ワイクラ

お金と投資の雑記ブログ

仕事をやめたい!というときに読みたい本5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使用禁止のジャングルジム

仕事をやめたい!というときに、背中を押してくれる本・やめるときのコツを教えてくれる本・仕事について考えさせてくれる本を5冊紹介します!

仕事をやめたいときに読みたい本はこれ

ちょっと今から仕事やめてくる

小説。ブラック企業に就職し、心身ともに追い込まれた若者の、ブラック企業脱出ストーリー。「仕事と命」について考えさせられます。

「やめてもいいんだよ」という言葉は、仕事について悩む多くの人に聞かせてあげたい言葉。

ヤバい会社の餌食にならないための労働法

労働基準法を知らないというのは、どれだけ危険なことか!

労働者は奴隷なのか?会社に言われるがまま働いていいのか?たとえ、命令が「違法なもの」であっても?

ルール違反をする会社は、知識のある人間を嫌います。知識は、武器。

それに、「うちの会社、こんなに違反してるじゃん!」というのがわかれば、「やめたい!」の後押しになること間違いなし。

仕事は楽しいかね?

かなり有名な本。優しい文章で、仕事について考えさせてくれる名著。

仕事をしている人なら、一度は読んでおきたい本。

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法

有名ブロガーの本。この人のブログ好きなので、紹介しておきます。

夢をかなえるゾウ

小説。ガネーシャの最後の教えを知れば、「現状を打破するには、こうするしかない」と気付くはず。

内容的にもかなり面白いので、おすすめ。

仕事は自由に選べるもの

「辞めるわけにはいかない」なんてことはないし、「辞めさせねえよ!」なんてのもまかり通らない。

そもそも、雇用契約に納得できなくなったのなら、取引をやめればいいんですよ。だって、契約なんだもの。

従業員と雇用主の関係は、対等であるべきです。

仕事なんて、たくさんある。「今の時代は就職が難しい」なんて言われるけど、やってできないわけじゃないんですし。

もう仕事辞めたい!転職や退職の前に知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

 - 仕事

正社員は安定しているのか?僕にはそうは思えない

日本人には「正社員こそ安定している!正社員じゃなきゃダメだ!」という不思議な偏向志向がありますけど、あれってどうなんですかね? 中には、「個人事業よりも正社員! …

Kindle版でおすすめの自己啓発本!ベストセラーも

自己啓発本のベストセラーを紹介した記事はこれ。 おすすめのベストセラー自己啓発本まとめ ベストセラーでも、Kindle本になってない自己啓発本はある。この記事は …

フリーターという生き方の特徴!メリットとデメリット

「フリーター」という生き方について、フリーター暦7年くらいあったの僕が赤裸々に書いておく。 僕がフリーターだったのは、「正社員とかなりたくない!」と思っていたか …

脱社畜!本業と副業を両立させるメリットとデメリット

僕は、本業の他に副業をしている。収入面だけで考えると、副業のほうが「本業」という感じになっている。「脱社畜」ってこういうこと?これはこれで嬉しいんだけど、副業収 …

おすすめの時間術の本まとめ。時間がないと嘆くあなたに【Kindle】

時間術を学べるおすすめの本たち 定番の時間術の本はやっぱりこれ 「レバレッジ時間術」は、スマッシュヒットを飛ばした、タイトル通りの時間術の本。ちょっと偏った時間 …

フリーターから脱出したい!正社員になる方法

若いうちは「何となくフリーター」でも何とかなることはなる。 フリーターでも、フルタイムで働けば普通に生活はできます。でも、その先の結婚とかマイホームとかを考える …

Kindleでも読める、おすすめのマーケティング本3選

マーケティング本から何が学べるか どうも、ケントマンです。ブログでアフィリエイトをやるようになってから、「マーケティング」というのを学び始め、マーケティング関係 …

時給の高いバイトを探すよりも派遣のほうが効率的だと思う

フリーター時代の経験から。フルタイムで働けるのなら、時給の高いバイトを探すよりも、派遣の仕事を探したほうが効率的だったような気がする。 バイトの時給なんて、そん …

ニートは暇すぎる!3ヶ月のニート経験で感じたこと

社会人になって最初の仕事が辛すぎてすぐにやめて、3ヶ月くらいニート経験のあるケントマンです。 このとき、物凄く暇だった。やることも特になかったし、やりたいことも …

働きたくない!と思いながらも仕事に通い続ける方法

働きたくない。もっと自由に生きていたい。それでも、お金を稼ぐためには働かないといけない。嫌な世の中だ。 「働きたくない!」というのは、常日頃から思っている。毎日 …