ワイクラ

三井住友銀行のATM時間外手数料を無料にする方法

      2017/05/05

僕のメインバンクは三井住友銀行。ATMの時間外手数料は無料になっている。無料にしたくてしたわけじゃなくて、「気が付いたら条件を満たしていた」が正しい。

この前銀行に行ったとき、たまたま「ATMの時間が手数料が無料になる条件」を知ることができたので、書いておく。

これを満たせばATM時間外手数料が無料になる

「SMBCポイントパック」という名前らしい

三井住友銀行のATM時間外手数料が無料になるサービスの名前が。以下、「SMBCポイントパック」を発動させるための条件。

ネットバンキングに登録する

まず、これが条件。使いたくて登録したら、いつの間にか第一の条件を満たす結果となっていた。名称は「SMBCダイレクト」。ネットバンクに登録して、6つある条件のどれかを満たせば、手数料が無料になるらしい。

給料の振り込みがあること

ネットバンキングに登録していて、かつ、「給与」と表示される振り込みがあること。これが一番簡単だと思われる。

三井住友VISAカードの引き落としがあること

別に、狙ってやっていたわけじゃない。いつの間にかメインバンクは三井住友銀行だったし、三井住友VISAカードは何となく作って使っている。いつの間にか、SMBCグループのそこそこヘビーユーザーになっていただけ。

三井住友VISAカードは、特に特徴のないカード。ポイント還元率もよくないし、何がいいのかわからない。VISAのブランドなんて、楽天カードでも持てるし。ただ、何となく「安心感」はある。それだけのクレジットカード。

※公式サイト
三井住友VISAカード

※関連記事
【クレカ】三井住友VISAカードのメリットとデメリットまとめ

残高が30万円以上あること

これも、普通にクリアしていた。条件を見てて思ったけど、普通に銀行使っていれば、三井住友銀行のATM手数料は簡単に無料にできるみたい。

その他にも条件はある

その他の条件は僕とは関係のないものだったので、公式HPへのリンクを貼っておくことに。

※公式サイト
SMBCポイントパック(特典内容) – 三井住友銀行

コンビニのATMはちょっと違う

コンビニでは月に4回まで

さっきのは、三井住友銀行のATMでの話。コンビニは、月に4回まで。意外と少ない。

コンビニは新生銀行で使うようにしている

毎月の生活費は別の口座に入れ替えて管理するようにしている。そのほうが予算管理しやすいから。例えば、「今月は6万円」と決めたら、財布に1万円残して、あとは別口座に入れる。財布のお金が無くなってきたら、コンビニに行っておろす。そういうお金の管理。

使っている別口座は、新生銀行のもの。ここだと、コンビニでATM手数料がいつでも無料なので、重宝している。

※公式サイト
新生銀行

三菱東京UFJ銀行でも似たようなもの

大手の銀行は、揃って「SMBCポイントパック」のような手数料サービスを持っている模様。使い分けたほうがいいときもあれば、集中させたほうがお得なときもあるってことか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 銀行口座