基本的に何でもできる。法律に違反しない範囲で。

学生と社会人の違い!社会人になって変わったこと

社会人のほうがお金の余裕あるし

学生時代は、貧乏学生だった僕。社会人になってもしばらくは「お金がない」という悩みを持っていたけど、次第に解消。社会人のほうが、学生よりも「稼ぐこと」に集中できるので、学生よりもお金の余裕がある。

繰り返すけど、お金と時間さえあれば、基本的に何でもできる。

社会人になるといろんな人と出会える

社会人にならないと出会えない人々とも出会える。出会う人の年代も様々だし、いろんな人生を生きてきた人たちと話をしたりするのは、本当に面白いと感じている。

僕は年上女性が好きだから、年上女性との出会いが増えたのも感激だった。ただ、アクティブに動かないと職場の人としか出会えない。出会いがない環境にあるのなら、自分で動くしかないこともある。

社会人はとにかく面白いってこと

学生時代とは違い、社会人になるといろいろな体験もできる。時には辛いこともあるけど、人間、なんとかするも。いざという時には。

社会人は、楽しい。それに、一度しかない人生、楽しまないともったいないじゃないか。

不安を乗り越えたその先に

どういう未来が待っているかは、わからない。だから面白い。実力が絡んだり、運が絡んだりして、未来が見えてくる。

これだけは言える。「やってみなければわからない。だから、とりあえずやってみることが大事だ」と。

「学生」という狭い世界で生きているのは、正直つまらなかった。世の中には、もっと刺激的なことから、面白いこと、辛いことも待っている。

猪木っぽく言うと、「迷わず行けよ。行けばわかるさ」ってところ。不安は抱えたままでいい。とりあえず、先に進んでみることが大事だと、社会人になって思った。

社会人なのにお金の知識がないのはヤバいでしょ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料で行けるお金のセミナー。一度は行ってみる価値あり。遠くて行けない人向けにWEB受講もあるが、そっちは有料。
「お金の教養講座」公式サイトへ

  関連記事

 - 仕事

客単価を上げる営業、接客の方法!お金の心理

アパレルの販売をやっていたとき、「どうやったら客単価が上げられるのか」というのを考え、いろいろ試行錯誤したことがあります。 その中で役に立ったのが、「行動経済学 …

知っておきたいビジネスの成功原則!これが真実

最高クラスの衝撃を与えてくれたビジネス書「なぜビジネス書は間違うのか」に書いてあった成功原則に関する記述が非常にショッキングだったので、シェアします。 ビジネス …

これは読みたい!Kindle版おすすめのビジネス書

どうも、一時期ビジネス書をひたすら読み漁っていたケントマンです! 当時は株式投資の勉強真っ盛りで、投資関連の本とか、ビジネス書とかを読み漁っていたわけです。ほら …

Kindle版でおすすめの自己啓発本!ベストセラーも

自己啓発本のベストセラーを紹介した記事はこれ。 おすすめのベストセラー自己啓発本まとめ ベストセラーでも、Kindle本になってない自己啓発本はある。この記事は …

休日なのに起きれない?失敗しない休日の過ごし方

せっかくの休日。それなのに、夕方まで寝てしまい、外は暗くなっている。暗いから、何かをやる気にもならない。仕事で疲れていると、そんな失敗もありますよね。 休日はあ …

学生と社会人の違い!社会人になって変わったこと

学生のときと比べたら、社会人はこの辺が違うなと思うこともたまにある。 ちなみに、就活のとき、「学生と社会人の違いは何だと思いますか?」っていう質問をされることも …

ビジネス書の隠れたおすすめの名著!ベストセラー以外で

ベストセラーじゃない本の中にも、名著はありますよ。ただ「注目されなかった!」ってだけで。 ベストセラーになってるくせに、全然世の中の役に立ってないじゃないか!と …

失敗しない給料日までの過ごし方!計画性を大事に

給料が入ると、気が大きくなって「どーん!」とお金を使ってしまい、しばらくすると「次の給料日まであとどれくらいだろうか・・・」なんて考え始める。 これを繰り返して …

未だに転職が一般的じゃない日本企業の現状

日本って、「仕事を続けていることが偉い」みたいな風習がありますよね。仕事をやめることは、マイナスイメージに繋がることが多い。 終身雇用の幻想を未だに信じている人 …

花粉症がひどいという理由で仕事を休むのはありなのか

花粉症がひどい。鼻水とくしゃみが止まらない。喉がかゆい。耳の奥もかゆい。目がかゆすぎる。咳が出る。頭がぼーっとする。全体的に不快感がある。 花粉症のおかげで、「 …