スマホは使いにくい?ガラケーを久しぶりに使って感じたこと

更新日:

久しぶりにガラケーを使っている今日この頃。スマホからガラケーに乗り換えたわけじゃない。社用ケータイ。スマホは料金が高いから、ガラケーなんだろう。

ホント、久しぶりにガラケーを使った。かれこれ5年ぶりくらいかもしれない。ガラケーを使っていた当時は、歩きながらノールックでメールが打てるくらい、ガラケーを使いこなしていた。

それがだ。久しぶりにガラケーを使ったら、自分の中に大きな変化が起こっていることに気が付いたのだ。

スマホは使いにくいと最初は思ってた

初代iPhoneを見たときの衝撃が今では

始めてスマホを触ったのは、初代iPhone。家電量販店で触ってみた。当時は、「なんだこれ、使いにくい!」とか思ってた。ガラケーこそが最も使いやすいケータイだと思っていた。

そう、これは全部過去の話だ。

ガラケーのほうが使いにくい

久しぶりにガラケーを使ったときに感じたのは、これ。スマホを5年くらい愛用していた僕にとって、最早ガラケーは「過去のもの」だった。

メールがスムーズに打てなくなっていた

それを実感したのは、メールを打っているとき。文字を打つのに時間が掛かる。漢字変換がなかなか上手くできない。句読点とか記号を入力するのが大変。

数年前まではあれだけ速かった文字入力。あの時の感覚は、どこかへ消えてしまっていた。

慣れればスマホだって使いやすい

「めんどくさそう」と思っていたスマホの文字入力。数年経った今では、スマホの文字入力のほうがやりやすい。設定とかも、難なくこなせる。アプリだって使える。

「慣れ」の問題だと思う

ガラケーがいいとか、スマホがいいとかの問題じゃない。「慣れているかどうか」の問題だと、今更わかった。ガラケーはシンプルなはずなのに、最早「不慣れ」な僕にとっては、設定の一つや二つですらスムーズにできなくなっていた。

ガラケーには戻れない。なぜなら

パズドラができないから。スマホが使いやすいとかそういう問題じゃなくて、楽しみが一つ減ってしまうから。仮に、ガラケーに戻って数年経てば、今度は「スマホは使いにくい」とか言い出すだろう。

この問題は、そんな感じで片付けられてしまうようだ。

-スマホとパソコン

Copyright© ワイズクラウド , 2017 All Rights Reserved.